専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

冷蔵庫



今回の営業回りで何度か耳にした話。それは、冷蔵庫に関することだったんですけど、つまりは冷蔵庫を買ったとか増築したとかいう話題をいろんな所でうかがいましたね。その酒販店さん自身じゃなくても、どこかのお店ではそういう投資をしてこれからに備えているっていうような内容も含めてですけど、どのお店もお酒の冷蔵設備には関心がおありのようでした。

それが何を意味しているのかは明確だと思います。どういうことかって言うと、東京で今売れるお酒は、圧倒的に生酒、もっと言えば無濾過生原酒や微発泡酒の様なタイプであって、そういうお酒をたくさん売ろうとすれば、必然的にその貯蔵のための冷蔵庫がお店に必要になるってことになって、どの酒販店さんもその辺にお金をかけざるを得ない状況になっているようです。

相当な販売力をお持ちの酒販店さんでも、8割が生酒だなんておっしゃいますから、昔は特別な存在だった生酒も、今ではもう当たり前って感じになっているんでしょうね。冷蔵流通が誰でも利用できる時代ですから、かつての大きな障壁はもう完全に取り払われて、私達蔵元も安心して出荷できる状況になっているのは確かだと思います。

お店での生酒系の商品の取り扱いが増えれば、店内のショーケースもリーチインのような物にしなくっちゃですし、ある程度の量を取り置いておこうと思えば、それなりの大きさの冷蔵倉庫も必要になってきます。冷蔵庫だけをポコンと建てられるような立地ならいいでしょうけど、店舗内自体の改装とかいうことになれば、更に出費もかさむことになりますよね。

長生社を振り返ってみてもそうですが、日本酒の流通だけで考えても、蔵元の製造段階、貯蔵段階、出荷段階、酒販店さんへの流通、お店での保管、更には消費者の手に渡ってから以降も、今の時代『冷やす』ってことは絶対的に必要な条件になってますよね。ゲスの勘ぐりですが、冷蔵庫やさんは相当に儲かってるんじゃないかと、容易に推測できます(笑)。

今そんな話がいくつか出てきたってことを考えると、日本酒が調子良く売れ始めている東京の酒販店さんが、その流れに遅れないように、あるいはこの機に次世代へ投資するっていう意味も込めて、冷蔵設備にお金をかけようとなさっているようにもお見受けしました。焼酎ブームの時にはそんなことは考えなくても良かったでしょうけど、もしもっと大きな日本酒ブームにでもなったら泥縄式な対応じゃ手遅れですもんね。

生酒の提供が容易になってなっている背景には、物流業界のクール便の発達があるのは事実ですが、この春にクロネコヤマトさんではクール便の間口をかなり狭くして、全国のお蔵さんでは非常に苦慮されているわけですが、それに伴って生酒のクール発送に関しても話題になりましたし、私としてもいろんなお蔵さんの方法を見て、参考にさせていただきました。

写真は、あるお蔵さんの採用なさっている方法で、アルミ(?)でコーティングされた丈夫なダンボール箱を使って、中には一升瓶6本と、水を入れて凍らせた500ミリリットルのペットボトルを同封して、普通の路線便で送られて来るんだそうです。クール便の値段がバカ高くなっちゃいましたから、長生社でも方策を考えなくっちゃならないんですけどねぇ・・・。


□□□ マネしなくっちゃ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

検討中

弊社も検討中です。この写真のダンボールでも今の時期届いた時には保冷剤がとけてしまっているという話も聞こえています(汗)
アルミ?ダンボールは結局資源ゴミにするにもひと手間かかるようですし地球に優しいのは、p箱のように、循環できるようなものがいいのですけれどねぇー!

  • 2014/05/20(火) 00:16:24 |
  • URL |
  • 八代目蔵元嫁 #-
  • [ 編集 ]

知恵

「生」が付くと新鮮で美味しそうに思えるから、生酒が人気になるのも道理です。
そうなると売る方も買う方も冷蔵庫が必需品で、輸送もクール便になりますよね。
買う方にしてみれば、美味しいお酒が少しでも安く買えれば嬉しいから、
売り手は輸送コストや貯蔵コストを下げるのに知恵を絞るわけですね。
特殊加工の段ボールに凍らせたペットボトルなんて良く考えたものです!
本州内なら発送の翌日に着くから何とかなるにしても、
北海道までだと翌々日になるから、この方法は使えないかな。(T_T)

  • 2014/05/20(火) 12:29:55 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

生原酒

「チョットしか飲まないからアタックの強い生原酒がいい」
とか
「従来の日本酒が、いま食べられるおつまみには合わないから」
とかイロイロ言われていますが、実際のところはどうなんでしょうね?

私は会社の飲み会でも日本酒で通しちゃうんですけど、それほどツマミに合わないとも思えないんですよね。
しかも熱燗が多いんで、一般の人からしたらハードルが高いハズなのに、飲ませてみると「美味しい」っていう人が多いんですよ。

たぶん「美味しいよ」って飲ませてくれる人が少なくなったというのも、従来の日本酒が売れない一つなのかもしれないなぁと思っていたり。

  • 2014/05/20(火) 13:50:09 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

氷ったペットボトル

久しぶりにコメントします。先週は磐田の市会議員のある方が駒ヶ根訪問した見たいですが買ったのは「養命酒」。残念!前の仕事廃業して今は派遣である会社の倉庫の一棟を管理していてフォークリフトの運転三昧の日々です。エアコン完備のコンテナタイプの私専用の詰め所も有りますが冷蔵庫が無いのでクーラーボクッスを持ち込んでミネラルウオーター一本とスポーツドリンク一本を常備していますが冷やすために毎日一本2Lのペットボトルに水を入れて凍らせたのを入れていますがこの時期部屋の中の最高温度は28度にまでなるのに24時間たっても溶けきってはいません。恐るべしペットボトルの氷です。

  • 2014/05/20(火) 20:50:56 |
  • URL |
  • 鳥居 慶司 #-
  • [ 編集 ]

Re: 検討中

蔵元はどこでも頭を抱えてる問題ですね。
保冷剤はそんなに持たないんですかね。
ペットボトルの氷はまだ残ってるって聞きました。
この特殊な段ボールは回収してくれないんだとか。
いろいろと問題ばかりですねぇ(汗)。

  • 2014/05/23(金) 08:11:06 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 知恵

新しい商品はほとんど生酒系だとか。
フレッシュなものが好まれる時代ってことなんでしょうね。
食べ物の変遷とか飲酒形態とかが日々変わっていきますからね。
ペットボトルはいくらでも回収できますからコストがかかりません。
北海度までは持たないかなぁ・・・(汗)。

  • 2014/05/23(金) 08:13:32 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 生原酒

どうして生酒系のお酒が人気なのかはハッキリとは分かりません。
今の日本人の好みに合っているんでしょうかね。
でも、昔から搾りたてのおいしさは誰もが認めるところではありました。
流通の発達でそういう商品も簡単に手に入るようになった部分も大きいでしょう。
お燗だって飲んだ人はまずいなんて言いませんから、お酒の指導者不足も大きな原因でしょう(笑)。

  • 2014/05/23(金) 08:16:26 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 氷ったペットボトル

鳥居さん、お久しぶりです、お元気ですか?
クーラーボックスの中に凍ったペットボトルっていうのはナイスアイディアでしょう。
初期投資も維持費もかからないって感じです(笑)。
24時間たっても溶け切らないっていうのは驚きですね。
氷の塊って強いってことなのか、クーラーボックスの性能がいいのかでしょうね。

  • 2014/05/23(金) 08:20:20 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2891-13cab017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad