専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

菰樽

20140919_091253.jpg

皆さんもいろんな所やテレビなんかで目にすることがあると思いますが、日本酒独特の容器と言うか包装形態に『菰樽(こもだる)』っていうのがあります。『樽』っていうのはご存知のように木製で竹のタガで締めつけた容器のことで、『菰』っていうのはその周りに巻く銘柄名なんかが刷り込んである藁(今ではビニール)を編んだマット状のものを言います。

ちなみに、樽の上部の天盤面のことを『鏡(かがみ)』と言いますが、おめでたい席で木づちで勢いよくこの部分を割って開封することを指す『鏡割り』はそこからきています。ちなみにちなみに、実際には木づちでちょっとやそっと叩いても割れるようなもんじゃありませんから、予め割っておくんですけどね(笑)。

さてこの菰樽ですが、作るのに結構手間のかかる代物なんです。樽の周りに詰め物をして、菰を巻いて、太い縄をかけて、飾り縄を巻いてと、いくつかの手順を踏んで完成するんですけど、各工程でそれなりに定められた様式があって、あまり自分勝手な作り方ができるもんじゃないんですよね。

ってことで、初心者に作れって言ってもできるわけじゃありませんから、最初はそれなりに学習が必要になります。一度作っている様子を見て、その後に先生に手ほどきを受けながら自分でもひとつ作ってみるなんていうステップが踏めればいいんですけど、菰樽なんて商品は1個ずつしか注文が入りませんから、普通はそんな風に理想的にはいかないんですよね。

ところがところが、今年の秋祭りのシーズンにはどういうわけだかとってもたくさん菰樽のご注文をいただくことができたんです。定期的な菰樽のご注文はお祭りか年末年始ってことになりますが、今ではお使いいただけることが少なくなって、今回は本当に1年分の注文が一度にきたくらいの忙しさになったんですよね(汗)。

こりゃ、蔵の若手2人に菰樽作りを教えるには絶好の機会だってことで、先生役の社員と一緒に作って勉強してもらうことにしました。私なんかは、最初は出来上がった樽を見ながら見よう見まねで作らされましたから、それに比べれば、解説付きで手直しをしてもらいながら作ることができるなんていい環境です。

その後は、最初からひとりで作ってみるっていうチャンスもあったわけですから、こんなに状況が整っていることも滅多になくって、若手にはいい勉強になったはずです。集中して2つも3つも作れば大体コツは飲み込めますし、自分の頭にも刷り込まれますから、次回からはもうひとりで任せても大体はできるんじゃないですかね。

写真に写っているのは、樽の周りに詰め物をしているの図ですが、今では発泡スチロールの型があってカッポリはめ込むだけの簡単さですが、昔は段ボールや酒米の入っていた紙袋を巻き付けて適度な形に仕上げたもんです。そのことを思えばこんなの簡単簡単・・・なんて昔話を説教する様になった私は、もう完全にオジさん化してるってことなんでしょうねぇ(涙)。それでも、若手がどんどん成長していくことが、楽しみで楽しみで仕方ありません(笑)。


□□□ 作るのは面白いですよ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

知りませんでした

こも樽って、最近はイベントの振る舞い酒くらいでしか目にしませんが、
縁起物でしょうから、作る手順や縄の掛け方にも決まりごとがあるんでしょうね。
あの“こも”の下に詰め物がされてて、
それも発泡スチロールが使われてるなんて、ちっとも知りませんでした。(^^ゞ
一年分の注文が一度に来たなんて、社長さんには嬉しい限りでしょうけど、
お祭り時期にお祝い事が重なりましたかね。
ま、めでたいことが多いのは良いことです!(^^)

  • 2014/10/03(金) 12:29:51 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 知りませんでした

樽自体の形はもっとデコボコしているはずですもんね。
菰樽のようにふくよかに丸くするには詰め物が必要なわけです。
ま、それが発泡スチロールだっていうのは興醒めかもしれませんが(笑)。
今回の樽の注文は全てお祭りで使っていただけるものでした。
ちょっとは景気が良くなって、予算も多めに使っていただけたのかな?

  • 2014/10/03(金) 12:55:29 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3031-9bdeb360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad