専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

小梅

20140601_214237.jpg

目に鮮やかな緑色ですが、これはフォトレタッチソフトで色補正したとかいう訳じゃなくって、実際にとてもきれいな色なんですよ。ま、スマホのカメラじゃ限度があるにしても、こういう色であったっていうことは事実です。ただ、鮮やか過ぎちゃって、美味しそうっていう色じゃないのも確かなんですけどねぇ(笑)。

これは、正しくはどういう名前なのか分かりませんが、『小梅』って私達は呼んでいて、紀州の南高梅みたいなでっかいヤツじゃなくって、毎朝一粒ずつ食べるような小さいタイプの梅です。大きい梅は梅干しにしてネチョッとした食感になりますが、これはどちらかと言うとカリカリした仕上がりになります。

カリカリとした仕上がりになります・・・と書いたものの、ならないんだな、これが(涙)。我が家の小梅の最大の問題点は、私達が求めるこのカリカリ感がでないことなんです。当然食べられるし、不味いわけじゃないんだけど、パリッとした食感で食べたいのに長年上手くいかずにスッタモンダしているんですよね(汗)。

『梅をパリッと漬ける素』みたいな商品も売っていて、そんなのも使うんですけど、毎年毎年どーしても思った通りになりません。女房が思い込んでいる漬け方の中に、どこか決定的に違った部分があるような気もするんですけど、そんなの塩加減くらいしか思い当りませんし、梅の種類が違うのかなぁ。

その問題点は解決しないものの、毎日のように口にするものですから、仕込みにはできるだけ手をかけてなるべく美味しい梅漬けにしたいですね。これも毎年の記事になる大きな梅の梅干しはとても手がかかるんですけど、それに比べれば仕込みはかなり簡単です。基本的には塩漬けして、その後に赤シソを入れるだけです。

手をかけようと思えば、実に付いているヘタを取るかどうかっていうことになります。実の頭にちょこっと付いていて、大きな梅だと簡単に取れるし数も少なくて済むんですけど、このちっちゃいヤツだととても細かな作業になりますし数もありますから、女房は大抵手を抜いて取ってないみたいです(汗)。

今年はそれをしっかり取って、より美味しい梅漬けにしようってんで、先日家族全員で夜なべ作業と相成りました。どうやら、収穫してからすぐに塩漬けにしなくっちゃならないみたいで、頼んであったお店から届いたその日にやっちゃった方がいいんだそうです。写真の右下に取ったヘタが写ってますけど、お分かりになりますかね。

女房曰く、冷蔵庫に入れておくとパリパリ感が持続するようなんですけど、大きな甕のまま1年中入れとくわけにもいかないし、なるべく売り物に頼らずに食生活を送ろうとしている我が家では、今後もパリパリ感を求めた研究が続きそうです(笑)。


□□□ パリパリ研究にワンクリックを! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

今年こそ!

カリカリ梅って良く聞くし、簡単にできるのかと思ってたら、そうでもなさそうですね。
毎年、漬け続けてるのに上手くできないなんて、どんな奥の手があるんでしょ。
ボクは梅干しが苦手で口にしませんから、どんなのが美味しいのかも分かりませんが、
せっかく家族揃って夜なべまでしたんだから、美味しくできて欲しいですよね!

  • 2014/06/08(日) 19:27:12 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

青梅

いまだに実家の母に漬けてもらっています(苦笑)
ま 親孝行ってことで・・・・(?)

青い梅を醤油に漬けてしばらく置くと 美味しい梅酢醤油になって 夏場に重宝します♪ 
これは自作 ただ醤油を注ぐだけで簡単ですから(笑)

先日 ようやく「木鶏」さんに行ってきましたよー
美味でした&元気でした(笑)

  • 2014/06/09(月) 02:07:17 |
  • URL |
  • ありの実  #-
  • [ 編集 ]

祖母の梅干し

母方の祖母が毎年送ってきてくれていたのが、小粒でカリカリした梅干しでした。
大粒のものだと一粒食べるのはツライですが、小さいのであれば個数で調整できて良かったですね。

家の脇にあった小さい畑で赤紫蘇を育ててて、それと地元の梅で作られた梅干しはとても素朴で、私にとって「田舎の味」そのものでした。

その祖母も十数年前に亡くなってしまい、もうこのカリカリ梅干しは食べられないのですが、たまに懐かしくなって市販のものを買ったりします。

きっと娘さんにとって「あんまりカリカリしない小梅」が家の味になるんでしょうね(笑)

  • 2014/06/09(月) 14:27:51 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 今年こそ!

この梅漬けに関しては以前も記事にしたことがあったような気がしますが・・・(汗)。
ま、それくらい上手くいかないってことです(笑)。
塩分が強過ぎるのかなって思ってるんですけどね。
家族でヘタ取りなんてしたのは初めてです(笑)。
その分くらいは美味しくなっててもらわないと張り合いがないんですけどねぇ。

  • 2014/06/09(月) 22:43:40 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 青梅

お母様製の梅漬けはさぞや美味しいことでしょう。
それが親孝行になるっていうんだから一挙両得ですね(笑)。
梅酢醤油っていうのは初耳ですから、今度やってみようかな。
木鶏さんからもありの実さんが来てくれたと連絡をもらいましたよ。
彼の元気さもお分かり頂けたようでなによりでした(笑)。

  • 2014/06/09(月) 22:47:02 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 祖母の梅干し

そう言えば、私のおふくろの実家の梅もカリカリ型だったですね。
小さい梅の個数で食べる加減を調整するっていう感覚は新鮮です(笑)。
確かにでっかいヤツ1個は大変ですよね。
我が家のメインは、そのでっかいヤツですが少しずつちぎって使ってます。
娘が梅漬けをするようになるかどうかは、はなはだ疑問(汗)。

  • 2014/06/09(月) 22:50:47 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2911-3de41309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad