専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

分析データ

DSC_0129.jpg

私達酒造メーカーが加入する組合の、国内全体を統括する組織として『日本酒造組合中央会』っていうのがあるってことは、このブログでも何度もご紹介申し上げてますが、斜陽産業とは言えそれなりの規模の組合ですから、この中央会の行っている業務も非常に多岐に渡っていて、私達もその恩恵に与っているんです。

月に何度もメールが来て様々な情報を提供してくれますし、定期的に日本酒の販売統計なんかも送ってきてくれます。そんな中に、昨年の年末『平成25年産酒造用原料米の早期分析データの解析結果について』っていう、何とも長ったらしい名前のメールがあって、かなりボリュームのある添付ファイルが送られてきました。

まぁ、要するに、昨年産(平成25年度産)の酒造に供される原料米についていろいろ分析して考察を加えた報告書ってことですね。これは毎年発表されているもので、今現在の酒造りに生かせるデータもたくさん載っているものです。いろんなお米について様々に分析をしたデータがズラッと掲載されてました。

この分析を行ったのは中央会さんじゃなくって、『酒米研究会』なるみなさんです。この酒米研究会の位置付けやら中央会との関係については私は全く知らないんですけど、日本酒業界と深いかかわりのある昔からの研究会なんでしょう。酒米のプロ集団と言ってもいいかもしれません。

とにかくデータばっかりが羅列されていて目がチカチカしちゃうくらいなんですが、全部で60種類以上のお米の分析値が載ってました。同じ品種のお米でも、例えば同じ五百万石っていう酒米でも、福井県○○市産や新潟県△△市産なんていうふうに栽培地で区別されていて、それ毎に分析がしてありました。

我が美山錦を探してみたんですけど、ひとつも載ってませんでしたね(汗)。どういう基準で選ばれているのか分かりませんが、とにかくこれまで名前が出てきたことあったかどうか記憶にないくらいで、私としても酒造りの参考にさせてもらいたい思いはあるんですけど、残念なことに知りたい情報はありませんでした。

それでも、分析データの結果の解析のページを読んでみましたが、大雑把にまとめれば「25年産のお米については、これといった傾向はありませんよ」っていう結論みたいですね(笑)。酒造メーカーからの聞き取り調査みたいなこともしてあるんですけど、各お蔵さんでも言われることがいろいろで、「今年のお米は非常に溶けづらいです」的なハッキリとした傾向は読み取れなさそうです。

ま、正直を言えば、もう自社で仕込を行って何本かもろみも搾ったような段階ですから、今年の美山錦については大体の感触は分かってきてるんですよね。でも、やっぱり公的な機関で分析した客観的なデータって見てみたいんだけど、どういう手順を踏めば分析してもらえるのかなぁ・・・。


□□□ 2位安定になってきたかな □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

せっかく

送られてきても、美山錦のデータが無いんじゃ使いようが無いですよねぇ。
それにしても、山田錦・五百万石ときて、酒米としては3位の作付面積を誇るはずなんですが、なんでデータが無いのか…本当に謎ですね(汗)

酒米の分析については…たぶん酒ひろしさんが教えてくださるんじゃないかと(笑)

  • 2014/01/15(水) 12:13:58 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

何でだろ?

酒造組合としても、日本酒の質の向上や売り上げアップに役立ってこそ、
存在意義があるわけで、
一つのメーカーでは手が出ないところのフォローは欠かせませんよね。
で、折角の分析データに美山錦が無いってどういうことなんでしょ。
一番メジャーなのは山田錦なのは承知してますけど、
美山錦だって有名な酒米で良く目にしますから。
これは何ともうなずけませんよね。

  • 2014/01/15(水) 12:43:06 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: せっかく

美山錦のデータは欲しいところです。
もしかしたら私が見落としてる?・・・そんなことないと思いますけどね。
この分析へのエントリーは誰がしているのか分かりません(汗)。
でも、毎年美山錦は見かけないような気がするんですよね。
歴史的に、何か経緯があったりして(笑)。

  • 2014/01/16(木) 00:37:08 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 何でだろ?

どうして美山錦がないのか、今度どこかで聞いてみましょうかね。
何か意地悪してやってくんないなんてことはないでしょう(笑)。
もしもやってもらえるならその努力はしても損はないでしょうね。
私もこの報告書をしっかりと読んだことないから、詳しくは分からないことばかりです(汗)。
酒米研究会っていう存在もよく知らないんですよね・・・。

  • 2014/01/16(木) 00:40:19 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2764-01c51529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad