専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

酒母室

DSC_0034.jpg

ちょっと前のブログで、お酒の仕込みのスターターとなる『酒母(しゅぼ)』を、気温の高いうちは大きな冷蔵庫の中で造るっていう説明をしましたが、いつまでもその冷蔵庫を使うわけにもいかなくて、そろそろ本来の仕込み場所の出番となってきました。上の写真が、長生社の蔵の2階にある酒母を造るための部屋、『酒母室』です。

本当だったら、冷蔵庫のようにいつも温度が一定に保てるような空間で仕込むと、温度管理がとてもやり易いんです。詳しくは書きませんが、酒母っていうのはある程度簡易的に造るとしても、その品温を冷ましたり温めたりどちらもしなくっちゃならない手間のかかる代物で、外気温に左右されない条件が望まれるんです。

ですから、ずーとその冷蔵庫が使えればいいんですけど、その冷蔵庫の一番の目的はもろみを搾るための機械を冷やすっていうことにあって、そろそろその機械の稼働準備を始めなくっちゃなりませんから、仕方なく酒母は外に追い出されて、本来の酒母室で仕込まれるっていう運びになるわけです。

それじゃ、酒母がうまく造れなくなるかっていうと、そんなことはもうなくて、外気温は十分に下がってきましたから、冷蔵庫内ほど安定的な管理はできなくてもいつも通りの仕込みはできます。要するに、気温が低くなるまでちょっと寒い場所を間借りしていたっていう感じですかね。

でも、簡単に「使い始めます」なんて言ってみても、このブログの読者ならもうお分かりのように、何もしないで使うなんてぇこたぁできないんです。そうです、掃除して消毒して、ようやく安全に使えるようになるわけで、やっぱり蔵で何かを始動させる前にはどうしても大掃除が必要になんですよね。

ご覧の通り、案外広い部屋なんですよね、これが。今の製造規模だったら、こんなに広い部屋は要らないんです。600リッター容量程度の小さなタンクが、いくら多くても3つ程度しか立ちませんからね。600リッターっていうと、具体的には直径・高さ共に1メートルくらいのタンクをご想像いただければいいかな。

無駄に広いとは言いませんが、その一部分だけを掃除するなんていうわけにはいきませんから、とにかくここも、天井・壁・床全てを雑巾がけします。ちょっと分かり難いかもしれませんが、高い天井を拭くために、ハシゴをいくつも持ってきて、そこに作業用の板を渡して仕事してます。落ちないように厳重注意ですな。

使い始めはもう少し先ですが、準備を進めておけば安心です。これで、お酒造りに関する準備作業的なものは搾りの工程以外は全て完了したことになりますね。そう言えば、私の身体もようやく蔵の仕事に順応して例年通りの動きに近くなってきましたかね。体重がそろそろ3キロくらい落ちてきましたから、これ以上痩せないようにしなくっちゃ!!!


□□□ だんだん寒くなってきましたね □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

輝いてますよ

光が当たってるからかも知れないけど、床も壁も天井も輝いて、
綺麗な様子が分かりますよ。
天井は両側に立てたハシゴに受け材を渡して、
それに作業台になる板を乗っけて拭くんだ~!
作業位置に合わせてハシゴを移動して板を乗っけて、
拭き終えたら、またハシゴを移動して...
これは根気の要る作業ですね。
造りの方も、そろそろエンジンが掛かってきた様子ですね!(^^)

  • 2013/11/22(金) 12:31:24 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 輝いてますよ

中に何も置いてないですし、なんだかとてもきれいに見えますよね(笑)。
この日は日当たりも良くて、よけいに清潔そうに写ったかもしれません。
天井を拭くっていうのは大変なんですよね(汗)。
フォークが入れるような場所ならいいんですけど、ここは2階ですしね。
毎年工夫しながら掃除してますよ。

  • 2013/11/22(金) 17:36:07 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

そうそう

酒蔵って、掃除に始まり掃除に終わるって感じがします。
岳志さんのところは、岳志さんご自身も蔵掃除や仕込みに入っているので、羨ましいですよ!
うちは、今年私と社員の2名で蔵掃除もしているので、11月から始めていても、まだまだ終わりません・・・(泣)。
掃除の合間に、瓶洗いや瓶詰めなんかも入ったりしますので、絶対的にマンパワー不足です(汗)

  • 2013/11/23(土) 08:55:42 |
  • URL |
  • 八代目蔵元 #KTxrylMU
  • [ 編集 ]

Re: そうそう

まだ八代目さんのお蔵では仕込は始まりませんか?
人手不足の中で蔵の掃除をするのが大変だってことはよーく分かりますよ。
心中お察し申し上げます(笑)。
加えてビン詰や配達なんかが割りこんでくると、掃除が完了できるのかすら心配になりますよね。
なんとかご主人を巻き込むしかないんじゃないですか(汗)。
くれぐれも身体を壊すことのないように、無理せずに仕事してくださいね!

  • 2013/11/23(土) 18:00:14 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2710-0af32c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad