専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

火入れ

DSC_0222.jpg

ピンチの後にはチャンスが訪れるってのが人の世の相場ですが、どうやら今年の長生社はピンチの後にもまだピンチで、息つく間もなく次から次へと越えなくっちゃならないハードルが迫ってきます。あんまり忙しい日々が続くと精神衛生上よろしくないに決まってますから、いつ神様が休養を授けてくれるのか心待ちにしている岳志です。

『火入れ(ひいれ)』っていうのは、できたお酒を65℃くらいまで加熱して、お酒の中に生き残っている微生物を殺菌し、化学的変化を引き起こす酵素を失活させるための加熱処理のことを言いますが、この火入れをしていないものが『生酒』ってことになって、お酒の種類を大きく分けることになる工程でもあります。

その火入れ作業をする予定だったのが、2月15日のこと。そうです、朝起きたら全てが雪に埋もれていたあの大雪の日だったんです。あの日会社に出て来れたのが、社長と女房と社員1名と私だけで、もうそうなるといつものルーチンワークをこなすだけで手いっぱい以上になっちゃって、とても火入れをする余裕なんてありませんでした(汗)。

その後も雪かきに始まって、様々な苦難の日々(?)が続いて、火入れはそっちのけになってたんですよね。準備はほとんどできてたんですから、人さえ揃えばすぐに作業に取り掛かれたんですけど、その人がちゃんと揃わなかったんだから仕方ありません。人がいても、その他の仕事で忙しきゃ無理ですしね。

現在のお酒造りの現場においては、火入れはなるべく早く済ませるっていうのがトレンドになってるようです。それを徹底しているお蔵さんでは、お酒を搾ってから1週間以内に火入れを行ってタンクやビンに貯蔵してしまうんだとか。そこまでやるには、蔵の作業工程をかなり火入れに特化したパターンにしないといけないと思いますけどね。

長生社でも、そこまでスピーディーにできなくても、なるべく早くっていう意識を最近持っていて、できる限り迅速に火入れをしようとは心がけてるんです。ですから、今回の火入も早くできるように努力して準備してきたのに、雪のせいで延期になっちゃって、私とするとちょっとばっかし、イヤ、かなり面白くなかったわけです。

ですから、大雪騒動が落ち着いたらすぐさま取り掛かろうと思ってたんですけど、やっぱり今回の大雪はハンパない影響がそこらじゅうに出て、思うようにはいかなかったんですよね。まぁそれでも、5日遅れでできたんですから、まずまず頑張ったってもんでしょう。蔵のみんながしっかりと準備してくれてあったおかげです。

早い時期に火入れするのも、写真のように火入れされたお酒のタンクの上から水をかけて急冷するのも、お酒の品質を若く保つための工夫です。お酒造りは様々な工夫の集大成ではありますが、この手作り感満載の水かけ用のホースも、ローテク産業らしい微笑ましい工夫だと思いませんか(笑)。


□□□ 本当にピンチピンチピンチです □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

神様は乗り越えられない試練は与えませんよ!☆
「大丈夫」~神様がそう言ってます
安心してその試練に立ち向かってください(笑)

  • 2014/02/22(土) 10:53:45 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

なかなか!

この水かけ用ホースも自前の手作りなんですか?
ちょっと角度がまちまちだけど、上手い具合に水がタンクに掛かってるじゃないですか!(^^)

これまでに無い大雪で火入れの予定が狂って大変だったでしょうが、
自然には勝てないですもんね。

  • 2014/02/22(土) 13:39:02 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

乗り越えられない試練は与えられないんですか・・・。
じゃ、もうちょっと頑張ってみますかね(笑)。
乗り越えて初めて試練だったと言えるのかもしれません。
乗り越える努力をしなかったら単なるできない理由にしかなりませんもんね。
やっぱ、神様はいいこと言いますねぇ(笑)。

  • 2014/02/22(土) 23:39:22 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: なかなか!

このホースはたぶん自前じゃないと思います。
私が会社に入った頃にはもうあった代物です(汗)。
めったに使うもんじゃありませんから、長持ちするんですよね。
単純な構造ですが用途はしっかりと果たしてくれます。
蔵の中の物なんて、ほとんどが単純な物なんですけどね(笑)。

  • 2014/02/22(土) 23:41:38 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2802-e0abf2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad