専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

信州の地酒

20140904_212243.jpg

先日、長野市に宿泊した時のことです。会議の後に懇親会があって、更にその後は三々五々勝手に2次会に突入したんですけど、長野市内の居酒屋さんなんてそれほど知っているわけじゃありませんから、仲間の蔵元に連れて行ってもらったんです。『幻舞(げんぶ)』醸造元のT君には、こういう時に世話になることが実に多いですね(笑)。

この日は週末ってわけでもなかったんですけど、行こうとするお店はどこも込んでいるようで、ちょっと考えあぐねた結果、一軒の焼鳥屋さんにたどり着きました。実は、このお店も一杯だったんですけど、もうちょっとしたら空きますってマスターが言ってくれて、とりあえずカウンターの隅に陣取って待ちました。

ま、T君のことですから幻舞と信濃鶴が両方置いてあるお店をチョイスしてくれたんだと思いますけど、このお店にもしっかりと置いていただいてあってうれしかったですね。長野駅前の大通りの角の目立つ場所にあるお店で、初めてお邪魔した・・・と思ったんですが、実は少し前に引っ越してこられたそうで、改めてマスターの顔をよく見ると知っている顔でした(笑)。

以前は、別の場所でもう少し小さな焼鳥屋さんをやられていたんですけど、人気店ゆえにちょっと器を大きくして再出発したってことのようです。前のお店にも鶴は置いていただいてあって、長野市内で鶴を常備していただいているお店なんてそうはありませんから、ご挨拶がてらうかがったことが何度かあったんですよね。

『信州の地酒』と銘打ったメニューにもしっかり名前を載せていただいてました。こんな繁華街の目立つお店のメニューに鶴の名前が並んでいるなんてひと昔前なら考えられなかったことですから、なんだか自分の造ったお酒じゃないような気さえしましたねぇ(笑)。うれしい半面、身の引き締まる思いも同時にするんですけどね。

この目立つメニューに並んでいるラインナップは全て県内産で、信濃鶴はさて置き、県外でも評価の高い長野県を代表する銘柄ばかりと言っていいでしょう。地元の料飲店さんがこういう品揃えをしてくれるっていうことは、地元でお酒を造っている私達とすればとってもとってもうれしいことなんですよね。

長野オリンピックがこれから開催されるっていう機運が高まっていた頃、長野の繁華街で銘酒を売り物にしている居酒屋さんに並んでいたのは、実は新潟のお酒だったりしたんですよね(汗)。こんなことじゃイカンと、長野の酒メッセに力を入れるようになって、自分達の酒造りも外からの視線を浴びて、恥ずかしいものは造れないようになっていきました。

それ以来の地道な努力もあって、少なくともあの頃よりは信州の地酒の評価は上がってきて、地元の居酒屋さんでも胸を張って並べていただけるようになってきた・・・と思いたいですね。豊香、佐久の花、幻舞(麻輝)、大信州、水尾、御湖鶴なんていう代表ブランドと一緒に並べてもらえて気持ち良く飲み過ぎた夜でした(笑)。


□□□ こちらも気持ち良くクリック! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

応援

銘柄だけじゃなく、そのお酒の紹介コメントがメニューに書かれているから、
呑みたいお酒選びの参考にもなりますよね。
こうやって地元のお酒を応援するお店があるからこそ、
酒蔵も頑張って、地酒が美味しく育っていくのでしょう。
札幌にも北海道産のお酒だけを置いている居酒屋さんもありますよ。

写真のメニューに載ってる銘柄は札幌でも見かけますから、
全国的にも名の通ったお酒ばかりですね!

  • 2014/09/13(土) 09:56:57 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 応援

メニューに載せるこういうコメントっていったい誰が考えてくれてるんでしょうね?
自分じゃ恥ずかしくて言えないような表現をしてくれてますよ(笑)。
でも、全ては応援メッセージだと思って、次のいいお酒造りに生かそうと思ってます。
地元のお酒を愛する居酒屋さんは大切だと思います。
このメニューの中だと、大信州さんは北海道でたくさん売れてるみたいですね。

  • 2014/09/13(土) 18:03:29 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3011-5e9d73c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad