専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ホワイトデー

DSC_0258.jpg

またまた、やってきました!!!お菓子業界に思うように操られて、日本中でお菓子が飛び交う日が!!!そう、バレンタインデーのお返しを男性から女性に贈るホワイトデーってヤツ!!!ひと月の間に2度美味しい、お菓子屋さんにとっては年に何回かのかき入れ時なんじゃないですかね(笑)。

考えてみるに、実に巧妙な戦略じゃないですか。贈答っていう行為には返礼が付き物ですから、贈答の部分だけ上手いこと人心を焚きつけることができれば、その返礼に関しては勝手に贈られた側の人がやってくれるわけで、半分の労力で需要を2倍開発できるっていう、完璧なるビジネスモデルなんじゃないかと・・・(笑)。

ただし、お菓子を贈っておいて、例えば花を返すっていうような風潮になると実にマズいわけで、返礼もお菓子でなくっちゃならないっていうところはしっかりと吹聴しておかないと、お菓子業界としてのうま味が半減しますから、チョコレートのお返しにはクッキーとかホワイトチョコレートじゃなくっちゃいけないわけです(笑)。

私が今年もらったチョコレートは、蔵の若手からもらった手作りのチョコのお菓子と、娘からもらった出来損ないの焼き菓子(涙)のみ。娘にはどうせいつでも何かせびられてるんですから放っときゃいいとして、蔵の若手にはちゃんと道理を通しておかないと、尊敬される上司にはなれません(笑)。

かと言って、お菓子を買いに行く時間も取れませんでしたから、女房に任せておいたんですが、買ってきてくれたのが上の写真のモノでした。「保冷剤が必要みたいな面倒臭いもの買ってくんなよー!」って思いましたが、何やら生チョコみたいなお菓子らしくて、渡すまでは冷やしておくようにキツく言われました(汗)。

帰り際に彼女に渡しましたが、会社の他のみんなからもたくさんもらってたみたいで、いろんなパッケージをひと抱え持って帰っていきましたよ(笑)。お返しが彼女に集中したから仕方ありませんが、あれだけ全部一人で食べたらちょっとヤバいかもしれません。それでも、こんな話題は長生社じゃ滅多にありませんから、彼女には感謝感謝ですね。

このお菓子業界のやり方を日本酒業界も真似て、春に女性から男性へ無濾過生原酒を贈ったら、秋には男性が女性にひやおろしを返さなくっちゃならないとかできませんかねぇ。その事の起こりは、天照大神がどーしてあーしてって古事記とか日本書紀のせいにして、古式ゆかしい日本の伝統文化だってことで・・・(笑)。


□□□ ホワイトデー・クリックって縁起良さそうじゃない? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

アイデア

写真を写す間だけでも保冷剤を除ければ良いものを。(笑)
いただいたら、お返しするのは当然のこととして、
しかし、上手いことやられちゃってますよね。(^^ゞ
こんな習慣を作り上げた、お菓子業界を褒めるしかありません。

春に無濾過生原酒、秋にひやおろしを贈り合うってのも、
なかなかのアイデアと思いますけど、広がるかどうかです。
男性・女性間じゃなくても、先輩・後輩とか、
何かウケそうな組み合わせはありませんかね。

  • 2014/03/15(土) 12:49:19 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: アイデア

いえいえ、保冷剤が乗っている図が貴重なんです(笑)。
保冷剤が必要なお菓子なんて、そうはないでしょうからね。
ま、どんなお菓子にしろ、バレンタインとホワイトデーでかなり好調に売れるんでしょう。
かつてバレンタイン用のお酒っていうのもいろいろありましたが、今はあまり見ませんね。
やっぱり、お酒になるとハードルが高くなっちゃうんでしょうかねぇ(涙)。

  • 2014/03/15(土) 18:45:20 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2823-7f280eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad