専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

週末イベント



『週末は休養のためじゃなくってイベントのためにある』状態の岳志です(笑)。梅雨模様のお天気が続いて畑仕事もできませんから、やることがないならちょうどいいんじゃないかと言われるかもしれませんが、晴耕雨読ができる程度の心の余裕が人間には必要なんじゃないかと思わないでもありません。

しかし、お酒のイベントは疲れるばかりじゃなくって、お客様とお話ができたり、主催する酒販店さんの考え方が分かったり、遠方の蔵元さんとの情報交換ができたりと、様々な恩恵があるのが本当のところで、そういうつもりで臨めば得るものがたくさんある場だと言ってもいいでしょうね。

この週末は佐久市で、小海町に本店のある『清水屋』さんがお酒の試飲会を開催されました。清水屋さんは、長野県内でも特に一生懸命に県産のお酒の販売に力を入れてくれている酒屋さんで、私達信州の蔵元もいつも力をいただいていて、この日も県内の十数蔵が参加してのイベントになりました。

この試飲会は今年が3回目で、信濃鶴も第1回目から呼んでいただいてるんですけど、長野県の東部地域を中心として、毎回大勢のお客さんが来場されます。中には県外から来たなんていう方もいらっしゃいましたから、一体どうやって集客なさっておられるのか不思議だったんですけどね。

会場となったのは、新幹線の佐久平駅近くにある『佐久平プラザ21』さん。大浴場とホテルが一緒になった健康ランド的な施設なんですが、毎年大浴場にゆっくり入りたいと思いつつも、これまで一度も入ったことがありません(涙)。試飲会の後には蔵元同士の懇親会もあって泊りになるので朝は入れないわけじゃないんですけど、二日酔いで入る気にならないだけ(笑)。

清水屋さんは1年前にここ佐久平に支店をオープンされて、積極的に販路を拡大なさっておられます。本店のある小海町は小さな町ですが、県外へも信州の地酒を発信していくためには人がたくさんいる場所の方がいいと、大きな決断をなさったわけです。支店の方も順調に発進できているそうで、今後が楽しみですね。

社長さんは私と同じくらいの年齢なんですが、とても熱い男で、信州の地酒を長野県が売っていくようにしたいと言ってくれました。東京にもすごい酒販店さんがあるけど、県内でも何かすごいことができるんじゃないかと。私達もその信念に応えられるような信州らしいお酒を造っていかなくっちゃならないと改めて思いましたね。

試飲会は4時間開かれていてやっぱり疲れましたが(笑)、楽しくお客さんともお話ができましたし、このエリアではあまり馴染みのない信濃鶴を発見して帰っていただけたと思います。その後の懇親会では、残った各社のお酒を味わうことができて、これまたいい勉強になりましたとさ。


□□□ 3位定着ですな □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

吞酒会

駒ヶ根からの距離は100キロでしたか?
利酒のつもりが吞酒になっていました。
生酒の箱も見せていただきましたが、利酒も最近は生原酒や無ろ過のほか香りなど種類が多くなり日本酒の楽しみ方も増えましたね。
清水屋酒店も冷蔵庫にたくさんの種類があり選ぶのも楽しみです。
信濃鶴は、いつ飲んでも純米の定番の日本酒です。

  • 2014/06/24(火) 09:48:48 |
  • URL |
  • 五郎兵衛 #-
  • [ 編集 ]

楽しみ

酒販店さんが地元のお酒を応援して育てようというのは良いですね。
それが全国への発信にもなって広がればなおさらです。
この時季、北海道でも、そうした試飲会や蔵元を招いてのお酒の会が増えてます。
道外の蔵元を招いての会に北海道内の蔵元も参加するパターンも多いです。
美味しい日本酒に出会え、蔵元とお話しできる楽しみがあります。

BS-TBSの人気番組「吉田類の酒場放浪記」は長野県をまわっていて、
昨夜の放送では伊那市の居酒屋が紹介されると言うので、
信濃鶴も出てくればと観ましたが、残念ながら信濃錦の方でした。(T_T)

  • 2014/06/24(火) 12:46:06 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 吞酒会

五郎兵衛さん、当日はご参加誠にありがとうございました!
ま、私も五郎兵衛さんにお会いできるはずだと思ってましたけどね(笑)。
いろんなお酒を飲まれて、いい気分になった様子がよく分かりましたよ。
たくさんのお酒が並んでいるのを見るのは飲み手としては楽しくなりますよね。
その中から定番で鶴を選んでくれるっていうことは本当にうれしいです!

  • 2014/06/24(火) 18:12:20 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 楽しみ

地元で売ってもらえば一番安心していられると思います。
外への発信ももちろん大切ですが、それは地元がしっかりしていてこそできることです。
そのためのイベントなら一生懸命に務めさせていただくしかありませんよね。
でも、北海道まで行くとなるとチト大変でしょうね(汗)。
酒場放浪記が伊那市に来たなんて知らなかったけど、どのお店が出たんでしょうか?

  • 2014/06/24(火) 18:16:04 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

書き忘れました!

酒場放浪記で類さんが訪れたのは、行者そばのお店に立ち寄った後、
伊那の「きりん」という居酒屋さんでした。
ローメンを食べてました。

  • 2014/06/25(水) 12:47:16 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 書き忘れました!

行者蕎麦のお店は『梅庵』さんかな?
私はこの『きりん』さんはよく知らないんですよね(汗)。
そんなお店あったっけっていう感じです(笑)。
でも、今度伊那の友達に連れて行ってもらいます!

  • 2014/06/26(木) 18:36:53 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

そうです!

確か「梅庵」って店名だったと思います。
何故か「きりん」は動物の名前の店が多い通りにある一軒でした。

  • 2014/06/26(木) 20:52:13 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: そうです!

梅庵さんはその筋では有名なお店です。
私も何回か行ったことがありますよ。
動物の名前が多い通りって・・・(笑)。
たぶんあそこかなぁ?
今度探検してみます!

  • 2014/06/27(金) 18:16:05 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2927-59767551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad