専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ラスト火入れ

20140509_183409.jpg

ついに終わりましたよ、最後の火入れが!!!先日もちょっと書きましたけど、仕込んだもろみを全部搾り終わって、全てのお酒ができた日を『皆造(かいぞう)』って言いますけど、皆造後も、お酒を濾過して、更に火入れ殺菌をしてようやくお酒から手が放せるようになるんであって、全ての火入れが完了した日が本当の意味での皆造と言えるかもしれません。

この段階まで来て、全てのお酒が収まるべきところへ収まったっていう気分に、ようやくなれるんですよね、私達は。つまり、今期作ったお酒が全て貯蔵用のタンクに入れられて、今後はビン詰めの予定に従って、必要量をそのタンクから取り出していく操作だけが続いていく状況になったわけです。

当然、火入れしてないお酒もあるんですよ。信濃鶴で言えば無濾過生原酒として出荷されるお酒は特別に生の状態で低温貯蔵されていますが、それも、既に貯蔵段階に入っているっていうことで、製造部門からすれば既に手が離れているんです。後は、貯蔵したお酒がいい状態に熟成してくれることを望むばかり。

写真は、蔵にあるタンクの中でもかなり小さなタンクなんですけど、最後の火入れって、キリ良く終わらないわけですよ。つまり、火入れに使えるタンクが4000リッターか2000リッターの大きさなのに、最後に残ったお酒の量が6500リッターだと、4000リッター1本、2000リッター1本は使うとしても、残りの500リッターは余っちゃう計算になるじゃないですか。

ちょうどいい大きさのタンクがなければ、仕方がないので、最後の余りはどこかのタンクに少しだけ入れとくってことになります。それがこのタンクなんですけど、半分くらいまでしか入ってませんし、それ用の構造のタンクじゃないもんだから、周りから水をかけるのにとても苦労しているの図なわけです。暗くて分かりづらいでしょうから、勝手にご想像下さい(笑)。

ちなみに、火入れを行うタンクには、お酒は満量入れるのが一般的です。タンクに半分とか、底の方にちょびっととかいう貯蔵では酒質のために良くないからです。基本的には、あまり酸素に触れない方がいいんです。このタンクにも半分しか入ってませんけど、次のビン詰めで使っちゃう予定ですから問題は無いんですけどね。

今年は蔵に人がひとり少ないもんだから、私とすれば、お酒を搾り終わってからここまでがとても長かったですね(汗)。長いって言うか、ずーっと追いまくられてここまで来ましたから、あっという間ではあったんですけど、いつもの年よりやることが多くて、休む間もなく走り続けてきたような気分です。

それでも、ようやくここまでこぎ着けましたから、本当に本当にホッとしてますね。尻を叩かれてやる仕事がなくなっただけでも、精神衛生上すこぶる健康になれるはずです(笑)。でも、片付けはまだまだタップリ残ってますし、外回り営業も計画が入りつつありますから、この山を越えてもすぐに次の山が立ち塞がるんでしょうねぇ・・・。


□□□ 一瞬の一位! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

お疲れさまです!

今期の造りが完全に終わって、杜氏さんとしては肩の荷が下りたところでしょうね。
これからは専務さんとしての営業モードに入るから、一息つく間も無いのかな。
元々、蔵の仕事はギリギリの少ない人数でこなしてるんでしょうから、
ひとり少ない影響は、蔵の人みんなにかかってきて、
中でも、杜氏の岳志さんの負担が大きくなるんでしょうね。
来期は人数が揃ってくれると良いのですが。

ランキングの方は20ポイントの僅差ですけど、今も一位になっていますよ♪

  • 2014/05/10(土) 10:14:38 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

お疲れ様でした!

文面からも、やっと大仕事をやり遂げて、ホッとされた様子が伝わってきます。
今後は、岳志さんが一冬の間、精魂込めて造られたお酒が、どのように消費者の皆さんに受け入れられるかが楽しみですね。

  • 2014/05/10(土) 10:39:26 |
  • URL |
  • 酒ひろし #-
  • [ 編集 ]

Re: お疲れさまです!

ようやくひと段落した感じです。
とりあえずの大きな区切りまで来ることができてうれしいです。
夜もぐっすり眠れるような気がします(笑)。
これで気を抜けないのがつらいところですが、気を抜いても困りますからこれでいいのかも(汗)。
毎年思うんですよ、来年はもっと楽にしようって・・・。

  • 2014/05/10(土) 18:40:57 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: お疲れ様でした!

本当にホッとしてますね。
これほど安堵感が大きい年も珍しいです(笑)。
今年のお酒がどんな評価なのかは、私も大いに気になるところです。
各種の利き酒会でお客さんのご意見をうかがいたいですね。
私としてはいい感触でも、飲んでいただくお客さんがどう思ってくれるのかが問題ですよね。

  • 2014/05/10(土) 18:43:26 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2881-d31301c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad