専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

休日

20131021_102537.jpg

既にご存知の読者の方もおられると思いますが、長生社は会社としては基本的に週休2日で、でも土・日の2日間じゃなくって日・月っていう休日をいただいているんです。当然、造りが始まれば蔵ではあまり週休っていう感じじゃなくなるんですけど、それでも蔵に入る社員も交代で休みは取れるようにしています。

こんな風になっているのは、駒ケ根市の商店街のお休みが月曜日だからっていうのが一番の理由なんです。つまり市内の酒販店さんも月曜休みなわけで、月曜日には配達がないのに加えて週末の土曜日にはお酒の動きもありますから、それに合わせて日・月で休業させてもらっているんですよね。

酒造りの季節になれば私はずっと蔵にいることになりますが、その前にも休日っていうのはなくなってきて、ドエリャー忙しい状況でなくても何だかんだで出勤することになります。とは言え、それはこの時期に始まったことじゃなくって、特に今年は週末にいろいろ出かけることが多かったから、あんまり休みなんて取れないのは一年中同じなんですけどね(涙)。

だからって、「こんなに働いてるんだぜ!すげーだろー!」なんて人様に言えるような会社の業績じゃないもんだから、粛々とだまって仕事をしているわけですが(笑)、今年もそろそろそんな時期になって来て、「あー、もうこれで休みなんてなくなっちゃうんだなぁ」と、今日もひとり蔵の中で思ってるような次第。

それでも、もうそんな働き方はそう長くできないと自分で気づき始めているのも実際のところです。気力の衰えってあまり感じないんですけど、体力の衰えは日増しに強く実感しちゃってるもんだから、あんまり無理をしたらもう体が続かないのはどうしても認めなくっちゃならない事実でしょうね。「いつまでも若くない」なんて言葉を体感する歳になろうとはねぇ(涙)。

先日の結石騒ぎもそうですし、健康診断でもちょこちょことヤバい結果も出るようになってきてますから、体力の維持と健康管理っていうのが今期の造りにおける私個人の最大目標になるかもしれません。途中でお酒造りをストップさせるわけにはいきませんから、絶対に倒れられないっていう条件はクリアしなくっちゃなりません。

蔵に若手が入るようになったのは、そんな私にとっては朗報です。まだまだ実践的には全く使えない状態ではありますが、少しずつ仕事を覚えてその技術を鍛錬していってくれれば、数年後には私はとーっても楽になってくるはずです(笑)。いやー、今からその時が待ち遠しくて待ち遠しくて仕方ありません!!!

体力的な心配とは裏腹に、信濃鶴を造り出すことに関してはやる気満々と言うか、楽しみでウズウズしているのは例年同様(笑)。今年の重点ポイントも目星はつきましたし、もうちょっと麹室の準備が進めば、あとは米の入荷を待つばかりの状況です。そんじゃ、休日出勤の体に鞭打って、麹室の殺菌でもしてくっかな・・・。


□□□ 皆さんの応援クリックが元気の源です □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

変化

改めて考えると、岳志さんが仕事を完全にオフにできるのは、
夏休みのキャンプと、後は奥さんの実家に出かけるとき。
他に年に、ほんの数日しか無いと思えます。
これでは、もっと頑張れなんてとても言えなくなります。(笑)

蔵の新人を育てて行くには、これまでのやり方を押し付けるだけではダメで、
今の若者に合わせて行くことも必要かもしれませんね。
そのためにも今期は、岳志さんが如何に楽して良い酒を造るか!
その方法を考えて試行してみてはいかがでしょうか? (^^)

  • 2013/10/22(火) 12:25:26 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

人手

残念なことに廃業なさる蔵も多いですし、そういうところから「即戦力」を採用するってのは難しいんですかね?
まぁ、あんまりお歳でも困っちゃうでしょうから、そこが難しいのかもしれませんが…
理想的には、お嬢さんがイイ婿さんを見つけてくることでしょうか?(笑)

  • 2013/10/22(火) 12:40:11 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/10/22(火) 12:52:51 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

昔の杜氏さんはいかに?

南部杜氏と結婚した祖父の妹は 杜氏の世界だけ見ていたようで
実家に帰って来ると 杜氏へ嫁に行った話しよりも農家に行った話し
が多く 内心 騙されたと考えていたみたいでした。
農業も心身とも厳しい商売ですから大変なんでしょうね。
いつの時代も杜氏さんは苦労が多い!!!!連日の書き込み達成しました。毎日コメント入れている方も凄いですね。

  • 2013/10/22(火) 14:45:17 |
  • URL |
  • 泉山 #-
  • [ 編集 ]

Re: 変化

いえいえ、私だけがそんな特別な働き方をしてるわけじゃないでしょう。
仕事に対する情熱も費やしている時間も、まっちーさんと全く一緒だと思いますよ。
働き方がちょっと特殊だっていうだけで、世の社会人の皆さんと苦労は同じです。
新人教育に関しては私もそう経験は無いので、まっちーさんの助言も参考にしたいです。
あんまりこき使って新人が辞めちゃったら困りますしね(笑)。

  • 2013/10/22(火) 18:44:44 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 人手

案外即戦力になるような人って少ないんじゃないんですかね(汗)。
長生社は住み込みがありませんから、地元でっていう条件もありますしね。
そういう意味では長生社の若手は宝物なんでしょう。
じっくりと使い物になるように育てていきたいですね。
娘が婿をとるなんていう話は全然先の話ですし、何となく考えたくないし・・・。

  • 2013/10/22(火) 18:49:00 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 昔の杜氏さんはいかに?

ご親族に杜氏の家に嫁がれた方がいらっしゃったんですね!
泉山さんのお酒好きは家系からなんじゃないですか(笑)。
昔の出稼ぎ杜氏の家は基本的には農家ですから、農家の嫁っていう立場だったんでしょうね。
農家に嫁いだんじゃなかったのに・・・とか思われたのかな?
それから、ブログへのコメントは無理なさらないでくださいね(笑)。

  • 2013/10/22(火) 18:53:48 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2678-b60eae0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad