専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

タンク309(つづき)

20140403_130228.jpg

直った!直った!直りましたよ!・・・たぶんね。昨日まで出ていたヤバい症状も治まって、以前のようにちゃんともろみが冷えるようになりました・・・たぶんね。あとしばらく試運転してもこのままでいてくれるなら完璧です・・・たぶんね。これで夜2時間おきに起き出すようなことをしなくて済むでしょう・・・たぶんね(笑)。

修理してくれた人の腕を信じてないわけじゃなくって、とにかく動き始めた直後なもんだから、本当に直ったのかどうかチト不安なだけです(汗)。この10日間くらい、そして直近の5日間は蔵に泊まり込んでまで面倒を見ていた、まるで麹のように手のかかるタンク309号が復活してくれました。

いろんな現象を考慮して、昨日お話ししたブラインっていうヤツを循環させているポンプをとりあえず交換して様子を見ようってことになったんですけど、たぶんそこが原因だろうってことはほぼ確定だったみたいです。交換しても症状が改善しないようだったら、かなりヤバい状況になってたかもしれません(汗)。

朝10時頃から分解を始めて、午後2時頃には動き始めてたみたいですから、約4時間の長時間手術でした。素人目に見ても、とても複雑な構造であることは確かなようですから、ポコっとあるユニットだけ交換するなんていうわけにはいかないようで、私の目からはえらく細かくバラしちゃって大丈夫なのかと思えるくらいでしたね。

それでも、さすがにその機械を作っているその人が来てくれているわけですから、その人以上にその機械に詳しい人もいないわけで、迷うことなく作業が進んでいるっていう印象でした。プロの仕事っていうのは見ていて気持ちのいいもんですが、そんじゃ私の仕事ぶりはどうなのか少し心配になったりして・・・(笑)。

問題になるのは、この4時間の間にはもろみが冷やせないわけですから、ドンドン品温が上がっちゃうんじゃないかと心配したんですけど、そう思って昨日の夜からちょっと強めに冷やしておいたのが功を奏して、もろみの方には何事も問題ありませんでした。まずまず全てが予定通りに進んでくれて、私もホッとしましたね。

結果は良好で、たぶん完治したっていうことでいいと思います。他にもいくつも同じタイプのタンクがありますが、文句を言わずにいい子で動いてくれているってことが、これほどありがたいとは思いませんでしたね。ちょっと素人にメンテできる機械じゃありませんが、少しでも気遣いしていかなくっちゃと思いました。

さぁ、これで、家でも居酒屋でもどこでも飲んで大丈夫になりました(笑)。まだもろみはいるんですから気を抜くわけにはいきませんけど、コシキ倒しの後もそんなに満足に飲んでませんから、これからバンバン行こうと思います。夜もグッスリ眠れるようになって、ようやく我が世の春を迎えられます・・・たぶんね(笑)。


□□□ おぉ!1位! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

我が世の春到来♪

さすが、プロのお手並みは見事なものですね。
これでタンクも直って呑みにも出かけられて、ぐっすり眠れるし、
なんとなんと、タイミングを合わせたようにランキングも一位♪
この上、桜も咲き出したら、岳志さんの我が世の春が到来!(^^)

ま、ほどほどにしておきますか。(笑)

  • 2014/04/04(金) 12:27:25 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 我が世の春到来♪

あんなにバラバラに壊したら、私だったら直せないでしょうね(笑)。
ま、プロだからあそこまで徹底的にいろいろ調べるんでしょう。
直ってくれて本当に良かったと実感してます。
四六時中何かを気にしているなんて、麹造りだけで結構です(汗)。
我が世の春を迎えたら、すぐに売り込みに行かなくっちゃならないかなぁ・・・。

  • 2014/04/04(金) 19:38:03 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2843-a28cd5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad