専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

吟醸週間(その1)

DSC_0135.jpg

ここ数日ドタバタしてましたし、実の無い記事を書いたりしてましたが(汗)、ま、ここで本格的に吟醸週間に突入ってことで、これからちょっとの間ですがブログを手抜きします・・・って、「これまでも手ぇ抜いてたじゃん」とかいう突っ込みは聞こえません聞こえません。あの辺の記事も、既にプレ吟醸週間だったっちゅうご理解でよろしくお願いします(笑)。

さて、今年も純米吟醸の仕込は1本だけです。それも、総米600キロ、つまり純米酒なんかの仕込の半分くらいの大きさしかないわけですから、本当にごく少量だけの生産なんですよね。各種コンテストに出品するためだけに造ってるんじゃないかって程度の量ですが、それなりに引き合いもありますから、張り切って造らせてもらってるんですけどね。

運良く全国新酒鑑評会で金賞なんか取っちゃうとサーッと売り切れ状態になったりもしますが、まぁそんな心配はせんでもよろしい(笑)。それでも、昨年造った吟醸は割に評判がいいようで、コンスタントに売れてくれましたね。一度そのお店で扱っていただけると、返り注文があることが多くて感謝感謝です。県の品評会で金賞をもらえたのが影響したのかもしれません。

スケジュール的には、月曜日に添(そえ)仕込、水曜日に仲(なか)仕込、木曜日に留(とめ)仕込となります。でもって、添え仕込のための麹は3日前から造り始めてますから、既に前の週の金曜日から取り掛かっていて、結局、金曜日から木曜日までの1週間が吟醸のための仕込期間ってことになります。もし2本仕込むんなら、もう2日ほど長くなるんですけどね。

吟醸仕込みの何が大変かって考えてみると、準備と麹造りと原料処理ってあたりになりますかね。その辺のお話は、この吟醸週間中の話題にしようと思いますが、こいつも毎年書いてるような内容なのでつまんないかも(汗)。余裕がないから、ちょっとヒネリを加えるなんていうこたぁできませんしね(笑)。

写真は、夜明け直前の月。満月だったのかな?とてもきれいだったので撮っておきましたが、よーくよーく目を凝らして見ると、月のすぐ下に我が社の重油タンクの影が見えます。その後ろには中央アルプスの山影。右下に赤く写ってるのは、その時ちょうど鳴っていた会社の目の前の踏切の遮断機(笑)。


□□□ さて、どんなシリーズになることやら □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

始まりましたか!

数日前の満月は、こちらでも明るく大きく綺麗に見えてました。
いつもよりも光が強く感じたのは、寒さで空気が澄んでるせいなのかな。
岳志さんの説明があったので写真を良く良く見直してみましたが、
月と遮断機の信号の他は真っ黒で何もわからず、(汗)
何度か見直して、重油タンクや山影がやっと薄ら見えてきました。
人間の目って慣れが必要だと改めて思いましたよ。(笑)

心血を注ぐ吟醸週間が既に始まってるんですね。
書かないだけかもしれませんが、
造りの期間に体調が悪いなんて聞いたことが無い気がします。
今期も気力も体調も万全で臨めてると信じていますよ!

  • 2014/01/19(日) 10:03:39 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 始まりましたか!

こういう写真も何らかの処理をすればハッキリとするのかもしれませんね。
フォトレタッチソフトとかで背景を明るくするとかできるんですかね(汗)。
目が慣れるまで見続けるっていうのも人間本来の能力を使っていいんですけど(笑)。
この時期に体調云々なんて言ってられませんね。
今年も楽しく(?)吟醸仕込してます(笑)。

  • 2014/01/20(月) 00:42:17 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2768-b16c8338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad