専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

仙台日本酒フェスト

20140907_163735.jpg20140907_163732.jpg
20140907_163740.jpg20140907_142207.jpg

タイトルの『仙台日本酒フェスト』も3回目となったそうで、今回も信濃鶴は参加させていただいて、主催である『酒のかわしま』さんの面々と楽しくイベントをやらせてもらってきました。3回目っていうのは『酒のかわしま』さんがご商売を始めてから3年経ったっていうことで、社長のサンセールさんの前職である『錦本店』さんでも1度開催されてますから、実質4回目ってことになりますかね。

前半300名、後半300名というお客さんのお相手を5時間に渡ってやり通すのは大変なことでもありますが、このイベントを心待ちにしておられるお客さんとお話しさせてもらうのは、私達蔵元としても実は楽しいことで、仙台の皆さんは他県のお酒にも分け隔てなく接してくれるような気がしますね。

まぁ、3回目ともなると所々に見知った顔の方もいらっしゃるようになりますが、このイベントで特に感じるのは、若いお客さんの割合と、それに付随して若い料飲店さん達の来場が他でのイベントより多いんじゃないかっていうこととですね。サンセールさんはもういい歳ですが、その他3名の従業員みんなの若さが客層にも表れているのかもしれません(笑)。活気があって、いいイベントだと思いますね。

酒のかわしまさんのおかげもあって、仙台にはそれなりに鶴チューが生息しています(笑)。この日も、家に常備していると言ってきてくれる若いお客さんが何人かブースに立ち寄ってくれました。鶴のこともいろいろと知っていてくれているようで、ビックリしました。少しずつでもファンの方が増えてくれて、仙台でも鶴の知名度が上がっていってくれると嬉しいんですけどね。

また、別のお客さんは、埼玉出身で仙台にはお仕事でお見えになっておられる方でしたが、地元埼玉の酒屋さんで自分の好みのお酒について尋ねたら信濃鶴を紹介してくれて飲んだことがおありだったようですが、仙台に赴任して自分の好みのお酒を酒屋さんに尋ねたら、なんと再び仙台から遠く離れた長野県の鶴を紹介されたっていうんでエラク驚かれたとか。

各県に1、2店舗しか取り扱い店なんてないのに、たまたま近くで出掛けたお店が2軒とも信濃鶴を扱っていたなんて、とんでもない偶然じゃないですかね。埼玉と宮城で同じ銘柄に出会って何か運命的なものを感じたなんておっしゃってましたよ(笑)。ちなみに、埼玉のお店は杉戸町のN酒店さんでしたから、決して大きなお店じゃないんですけどね。

私が昔からサンセールさん達と仲良くしてもらっているからっていうこともあるかもしれませんが、このイベントで本当に楽しいと思うのは終了後の蔵元懇親会です。「そんなの飲んでるだけじゃねーか」と言うなかれ。他県の蔵元さん達やイベントスタッフの皆さんが集まった懇親会で、あんなにワイワイ楽しく飲めることってそうはないんですよね。

これも、サンセールさんご夫妻をはじめ、コン様、加藤君、ケータ君っていうみんなのチームワークに私達も巻き込まれているからなのかもしれません。日本酒とワインをメインとして売り上げはしっかりと伸ばしておられるみたいですから、今後ともイケイケ状態は続くと思います。私も来年は、もうちょっとみんなと仙台の夜を楽しめるように計画しなくっちゃなりませんな(笑)。


□□□ 手タレ写真は仙台鶴チューの面々 □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

来年も宜しくね。

私はジーサンかいっ(笑)!

先日は遠路遥々ありがとう。私も大いに楽しませてもらったけど、仙台の鶴チューの皆さんもストーンヘッド杜氏に会えて喜んでいただけたようでなによりです。参加されたお客さんに満足していただくのは勿論の事、同じくらい蔵元さん達にも満足していただきたいので、懇親会が楽しいと思ってもらえるのは主催者冥利に尽きます。ま、私の一番の楽しみは、懇親会だったりなんかするんだけどね(笑)。来年は自分の荷物に煩わされないよう、往復の送料を貯金しといてねー(笑)。

  • 2014/09/10(水) 08:55:07 |
  • URL |
  • サンセール #MMIYU.WA
  • [ 編集 ]

なんたって懇親会

このイベントに関しては、
ネットで知り合った遠方の仲間と会える楽しみがあるせいか、
参加する岳志さんの意気込みが違うように感じますよ。
イベント自体はともかく、なんたって懇親会が楽しそうだもの。(笑)
サンセールさんを始め、酒のかわしまさんのスタッフの面々や
酒屋八兵衛のとーこさんに会うのも一年ぶりなんですかね。
とーこさんが、来年からは自分は引っ込んで息子さんを参加させるなんて、
フェイスブックに書いてましたよ。

  • 2014/09/10(水) 12:41:21 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 来年も宜しくね。

ジーサンと言っても遠からず(笑)。
行くのは大変ですけど、仙台の皆さんはお話してて楽しくていいですね。
元気な鶴チューさんが多いのも仙台の特徴でしょうか(笑)。
仙台の夜は最後の方はよく覚えてないんですけど(汗)、とにかく楽しかったです!
来年はもっと楽に仙台に行けるように考えときますが、別に貯金しなくても荷物は送れます(笑)。

  • 2014/09/10(水) 17:46:04 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: なんたって懇親会

仲間が多く集まるから行くのが楽しみになるんでしょうね。
こんなに好きかって言える蔵元が集まるイベントは他にはありません(笑)。
トーコ姉貴も相変わらずで2人で大騒ぎしてきました。
でも、他の蔵元さんとも仲良くできるから不思議なんですよね。
これも酒のかわしまメンバーのなせる技なんでしょうかね。

  • 2014/09/10(水) 17:48:15 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

信濃鶴との出会いは宮城県

自分と信濃鶴との出会いは、宮城県の某ネットショップ

長野の秘境で生まれた渾身の日本酒←って感じのキャッチフレーズ

ダイアモンドオンラインの批評で興味をもち、日本酒物語のコメントで購入しようとしたのがきっかけでした。

以来、1ヶ月に一升って感じで呑み続けてます。

マイ冷蔵庫には無濾過純米が一升眠ってます。

季節柄、お燗酒が恋しくなってきたので
また、購入しなければ

  • 2014/09/10(水) 20:12:25 |
  • URL |
  • ズクナシまさし #b77VSfxA
  • [ 編集 ]

Re: 信濃鶴との出会いは宮城県

1ヶ月で一升っていうのはとてもありがたいペースです!
他のお酒もあるでしょうけど、忘れちゃいないよっていうペースですよね(笑)。
しかし「長野の秘境で生まれた渾身の日本酒」っていうキャッチフレーズもなかなかスゴイです。
平らな所に住んでおられる方から見れば秘境でしょうけどねぇ(笑)。
これからも、鶴のことをよろしくお願いします!!!

  • 2014/09/11(木) 18:08:07 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/3008-1b517745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad