専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

Reppi(つづき)



松本市の居酒屋『風林火山』のN君が、たまたま遠く離れた飯田市に飲みに出かけて、入ったお店のカウンターの隣に座ったのが、さらに遠くの岩手県からこのお店に飲みに来た女性で、話を聞いてみると自分と同じ同業者で、何と何と驚いたことに信濃鶴をお店で扱ってることが分かった・・・っていうところから続けますね(笑)。

彼女の正体を明かすと、岩手県の北上市で日本酒居酒屋『Reppi(れっぴ)』を営むTさん。Tさんって言うよりTちゃんって言った方がお似合いのかわいい女性で、N君達ももしかしたら最初は隣のちょっとイケてる女性客に声をかけたっていうくらいのノリだったのかもしれません(笑)。

でも、なかなか若い娘がひとりで入るようなお店でもありませんし、普通のお客さんじゃなくってよっぽど日本酒好きだっていうくらいの想像は働いたでしょうね。よくよく話を聞いたら、同じ職業ってことが分かったし、さらに鶴を扱っているっていう共通項も思いがけず見つかったわけです。

それにしても、たとえこの日の偶然とは言え、全国から同業者が飲みに出かけるほど、この『泉』さんっていう居酒屋はスゲー評判だってことですよねぇ。Tさんは友達に飯田市出身の方がいて、長野県に行ったらぜひこのお店に行って来いと言われたんだそうです。N君達は敵情視察かな(笑)。

さて、このTさんは、以前は東京で働いていたんだけど、地元に帰ったのを機に居酒屋Reppiを始めて、どうやらかなりの繁盛店になってるご様子。お店は基本ひとりで切り盛りしておられるようですが、美人女将の店でウケがいいんでしょうね。時として1週間くらいぶち抜きで休みを取って、全国を旅するのが趣味だとか。

その際には気になる酒蔵巡りもしていて、今回もできれば信濃鶴の蔵にも行ってみたいと思っていたところ、飲みに入ったお店のカウンターの隣に座っていた男が、信濃鶴をよく知る居酒屋のマスターだったっていう偶然なわけで、彼女が幸運なのか、N君が幸運なのか、鶴が幸運なのか、とにかくいろんな偶然が重なってますね(笑)。

ちなみに、Reppiさんの鶴は東京のK商店さんから送っていただいているんだそうです。Tさんがそのお店とお付き合いをするようになって最初に鶴をお勧めいただいたんだそうで、どこでどうつながっているか分からないものの、どこに出していただいても恥ずかしくないお酒造りを肝に銘じなくっちゃならないと改めて思いましたね。

ってことで、その翌日、N君ご一行とTさんが長生社になだれ込んできたっていう顛末。蔵をご案内していろいろとお話もさせていただけましたから、突然の訪蔵で私も驚きましたけど、一緒に楽しい時間を過ごさせてもらいました。岩手県には鶴の販売店はないんですけど、北上市には鶴が舞い降りていると思うと一気に親近感がわきましたから、今度はぜひReppiで一杯やりたいですねぇ。


□□□ 岩手に行くぞー!!! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

繁盛店

可愛くて、はつらつとした(想像ですが...)女性が始めた居酒屋。
気になるお店や酒蔵をまわる勉強熱心さで、
きっと、一緒に話しましょオーラも放ってるんでしょう。(笑)
そんな魅力たっぷりの女性が切り盛りする居酒屋なら繁盛するのも当然ですね。
札幌にお店があるなら、ぜひ行ってみたくなるもの!
この日のお昼、一緒に蕎麦を食べたことは内緒にしときます!(笑)

  • 2014/07/08(火) 12:36:38 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 繁盛店

Reppiさんの人物像はかなりまっちーさんのご想像に近いです(笑)。
お店が繁盛するのも分かる気がしますよ。
お酒に対する勉強熱心さもあってお客さんにも受けがいいはずです。
お蕎麦が大好きだってことだったので、この日は丸富さんへ行きました。
お蕎麦1枚じゃ足りなかったかもしれません(汗)。

  • 2014/07/09(水) 07:37:08 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/07/10(木) 17:45:46 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2941-99b17b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad