専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

初分析

DSC_0108.jpg

この年末年始の私のスペシャルミッションのうちのひとつが、もろみの成分分析ってぇヤツでした。通常業務の中では私がやることはないんですけど、人手が足りないこの時期だけしょーがなくやってます。かつては毎日やってたんですから手慣れたもんではあるんですけど、やっぱり年に何回かしかやらない仕事は不手際が散見されます(汗)。

長生社で毎日分析している項目は、『日本酒度』、『アルコール度数』、『酸度』の3つです。他の成分も測ったりはしますが、基本はこれだけですね。詳しくは書きませんが、日本酒度とアルコール度数は浮ひょうと呼ばれる測定用具を液体中に浮かせて、液面から飛び出た目盛部分の数値を読むんですけど、老眼が進んでくるとそういう細かいものが見えづらくなってくるんですよね、これが(涙)。

更に、アルコール度数の分析には蒸留っていう事前準備が必要で、その蒸留に時間かかるもんだから、分析するもろみの本数が多くなれば、パパッと分析してハイ終わりなんていうわけにはいかず結構な時間がかかります(汗)。これを、人手のない時にやらなくっちゃならないのはかなりの負担になるんですけど、もろみの状態を把握するための最も重要な仕事のうちのひとつですから手を抜くわけにゃーいきません。

元旦だけは分析をブッ飛ばしますが、その他の日はどうしてもやらなくっちゃならなくて、私も毎年何回かやることになります。やったらやったで楽しいんですけど、とてもあり得ない分析値になってやり直したりして余計な時間がかかることも・・・(汗)。そんなこと社員には言わずに黙っときますが、そろそろ蔵も本格始動が近づきつつありますから、私もこの仕事からは解放されてヤレヤレでしたとさ(笑)。

さて、今日で『初○○』シリーズは終了です。用意していたネタが尽きたっていうのもありますが、カレンダーを見れば、もう最初の月曜日は過ぎて世の中は仕事始めになってるじゃあーりませんか(汗)。いつまでもお正月気分が抜けないんでも困りますから、おめでたい今年の初物シリーズはここまでってことにしましょう。ま、きっと来年も同じようなこと書くんでしょうけどね(笑)。


□□□ 明日から長い文章に戻るの・・・かな? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

松の内

仕事が始まると一日のサイクルが平常に戻りますから、
既に正月気分も抜けて来ています。
7日までは松の内だから、初○○シリーズの切りもいいと思いましたが、
念のためにググってみたら、松の内はその土地によって一定してなくて、
7日までと15日までの地方があるみたいですよ。

分析は、酒造りの中では裏方の地味な作業に思えますが、
その地味な作業にスポットを当てたらネタになりませんかね。(^^)

  • 2014/01/07(火) 12:37:06 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

数字は

タンクの番号でしょうか?
酵母を混ぜて使わないとなると、酵母それぞれの違いが出そうですね。

アルコール度数を調べるのに蒸留するって知らなかったなぁ~
分析なんて飲む側にとってはあんまり関係ないので知らないことづくめですね。今度調べてみよっと(笑)

  • 2014/01/07(火) 12:52:53 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 松の内

まっちーさんもようやく現実復帰されましたか(笑)。
連休が長くなると、ボケるなっていう方が無理ですよねぇ。
松の内は伊那谷地方では何日までになるんだろ?
来年は松の内シリーズになったりして・・・(笑)。
分析もいろいろ書き出せばネタの宝庫なんですけど、チト内容が面倒くさいかなぁ(汗)。

  • 2014/01/07(火) 17:54:00 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 数字は

そうです、数字は仕込みの番号です。
長生社では奇数と偶数の仕込みを交互に分析してます。
全部を毎日やるのはかなりの作業になっちゃうんですよね(汗)。
そっかー、ZENさんもまっちーさんもあんまり分析についてはご存じないのかー。
面白くなりそうだったら、今度記事にしてみましょうかねぇ・・・。

  • 2014/01/07(火) 17:56:17 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2756-3a6fac83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad