専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

長野の酒メッセin東京



今回の出張のメインイベントは、このブログでも以前ご案内してあった、『長野の酒メッセin東京』に参加するためでした。毎年開催を続けて今年で11回目だっていうんだから、私も歳をとるはずですよねぇ(笑)。開催が始まった頃には何回か参加しなかった年もありましたが、近年はずーっと連続して出ていて、長生社としてもなくてはならないイベントになってますね。

実際のところ、このイベントに参加したからって、信濃鶴のお取扱店が増えるなんてことはあんまりないんです(汗)。そんなお話があったとしても一件あるかないかですね。いろんな状況が重なって、お問い合わせをたくさん頂いた年もありましたけど、そんなにどんどんとウマい話が転がり込むなんてことあるわきゃありません(笑)。

現在のこのイベントの意義は、既に鶴を取り扱って頂いている酒販店さんとの顔つなぎだったり、もっと末端の消費者の皆さんと実際にお話させて頂く機会っていう面に重点がシフトしているような気がします。蔵元との会話を楽しみになさっておられるお客様が多いのは、何回も参加してみて実感するところですね。顔馴染みのお客さんもたくさんいらっしゃいます。

もう一点重要だと思うのは、居酒屋系の飲食店さんに鶴の味を知って頂くってことでしょうか。そういう皆さんは、仕入先さえ分かれば、即仕入れることが可能で、かつ、使って頂ける量も多い可能性があるわけです。実際に、居酒屋さんの定番メニューに加えて、とても可愛がって頂いているお店もあって、そのきっかけがこの酒メッセだったこともあったんですよね。

自分のお店で提供するためのお酒をお探しの方々は結構多くて、とても真剣に利き酒をなさるので、こちらとしても気は抜けません。気に入って頂けると、大抵「どこで売ってますか?」っていう話になって、上手いことそのお店の従来の仕入先で鶴を扱ってるなんていう場合には、即日注文が入ったりすることもあるかもしれません。たまーに、メッセの翌日に注文が入るのは、そんなラッキーもあったのかと想像したりするんですけどね(笑)。

入場者数は昨年よりも増えて、2000人くらいになったかもしれません。後半はかなりギュウギュウ詰めになって、来年はあの会場では危ないかも(汗)。鶴ブースでは、たくさんのお客さん相手に、今年もZENさんがしっかりと手伝ってくれて本当に助かりました。A酒店さんや横浜の鶴チューS君も駆け付けてくれて、終了後の打ち上げも含めてとても楽しくやらせてもらいました・・・まだまだ書きたいこともありますから、明日に続けますね。


□□□ ZENさんA酒店さんS君夫妻ありがとー!!! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

楽しみ

11回目を迎えて、年々入場者数が増えて行くんだから凄いです。
日本酒の潜在的な人気があるのは確かで、
これが表に出たら大変なブレークになると思うんですけどね。
少しずつ、情勢が良い方に変わってきてるように感じます。

ボクら消費者にすれば、普段、お目にかかれないお酒を呑めたり、
蔵元さんや杜氏さんとお話しできる楽しみがあって、
その銘柄のファンになるきっかけにもなります。
先日の呑み仲間の花見には、九州と道内から3蔵の杜氏さんが参加してくれて、
なかなか豪勢な顔ぶれになりましたよ。(^^)

  • 2014/05/16(金) 12:36:29 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 楽しみ

今日本酒にはそれなりに追い風が吹いているようです。
関心を持ったお客さんが増えているんでしょうね。
でも、あんまりにも大ブレークしちゃうと、今度は急降下ってことになりそうです(汗)。
地道に少しずつ需要が伸びていくといいんですけどね。
今回のイベントでも鶴ファンが少し増えたような気がします(笑)。

  • 2014/05/17(土) 08:15:01 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2887-6203c452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad