専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

パリの散歩道

DSC_0224.jpg

大雪騒動の中、ピンチ・ピンチ・ピンチの壁を必死でクリアしてたら、知らないうちにソチ・オリンピックが終わっちゃってたじゃん(汗)。正直、ニュースなんてゆっくり見ている時間もあまりなくて、家でご飯を食べている時に、どーゆー訳だかカーリングばっかし見てた記憶しかありません(笑)。でも、日本中に感動を届けてくれた選手の皆さんには、感謝の言葉を送りたいですね。

なーんにもこのブログでは取り上げられなくてチトつまんなかったので、ひとつだけ記事にしてみましょうかね。それは、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が、演技の時に使っていた『パリの散歩道』っていう曲についてです。彼のスケートを見ながらも、曲の方ばかりに気がいっちゃいましたよ。「懐っつかしいなぁー・・・」ってね。

彼がこの曲を選んだことで、妙に人気が出てるなんて女房が言ってましたが、スッゲー古い曲ですよね、これは。作曲者はゲイリー・ムーアっていうロックギタリスト(って言っていいのかな?)です。ゲイリー兄貴は、私が高校・大学生の頃に憧れたギタリストのうちのひとりで、LPもCDも何枚も持ってました。当然、パリの散歩道も繰り返し繰り返し聴いた思い出の名曲だったんですよね。

私とすれば、かなり思い込みの激しいミュージシャンのひとりだと言っていいでしょう。数年前に亡くなった時にも、このブログに取り上げようかと思ったくらいです。青春の多感な時期に熱狂した音楽って誰にもあるでしょうけど、何人か名前を上げろって言われたら、彼の名が出てくることは間違いありません。

あの曲自体はバラードみたいに聞こえるかもしれませんが、その頃の彼のアルバムにはハードロックって言うかヘビーメタルって言うか、激しい曲が多かったですね。そういう中に、ああいう泣きのギターフレーズが散りばめられているのが彼の魅力でした。パリの散歩道はゲイリー自身の歌が入っているのが有名ですが、元々はインストゥルメンタルだったような・・・。

私はシン・リジィっていうバンドで彼のことを知って、その後のソロ活動を追っかけたっていう流れでしたけど、あの頃はいろんなギタリストに血道をあげてましたねぇ。エレキギターってものに憧れてたのか、ハードロックが好きだったのか・・・ま、いずれにしても私の音楽遍歴なんて大したこたぁありませんけどね(笑)。

お気に入りの名曲で世界最高得点をたたき出してくれた羽生選手には、私からも大絶賛の嵐なわけですが、どーしてこんな懐メロを掘り起こしてきたのか不思議です(笑)。でも、この手の曲がフィギュアスケートと相性がいいんなら、『ローナー』とか『スティルゴットザブルース』とか、同じ様な泣きの名曲がありますから、またやってみて欲しいですねぇ。

しかし、こうやって書いてみると、地理や歴史は全くダメだった私にしてはよくいろいろと覚えてるじゃないですか(笑)。今回、図らずも、そんなことに熱中していた青春時代を懐かしく思い出したわけですが、あの頃、30年後にこんな仕事をすることになるだなんて、これっぽっちも考えてなかったですけどねぇ・・・(汗)。


□□□ ブログを書くなんてことも考えてませんでした □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

楽しい内容でした(^^)

たけしさんの人となりが垣間見えて♪



↑この字は合ってるか不明です(^^;

  • 2014/02/27(木) 06:55:33 |
  • URL |
  • 大五郎SP #-
  • [ 編集 ]

そうなんだ~

すっごく久しぶりのコメントなんですけど、ゲイリームーアが出てきちゃったら、ギター歴40年のおやぢは黙ってられませんでした。
勝手に岳志さんは、フォークとかニューミュージック系の方だと思い込んでました(^_^;)
彼の泣きのギターはしびれますね~。
パリの散歩道は、個人的にはサンタナの「あの曲」より好きです!
ワインや焼酎にクラッシクを聴かせて熟成させるって話も聞きますが、
泣きのギターで熟成した鶴なんてどうですか? 
魂を震わせる鶴・・・・・(^^♪

  • 2014/02/27(木) 09:36:00 |
  • URL |
  • m9th #lK6g2U2Q
  • [ 編集 ]

拓郎ファン

岳志さんにロック好きの一面があったなんて初耳な気がします。(^^)
ボクの青春時代はフォークソングが全盛でした。
洋物はあまり興味が無くて、拓郎ファンでコンサートも聴きに行きましたよ。
あ、ディープ・パープルとかスージー・クアトロの曲も好きでした。(^^ゞ

ソチ・オリンピックでメダルを獲得した皆さんの活躍は凄かった!
でも、期待されながら、もう一歩でメダルに手が届かなかった選手の気持ちを、
分からないながらも思っちゃうんですよね。
メダルを取らせてあげたかった選手が多かった大会でした。

  • 2014/02/27(木) 12:32:27 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

でも

たった一人の跡継ぎなわけですから、家業を継ぐのは予定に入っていたのでは?
まぁ、純米ばかり、しかもメインアイテムが3種類しかない蔵になるとは思わなかったでしょうが(笑)

  • 2014/02/27(木) 15:56:16 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Midnight Blues

ピンチ、ピンチのtrouble waterの中良き伴侶の助けを借り無事難所を切り抜け、ホッと一息吐いているようで、We shall overcomeですね!
ブログで、ある評論家曰く、ロックギターリストの「人間国宝」と称された名が出るとは思いもよらず、杜氏と同じロック少年期を過ごした私も一言謂わずにはおられません。
私はスティーヴィーレイボーンをよく聴いていましたが。
オリンピックの競技の中でゲイリーの曲が流れているのを耳にし、直ぐ持っているCDのBlues Aliveを聞き直し、メロディアスで泣きのギターは日本人好み、真夜中一人で聴くにはもってこい。もし蔵の中でかけたなら鶴さんの醪も思わず聞く耳をたてるかも。We are the champion.の方がいいかもしれませんが。
以前,『スティルガットザブルース』
のライブをyoutubeで聴きましたが、
ピーターグリーンから1万5千ドルで買った同じレスポールスタンダードゴールドを使って弾いていても、年齢を重ねるにつれ、間合い、フレージングはより素晴らしくなり、『パリの散歩道』(作詞はフィルライノットでしたね)も同様ですが、熟成の極・妙です。手本、影響を受ける事が多くあっても、努力と自己信頼で自身の独自のスタイルを築き上げる様は見事だと思います。能登四天王もきっと同じように時間をかけ技を磨いていったのでしょう。杜氏の技もやはり芸術の域ですね。
さてもうゲイリーの様なギターリストは出てこないと思っていましたが、跡継ぎは必ず出てくるもので、Joe Bonamassa ジョーボナッマッサというのがいます。ゲイリーのMidnight
bluesやオーティスラッシュの曲 so
many roadsを演奏していてなかなかグッときます。youtubeに沢山アップされていますので、一度真夜中にてがすいたなら『Jailbreak(脱蔵、抜蔵でしょうか?)』の代わりに試聴してみて下さい。
当方、今年は未だ信濃鶴を味わっておらず、ようやく1本手に入れ近々飲もうと冷蔵庫にて大事に保管中です。鶴さんの隣は勿論亀さんです。
一杯やるときはRock me,babyでも聴きながら味わおうかと。
今回はかなりオタクのコメントで失礼します。昔の事をつい思い出しながら懐かしい思い出が数多く頭の中をよぎりました。お互い未だ未だこれからですから、頑張りましょうか!

Re: タイトルなし

このブログにしては珍し内容でしたかね(汗)。
ま、私にも青春時代があったっていうことで・・・(笑)。
高校時代からロックはよく聞きました。
いつしか洋楽にあこがれるようになってましたね。
英語だから歌詞がよく分からないのも良かったりして(笑)。

  • 2014/02/28(金) 00:29:49 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: そうなんだ~

ギター歴40年はスゴイですねぇ!
m9thっていうのもコードの呼び名からきてるってことなんですね。
ゲイリーの泣きのギターには本当に聞き惚れてました。
私もサンタナさんのあの名曲よりも断然回数を聞いてます(笑)。
もろみにエレキを聴かせるっていう話は知らないんですけど、やってみる価値はあるかな?

  • 2014/02/28(金) 00:34:32 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 拓郎ファン

あまりこんな話題ブログに載せたことはなかったですよね。
高校時代からは洋楽ロック一直線でした。
案外ダサい歌詞だったりしますが、よく分からないからいいんです(笑)。
オリンピックは悲喜こもごもってところで、どの選手にも感謝感謝じゃないですかね。
スポーツで人を感動させられるなんてスゲー事だと思います。

  • 2014/02/28(金) 00:37:40 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: でも

家業を継ぐ予定は十分に持ってましたね。
自分で造るとはこれっぽっちも考えてなかったんですけどね(笑)。
それに純米蔵にしようなんて知識もなかったですし。
造ることよりも、そういう蔵の方向転換の方が意外な展開なのかもしれません。
ま、それが成功だったかどうかは結論がまだまだ先なんでしょうけどね。

  • 2014/02/28(金) 00:40:26 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: Midnight Blues

そうそう、そういえばゲイリーは人間国宝だなんて言われてましたね(笑)。
でもあの泣きのギターにはそれだけの価値があると思うんですけどね。
ロンリーウルフさんはかなり洋楽にお詳しそうで、これだけ知識があれば楽しいでしょうね。
私もレイボーンやボナマッサもユーチューブで見たことがあります。
ご両人とも実に好みでしたから、今度また探して見てみよーっと!

  • 2014/02/28(金) 00:45:18 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2807-2d4a8023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad