専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

修学旅行

DSC_0030.jpg

先日、娘が修学旅行に行ってきました・・・と、書き始めてみたものの、ネタに行き詰ってのことですから、これから一体どーやって話をつなげていっていいものか分かりまへん(笑)。本当だったら蔵のことを記事にしなくっちゃならないんだけど、頭が空っぽだと案外プライベートな内容が思い浮かぶんですよねぇ・・・。

で、娘が修学旅行から帰ってきたんですけど、とても楽しめたようで、食卓でいくら話しても話し切れない様子でしたね(笑)。正に青春真っただ中の高校2年生ですが、学校行事をしっかりとエンジョイしてくれれば、多少勉強ができなくても親としては安心して見ていられる気がします。

とにかく『吹奏楽部命!』で学校に通っているようなもんですが、家で部活動以外の話題がこれだけ出てくるのも珍しいと言えば珍しいですね。もう私の言うことなんて耳も貸しませんが、それでも平均的な女の子と比べれば、男親との会話は豊富な方だと思います。父親のことが好き・・・ではないみたいですけどね(涙)。

行き先は長崎でした。原爆資料館での平和学習が中心に据えられていたようですが、それ以外は2泊3日の旅程のほとんどはクラス単位での行動で、行きたい所は自分達で決められたんだそうです。「どこに行った、ここに行った」と話してくれるんですが、テンポが早過ぎてついていけませんでした(笑)。

ちなみに、長崎までの交通手段は、名古屋までバスで出て、名古屋から飛行機で長崎へ。帰りは、新幹線で名古屋まで来て、そこからバスっていうことでした。学年を半分に分けて、行きと帰りで飛行機と新幹線を入れ替えるんだそうです。万が一の事故の時に、学年が丸ごと消失するのを防ぐ手立てでしょうか(笑)。

私の時代がどうだったのか覚えていませんが、お小遣いなるものを結構たくさん持っていったようでしたね。現地での自由行動の交通費やら昼食やらお土産代やらを全てそれでまかなうっていうことですから、そりゃある程度は持っていかないと足りなくなりそうです。我が愛娘は3万円持っていって、2万円を使い切って帰ってきましたよ。

まずまず平均的な使用量みたいですが、ホテル代や行き帰りの交通費を含めない、実質丸2日間で2万円っていうのは、高校生としては結構豪遊ですよね。いや、お父ちゃんだってそんなに使うことはありません。飲みに行けばガツンと使っちゃうこともありますが、それはソレ、仕事だもんね、仕事仕事(笑)。

私が密かに嬉しかったのは、娘が買ってきた家族へのお土産が、娘と女房と私の分が全て色違いの同じ物だったっていうことです。そこに一番予算を割いたみたいですが、私だけのけ者にされずに仲間に入れてもらえたことに、とりあえずホッとして、歓喜の涙と共に受け取らせていただきました。きっと、本当はお父ちゃんのことが好きに違いありません(笑)。


□□□ 娘のお土産にクリック一発! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

修学旅行

高校生の時は、やはり同じく九州に行きました。
私達の時は四泊五日で、長崎にも行きましたし、阿蘇山・高千穂・桜島etc...って感じで縦断コースでした。思えば豪華な旅行ですよねぇ。
とはいえ、泊まる部屋が

初日…3人1部屋
二日目…6人1部屋
三日目…10人1部屋

っていうように、宿泊する毎に待遇が加速度的に悪くなっていったのを今でも覚えています(笑)

  • 2013/11/26(火) 12:24:46 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

思い出

高校の修学旅行ったら、それは楽しいに決まってます!(^^)
ボクは札幌からでしたので、大阪、京都、奈良を回りました。
班行動で琵琶湖にも行きましたよ。
交通機関はJRとバスで、記憶に無いけど青函連絡船にも乗ったはず。
息子の高校の修学旅行先は韓国でした。
旅行中に財布を落として(すられた?)、ちょっと可哀相でしたが、
それなりに楽しんできてましたよ。

  • 2013/11/26(火) 12:33:33 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 修学旅行

四泊五日っていうのは大旅行ですねぇ(笑)。
都会の高校の修学旅行ってそういうもんなんですかね。
それだけあれば、九州縦断も可能でしょうね。
体調さえ崩さなきゃ楽しい旅行だったでしょう。
ま、部屋のランクが落ちていくのは予算の関係もあったかと(笑)。

  • 2013/11/28(木) 02:30:27 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 思い出

北海道からだと、どこへ行ってもかなりお金は使うでしょうね。
関西方面ぐるっと一周も北海道の高校生にとっては夢のコースだったでしょう。
今では海外の方が簡単に行けちゃうっていうことでしょうかね。
一番は交通費の関係でしょうけど、国際線の方が安かったりして・・・。
財布を落としたなんて、修学旅行の思い出としては最高の部類かと(笑)。

  • 2013/11/28(木) 02:33:26 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2714-009ef7fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad