専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

春一番

DSC_0177.jpg

『忙中閑あり』なんていうのは真っ赤なウソで、忙中にあって忙忙忙忙忙と常に何かに追いまくられている気分の岳志ですが、これは私の被害妄想で、こんなに積み残しの仕事がいつもあるっていうのは私の処理能力の低さからくることで、夜中ぼんやりしてないで事務仕事でも帳面つけでもやりゃぁいいじゃんと考え方を改めようとしてみましたが・・・私はそんな鉄の意志の人ではありません(涙)。

毎年思うことですが、ある程度余力のある働き方で計画しておかないと、突発的な仕事にはひとつくらいは対応できても、それがいくつか重なるとパンクってことになって、それじゃしっかりと仕事がスケジューリングできてないのと同じことで、特にこの歳になって無理がきかなくなってくると、こういう思慮不足が仕事の質に影響してくるのをヒシヒシと感じますね(汗)。

私の場合には、麹を造る役割を全て自分で担っちゃってるっていうのが大きな問題でしょう。当然、ひとりだけで造ってるわけじゃありませんし、他の蔵人に任せられる仕事もあるにはあるんですけど、重要な判断はまだまだそういうわけにはいかなくって、麹造りにとられる時間が非常に長くて、密度も濃いものになってます。

でも、長生社みたいに小さな蔵では、杜氏イコール麹屋っていう場合が多いと思います。それ程麹は酒造りにとって重要なポイントであって、そこを一番責任のある杜氏が担うっていう図式は極々一般的と言っていいでしょう。大きな蔵ならいざ知らず、杜氏が造りに全く携わらないっていうことはまずないでしょうしね。

ですから、来季の造りの最大目標は、いかに自分が楽をするかってところに置こうと思います。当然、遊んでお酒を造ろうとしてるわけじゃなくって、いろんな状況にいつでも対応できて、造りの全体を俯瞰していられるくらいの余裕を持ちたいって意味です。ま、楽させてもらえるんなら、楽させてもらいますけどね(笑)。

忙しいとかなんとか泣き言を言いながらも、来季の話が出てくるあたり、ようやく今期の造りの先が見えてきたっていう証でしょう(笑)。今のところの予定では、今月の22日がコシキ倒し(お米を蒸す作業の最終日)になります。麹の引き込みも、残すところあと5回ってことになって、キャンディーズの『春一番』が頭の中を流れる頃になりました(古っ!)。

今期がかろうじて乗り切れそうなのも、全ては信濃鶴を飲んで応援していただけるお客さまのおかげであって、時としてヘタレそうになる気持ちを鼓舞してもらえたコメントやメールやFAX等には感謝感謝です。もちろん、厳しいご意見も頂戴しますが、それもこれも全ては鶴を思ってのご忠告だと勝手に解釈して前に進んでます(笑)。

「無濾過生原酒の残りがあったら全部頂戴!」なんて言ってくれたのは、某仙台の某サンセールさんですが、酒販店さんからの返り注文も私に元気をくれますね。予定より早く売り切れちゃったっておっしゃってましたが、そうやって精力的に鶴を売って下さっている皆さんのためにも、残りもう少しを頑張って造り切らなくっちゃね。ちなみに、無濾過は蔵にはもう1本もありませんから、次回の4月までお待ちくださいねー!!!


□□□ 写真は本文と一切関係ありません(笑笑笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

展望

南から梅便り、桜便りが聞こえて来てますから、
そろそろ岳志さんの頭の中も営業モードに切り替わりつつありますね。
若い蔵人さんも入って来て、だんだんと仕事を任せられるように、
岳志さんが楽になるようにと仕向けて行くのが、
長生社の将来にとっても大切なことですよね!
どんどんと、そうなって行けばと願っています。

写真の話題がいつ出てくるのかと記事を読み進めましたが...(笑)
奥さまお得意の鶏料理ですね♪

  • 2014/03/13(木) 12:28:36 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

いよいよ

甑倒しが見えてきましたね。おつかれさまです!
先日見学した埼玉の某蔵では、既に甑倒ししていて、皆造間近っていう感じでした。

次の造りの課題は、岳志さんの他に麹造りを任せられる人を作ることでしょうか?
そうなれば、だいぶ楽になりそうですよね。

なにはともあれ、ラストスパート頑張ってください!

追伸
 写真はお送りしたアレでしょうか?(笑)

  • 2014/03/13(木) 17:33:06 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 展望

そーかー、春になったら営業モードになるのかー、俺って(汗)。
ひと月分くらいはどっちでもない休暇モードっていうのはどーですかね(笑)。
遊ぶためじゃなくって、いいお酒造りのためにも私には余裕が必要です。
それで、劇的に鶴の味が向上するわけじゃないとは思いますけど・・・。
写真の鳥料理は、実はいただき物の商品で、女房は楽してました(笑)。

  • 2014/03/13(木) 18:25:23 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: いよいよ

早いお蔵さんでは皆造っていうところもあるでしょうね。
20年前だったら長生社もコシキ倒しが済んでいたかもしれません。
麹づくりを人に任せるのは、これは自分で造るよりも大変なことかもしれません(汗)。
そーとー厳しく仕込んでも何年もかかるでしょうから、その点も心配の種です。
写真は送っていただいたアレですよアレ(笑)。

  • 2014/03/13(木) 18:29:11 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2821-90f4cfa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad