専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

おまけピンチ

DSC_0227.jpg

もうそろそろその効力も薄れてくるはずですが、今回の大雪にまつわるピンチネタを書いていたらブログランキングがずっと1位だったもんだから、きっとこういうネタを読者は望んでいるんだろうと勝手に判断して、そんじゃ最後にもうひとつくらいおまけ記事を書いとこうと思っている今日の岳志です(笑)。

この話は事前に分かっていたことですからピンチでも何でもないんですけど、とにかく大雪にさえならなかったらこんな事にゃぁなってなかったっていうのも事実であって、恨み節の一言二言も一人ごちて、眠い目をこすりながら夜中に仕事をしましたから、今回のピンチの嵐の尻拭いではあるんです。

貴重な睡眠時間を削ってまでやった仕事・・・それは帳面仕事でした(汗)。以前ここにも書きましたが、お酒の製造及び販売には全て酒税が絡んできますから、酒税法によって様々な書類の記帳義務ってものがあるんです。詳しくは書きませんけど、結構な種類の帳面を正確に記帳しておくのは、杜氏さんの重要な仕事のうちのひとつなんですよね。

単純な例を上げると、お酒の移動に関してもしっかりと帳面に残して、どのように蔵の中のタンクを動いたかが分かるようにしておかなくっちゃなりません。仕込10号で搾れたお酒がタンク305号に入って、そのうちの500リッターを無濾過生原酒にビン詰めして、残りは火入れをしてタンク66号に貯蔵した・・・とかね。

ブログをご覧頂ければお分かりのように、この大雪騒動の最中には実にいろんな作業があって、その作業に伴う記帳業務も当然発生していたわけなんですけど、そんなことやってる余裕は全くなかったんですよね(涙)。ドタバタアタフタして一日が終わっちゃって、とにかく目の前のピンチをクリアするだけで手いっぱいでした。

ってぇことは、その分の帳面付けのやり残しがあるってわけで、いつになったらできるんだろうとずーっと気掛りだったんです(汗)。時間がある時にちょっとずつは進めてあったんだけど、こういうことは集中して一気にやっちゃわないと、やる気もそげるしミスも連発する羽目になるので、どこかで時間を作ろうとは思ってたんですよね。

何よりもマズイのは、そういう蔵内のお酒の所作について、時間が経てばだんだんと記憶が薄れて、「あれ、これどうだったんだっけ?」ってことが出てきちゃうことです。帳面は完璧につじつまが合ってないと最後に泣くのは結局自分ですから、いつまでもダラダラと放置しておくのは精神衛生上もよろしくないわけです。

で、やりましたよ、昨日の夜中にね(汗)。昼間はなかなか時間がとれませんから、眠くても何でも夜の方が能率が上がります。まぁ、かかった時間なんて2時間もなかったと思いますから、大した仕事じゃないんですけど、それでも夜中にブログ書くよりは大変でしたよ(笑)。でも、本当に清々して、ようやく大雪騒動が私の中で終わった気がしましたねぇ。


□□□ ピンチネタもうないかなぁ(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

記憶力

すぐにとか、その日のうちにやらなきゃいけないことを優先しちゃうから、
早くした方が良いのは分かっていても後回しにしちゃいがちですよね。
数値的なものは何かにメモで残しておいてるんでしょうが、
時間を置くと、そのメモの意味するところが分からなくなったりします。(汗)
あと10年もすると、数時間前のことだって思い出せなくなりますよ。
「あれ?何しにここに来たんだっけ?」とかね!(^^ゞ

  • 2014/02/26(水) 12:28:17 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 記憶力

後回しにできちゃう仕事ってやっかいですよね(笑)。
なんらかんら理由をつけて、その仕事をやらずにおいちゃいますもんね。
やらないでもしっかりと記録をとっておきさえすればいいんですけど・・・。
おっしゃるように、その記録の意味を思い出せなくなるから始末に負えません(汗)。
とにかく、その手の仕事はすぐに片付けるようにしてるんですけど、なかなかねぇ・・・。

  • 2014/02/26(水) 23:29:54 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2806-3c7228c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad