専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

育成期間(つづき)

DSC_0201.jpg

本当は、続き記事なんかじゃないんである(汗)。とにかく、時間に追われているんである(涙)。でも、写真だけは昨日の写真のほぼ24時間後くらいに撮ったもので、昨日のものと比べていただければお分かりのように、泡の感じが全く違っているという、これだけは間違いなく続き物になっているんである(笑)。

いやー、写真だけが続き物でもどーしよーもないでんな(汗)。1日24時間は誰にでも平等に与えられているわけで、それをどのように使うかはその人の裁量なんでしょうけど、ほぼ埋まっている時間割の間に、何か別の仕事を入れようとすると、結局無理が生じて時間がショートするっていう羽目に陥るのは自明の理。

そんなこと言うと、自分の処理能力が劣っているのを自ら明かしているようなもんだし、「オメー、そんなに忙しいのかよ?」とか聞かれて改めて考えてみれば、きっとやりくりがヘタクソなだけっていうことは認めざるを得ないところですが、やりたいことを全部やろうと思わない方が身のためでしょうねぇ。

いつものルーチンワークのみが淡々と毎日続くなんていう職場はほとんどないでしょうね。製造工場のラインだって、組み立てる物が変わったり、整備の日があったり、誰かが急に休んだりっていう状況はあるんだと思います。もし本当に同じことだけ毎日やってたら、どんなに忍耐強い人だっておかしくなっちゃうんじゃないですかね。

蔵の仕事って、基本的には毎日同じことの繰り返しなんです。あまりお酒造りに詳しくない方の中には、お酒は冬になったらドカンと一発仕込んで、寒い時期にずっと発酵させて、春先になったら一気に搾ってお酒にするとお考えになっている人もおられますが、1年をかけて販売するお酒の量を一度に仕込むなんていうことは不可能なんですよね。

ですから、蔵の中には仕込タンクがたくさん並んでいて、その1本ずつの仕込みを毎日繰り返しているっていうイメージになります。つまり、麹を造って、もろみを仕込んで、お酒を搾るっていう仕事を毎日やっているっていうことになって、日々同じ仕事が繰り返されている、ある意味で単調な職場ではあるんですよね。

そうなると、一旦仕込のサイクルが始まっちゃえば、あとは何も考えずに最後までいけると考えがちですけど、やっぱりその中にルーチンワークとは違った特殊な仕事も当然入ってくるわけで、そんな場合には、いつもの仕事の合間を見つけてなんとかやりくりしなくっちゃならなくなります。

そんな時のために、特に杜氏役の私なんかは、一日の中でどこかに時間的余裕があった方が本当はいいんでしょう。でも、実際にはそんなことはできていなくって、ちょっと無理をするとブログを書く時間にしわ寄せがくるっていう理屈になって、今日の言い訳ブログはこれにて終了です(笑)。


□□□ 実のないことがどんどん書けるのも訓練の賜物(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

名(迷)ブロガー

昨日の写真と見比べると泡が治まった様子が良く分かりますから、
確かに続きブログです。(笑)
昨日はきっと、余裕の無いところに何か突発的な仕事が入ったしわ寄せで、
ブログネタを考える時間が無くなっちゃったんでしょうね。
その言い訳の説明で、こんなに長い記事にしちゃうんだから、
こりゃあもう、名ブロガーの域です。(^^)

  • 2014/02/14(金) 12:28:36 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

昔の

杜氏さんは要所要所の大事なときだけ現場に出て、あとは杜氏部屋にいるのが仕事みたいなところがあったらしいですね。
ましてや蔵元なんて、現場の仕事はしないワケで(売る方だったり、その土地の顔役で忙しいんでしょうけど)、岳志さんも少しぐらい体に空きがあるようにしたほうがいいんじゃないでしょうか?
会社の組織でも、社長とかエライ人は少しぐらい暇そうな方が、組織は上手く回るんですから、余裕は大事じゃないかと(笑)

  • 2014/02/14(金) 12:48:20 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 名(迷)ブロガー

泡の様子だけは面白いでしょ(笑)。
写真だけ続いても内容が続かなくて申し訳ありません(汗)。
なにせ、本当に綱渡りでやってるので余裕がありまへん(涙)。
でも、言い訳なんていくらでも書けるもんです。
現にこうやって1日分の記事にはなってます(笑)。

  • 2014/02/15(土) 01:57:37 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 昔の

私もそんな話は聞いたことがありますね。
蒸しの状態と、出麹と、搾ったお酒の味だけ見てれば良かったみたいなね。
そこまでにはなれないにしても、私ももう少し余裕がないとダメですね(汗)。
早いところ若手を育てなくっちゃと痛感しているところです。
でも、そう簡単にはいかないんですよねぇ(涙)。

  • 2014/02/15(土) 01:59:33 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2794-4d78f5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad