専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

追い込み

DSC_0259.jpg

朝日が出るのがそんなに早くなったっていう実感はないんですけど、日が沈むのが遅くなったのはヒシヒシと感じている岳志です。朝は毎日寝ぼけてるから、明るくなるのとその時点の時刻が頭の中でリンクしてないのかもしれません(笑)。夕方は社員が帰る時間が決まってますから感付き易いでしょうしね。

それでも、世の中が明るくなって、風が暖かくなって、周りの何人かが花粉症でクシュンクシュンし始めると、春を実感せざるを得ませんね。本当は、仕込が終わる今週中までは極寒でいてもらっても構わないんですけど、世の中の人の気持ちはもう押さえられないでしょう。桜の話題もテレビに出てくるようになりましたしね。

この造りもあと一息ってところまで来ましたが、毎年同じようなこと言ってるようで恐縮なんですけど、私がこの時期に実感するのは春じゃなくって、自分の体力が落ちたっていう悲しい現実なんですよね(涙)。造りもあとちょっとなんだけど、残ってる体力もあとちょっとって感じ・・・。

「疲れたびー」っていう疲労感は案外なくて、でも、やることなすこと息が切れるのが早くなっていて、気力に体力がついていかないような気分なんですよね(汗)。アラフィフにもなれば皆さんそうお感じになるんでしょうけど、やっぱり蔵の仕事は体を使いますから、余計にその辺の感度が強いのかもしれません。

ですから、数年前までは気が付いたら仕込が終わってたっていうくらいだったのが、今じゃ指折り数えて「あと何日?」みたいな部分もないわけじゃありません(汗)。「情けねーなー」と思いながらも、いつまでも昔と同じようにできたんじゃ、後輩が困るだろうとも考えるようにはしてるんですけどね(笑)。

でも、気分はハツラツっていうか、感覚は鋭くなってるっていうか、この時期だからこそ感じられる微妙な感覚が体の中にあることも確かです。この5ヶ月間くらい毎日やってきた作業から感覚的に得たものは、現段階で私の中でマックス状態になっているって言ってもいいかもしれません。

それはもう、合ってるとか間違ってるとかの線引きのない自分だけの世界観であって、体力の衰えとバーター取り引きした、何か得難いモノのようでもある気がします。その得体のしれない世界を具体的にどう言っていいのか分かりませんが、「そうそう、これこれ、よしよし」っていうような世界です(笑笑笑)。

いずれにしても、もうこれからは、他の人ができないことをひとりで背負い込むんじゃなくって、私の体力が続くように、みんなでいろんなことができるような方向に持っていかなくっちゃならないっていうのが結論です(笑)。今日のブログは、この追い込み時期じゃないと感じられないことだと思って書きましたが、読者の皆さんには理解不能な記事になっちゃってスイマセンでした(汗)。


□□□ 理解不能でもクリックはできます! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

違い

アラフィフでそうなら、アラカンのボクはなおさらです。(T_T)
岳志さんのように体力を使う仕事もしてないくせに、
体のあちこちに疲れと言うか、ダルさを感じます。
今年の誕生日を迎えると歳が1歳増えるだけなんだけど、
前の日まで50代と言えてたのが、その日から60代になるわけで、
その違いの大きさに落ち込んでしまうんですよね。
ボクの場合、感覚も鋭くなっちゃいないですし。^^;

  • 2014/03/18(火) 12:37:07 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 違い

まっちーさんと私はちょうど10歳離れてるんですよね。
私ももう40代とは言えなくなりますから、内心複雑なものが・・・(汗)。
けどどの人も通る道なんですから仕方ありませんよね。
年をとったら経験とか洞察力とか感性とかの世界に行くしかありません。
きっと若者には追いつけない何かがある・・・はずです(笑)。

  • 2014/03/18(火) 18:35:45 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2826-ec61686c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad