専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

大ピンチ(つづき)

で、原料米と麹の種は辛うじて何とかなったものの、酵母だけが何ともならなかった・・・って言うか、どうなるか分からなかったわけです。いつも宅急便で送られてくるんですけど、山梨県が一番被害が大きかったみたいで、そこを通る長野県への配達はクロネコヤマトさんが受け付けてくれないと、酵母を配布している日本醸造協会さんから連絡が入ったんです。

それに、もし送れたとしても翌日配送が可能かどうか分からないですし、どこぞに紛れ込んで取りにも行けないなんていう事態も考えられるじゃないですか。もしかしたら、ちゃんと送られてくるかもしれないんだけど、それを待つのはリスクが大きくて、何となくこちらの仕込のリミットの日には間に合いそうもないっていう感じだったんですよね(汗)。

今回の酵母の何が問題かっていうと、完全なるナマモノだからです。長生社では『アンプル酵母』と『活性酵母』を使っていますが、アンプル酵母はよく注射で使う様なアンプルに酵母が封じ込められていて、ある程度の期間の保存に耐えますから、買い置くことが可能なんです。20本買って5本ずつ4回に分けて使ったりとかね。

ところが、活性酵母っていうのは、酵母を元気な状態に活性させてから使用日の直前に送付してもらう特別なタイプで、よく吟醸用なんかに用いられますが、今回はこの活性酵母を注文してあったもんだからイケマセン(汗)。アンプル酵母も持っていたわけじゃないし、とにかくその酵母を待つしかないっていう状況だったんですよね。

で、採用された方策が・・・東京まで取りに行くっていう最終手段でした(汗)。東京の王子にある醸造協会まで取りに行って持ち帰ってくれば、確実にその日の内に蔵に届くことになりますからね。一応、高速バスやら中央線が何とか開通した日でしたから、東京まで出て行くことは可能でした。

で、その仕事を押し付けられたのが・・・女房殿(笑)。東京の地理に詳しくて、もし交通事情で帰って来れないようなことになっても実家に泊まればいいし、困ったことがあっても何とかすることができるのは、私か女房くらいしかいません。朝の高速バスで行って、夕方の高速バスで帰ってくるっていう計画です。

問題なのは、中央道がどれくらい順調に走れるかってことでしたが、事前情報ではそれほど渋滞はしないようだったので、一番楽なバスを選択です。あと、醸造協会への道順は、私が前日の夜にグーグルマップで教えておきました。どうやら、行きも帰りもそれほど渋滞することもなく、ほぼ予定通りに走れたみたいです。

これから女房を迎えに行ってきます。まだ実際に酵母の現物は見てないんですけど、ようやくこれで気持ちが楽になりましたね。仕込期間中、予定通りに事を運ぶってことにこれほど難儀したこともそうそうなかったんじゃないかなぁ(汗)。女房にはお疲れ様でしたが、一日仕事しないでもよかったんですから、案外といい気晴らしになったかもしれませんな(笑)。


□□□ 皆さんの応援のおかげです □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

まさか

取りに行くとは思いませんでしたねぇ~

ちなみに、今日現在ヤマト運輸で発送できない長野の地域に駒ヶ根市がバッチリ入っています…
比較的こちら寄りの松本とかもダメなので、回復するまでにはしばらく掛かりそうですね(汗)


  • 2014/02/20(木) 12:07:21 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

最終手段

東京まで取りに出向くとは、確実ですけど思い切った決断でしたね。
それほどまでに無ければどうにもならない、
代用のきかないものだったって訳ですね。
奥様にしてみれば、思いがけない突発の出張で、
朝早くに出発して帰り着いたのが夜中でしょうから、
気晴らしどころか、お疲れになったことでしょう。
これぞ最終手段と言える解決策でした。

  • 2014/02/20(木) 12:29:30 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: まさか

取りに行くってうのは最終手段ですよね。
そこまでするのかどうか悩みましたけどね。
まぁ、行って大正解でした。
どっちにしても東京まで行かなきゃ間に合いませんでしたからね。
駒ヶ根からの発送はできるんだけど、東京からの発送はまだできないみたいですね。

  • 2014/02/21(金) 01:45:10 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 最終手段

最終手段を使わなくっちゃならないくらい逼迫してたっていうことです(汗)。
まぁ、行って正解でした。
どっちにしても普通じゃ対応できないんだから、最終手段が一番確実かな。
女房殿はそれほど遅くならずに帰ってきましたよ。
晩ご飯は外で調達しなくっちゃなりませんでしたけどね。

  • 2014/02/21(金) 01:47:58 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2800-7eb6fecb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad