専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

きき酒会



さて、初日の東京でのイベントは何だったかっていうと、こういう場合には実名を挙げちゃいますが、世田谷の朝日屋酒店さんの『第五回美酒名酒きき酒会』でした。五回目っていうことで、ここ数年の取り組みのようですが、現社長さんから息子さんへの世代交代っていう意味合いを持たせて開催されている、新進気鋭のきき酒会と言っていいでしょうね。全部で23蔵のお酒が出展されてました。

朝日屋さんは知る人ぞ知る地酒、地焼酎専門店で、若い従業員を何名も抱える大所帯です。店舗自体はそれほど大きい訳じゃありませんが、飲食店さんへの配達量の非常に多い商いをなさっておられるんだと思います。信濃鶴も、県外出荷を始めた7年前からのお付き合いで、長い間ご愛顧いただいている、私にとっても思い入れの大きな酒屋さんなんですよね。

私が非常に好感を持つのは、スポット的な特別商品よりも、いつでも安定供給できる定番酒を大切になさっておられる姿勢です。今回のきき酒会でも、お客様、特に飲食店さんへの定番酒の提案っていう側面を強調なさっておられました。各蔵のブースにはアイテムは3点ずつしか置かずに、お店でいつもメニューに入れてもらえるお酒を見つけてもらおうっていう意図をハッキリとさせておられましたね。

その点は鶴とも相呼応する部分があって、私としてもお客様にお話し易かったわけですが、ご存知のように何分にも商品アイテムが少なすぎるのが我が社の難点(笑)。定番になりそうなのは純米と特純しかありませんが、どうしてももう1商品ということで、今回はイベントにはめったに出すことのない無濾過生原酒を持ち込んで試飲していただきました。

スケジュールは3部構成になっていて、第0部が飲食店さんと蔵元との目隠しきき酒会。続く1部、2部が一般のお客さんを入れたきき酒会でした。朝日屋さんはさすがに若手の社員が多いだけあって、目隠しきき酒会の点数や、お客さんが帰り際に書くアンケートの結果の集計はイベント終了時には既に完了していて、私達にも今後の参考にと渡していただけました。

それがまた、鶴の評価はとっても良くて、私の方がビックリするくらいでしたね。「これってどこの酒?」みたいな(笑)。写真は、とあるお客さんが「お前の蔵ともうひと蔵だけが三つ星だ!」なんて、私に言ってきてくれた時のものです。どうやら飲食店さんにも、一般のお客様にも今回は多少受けが良かったみたいで安堵安堵です。朝日屋さん、今回はお世話になり、本当にありがとうございました!!!


□□□ 売上げちょっとは伸びるかな? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

良かったです!

お店関係の人たちからも、一般客からも高い評価をもらえて、
前日の日付が変わる時間まで頑張って準備した甲斐がありましたね。
もっともっと売り上げが伸びて、全国鑑評会でも良い賞がもらえたら、
万々歳ですから期待しましょう♪ (^^)
酒メッセ大阪のレポートも楽しみです!

  • 2014/04/23(水) 12:27:52 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 良かったです!

今回はたまたま受けが良かったってことでしょう。
そうじゃない時だってあるんですから、鶴が絶対的に美味しいってわけでもありません(笑)。
でも、苦労して準備しただけの成果はありましたね。
少しでもそう思えれば、また次にも頑張ろうって気にもなります。
今年はいったいいくつ利き酒イベントがあることやら・・・。

  • 2014/04/23(水) 17:50:36 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2863-e8d9023c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad