専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

マスタークラス(おまけ)

20130825_135346.jpg

佐野君の『駒ケ根高原音楽祭オペラマスタークラス』開催については昨日記事にしましたし、言いたいことも全て書いたつもりなんですけど、今ふと今日のブログを書こうとしたら頭の中に何もネタがないってことに気付きましたから(汗)、昨日の余勢をかって、写真も1枚違うのがあったし、なんとなく別立ての記事にしてみましょう(笑)。

写真は終了コンサートが始まる前のものですが、コンサート関係者の写真はかなり厳しく制限されていたのでこんな写真しかありません。でも、このでっかいホールの中でマイクも使わずにひとりだけの声が最後尾にいてもしっかりと聞こえるんだから、スゲー声量ですよねぇ。ピアノの伴奏だけで歌が成立するのも素晴らしいところ。

今回私がうれしかったのが、主たる目的とはちょっと違っちゃいますし、何の関連もない話なんですが、かつての中学時代の同窓生にたくさん会えたってことですね。佐野君にはしっかりとした事務所や後援会もあるんですけど、今回のこのマスターコース開催に当たってはかつての同級生や後輩たちが実行委員的に動いていたようでした。

まぁ、後援会長がかつての同級生ですから、人を集めていったらそうなったっていう部分もあるんでしょうけど、私としては地元で時々顔を合わす面々だとは言え、こうやってまとまって会うことなんてありませんから、その中に佐野君も入れた上で、なんとなくプチ同窓会的な雰囲気が楽しかったんです(笑)。

佐野君は中学時代から合唱部で、剣道部だった私はどういうわけだか合唱部に友人が多くて、そんなつながりもあってずっと彼とは知り合いだったんですけど、そういう連中と仲が良かったもんだから、彼らから音楽を教えてもらうことが多かったんですよね。音楽っていっても、俗に言う歌謡曲っていうかポップスっていうかのね。

それはテレビでよく見るアイドル的な人達じゃなくって、サザンとかユーミンとか甲斐バンドとか(古っ!)、当時としてはレコードを買わないと聞けないような音楽だったんです。ですから、佐野君やかつて合唱部だった同級生なんかと顔を合わせると、その人たちのデビュー曲なんかがどこかで懐かしく思い出されるような気がするんですよね。

教えてもらったとは言え、最初に聞いたサザンなんかどこがいいんだか理解に苦しみましたねぇ。メロディがノリノリなのはいいんだけど、なに歌ってんだか聞き取れないし、日本語として分かっても内容がチンプンカンプンだったんですよね。「『ひさしぶりならかまないであたりかまわず』ってどういう意味だ?」「ウーン、分からん???」みたいな(笑)。

そんな歌と一緒に思い出される佐野君ですが、大人になったら人気バンドを組んでたんじゃなくって、有名なオペラ歌手になって駒ケ根に帰ってきたわけで、同じ音楽ではありますが全く違う方向に歩んでいったことになります。今じゃもう大学でも教鞭をとる先生の域ですから、あの時には本当に想像すらできない成り行きですよね。

聞くところによると、来年も同じような構想はあるみたいですから、このマスターコースが駒ヶ根発の音楽祭に成長していけば、地元としてはこの上もない誇りでしょう。松本で開かれている『サイトウ記念フェス』みたいなことになればスゲーんですけど(笑)。ぜひぜひ佐野君には今後とも頑張ってほしいと、心から応援したいですね。


□□□ 今度は一緒に飲みたいなぁ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

駒ヶ根自慢

また一つ自慢できるものが駒ヶ根に増えたってことですよね。
それが同級生だって言うんだから、応援にも力が入るでしょ。
懐かしい顔が集う良いきっかけにもなって、
その輪の中では、鶴の存在だって大きいんじゃないですか!
この催しが、どう育っていくのか楽しみですね。(^^)

  • 2013/08/28(水) 12:36:59 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

外国では

野外音楽ステージでオペラをやって、見に来た人たちはノンビリ寝転がりながら見たりするイベントもあるらしいですね。
日本でも、もっとカジュアルに楽しめるものになれば、聞く人も増えるんじゃないかと思うんですよ。
そんなイベントを駒ヶ根でやったりしませんかね?(笑)

  • 2013/08/29(木) 05:40:59 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 駒ヶ根自慢

このイベントが駒ヶ根に根付いてくれれば駒ケ根自慢がもう一つ増えますね。
私の同窓生たちが頑張ってるっていうのもうれしいところです。
そういう意味では、今回はとても手作り感があったのかもしれません。
鶴はそこに少しだけ彩りを加えてるくらいですね(笑)。
私も応援団に入ったようなもんですから、来年も一生懸命応援しますよ。

  • 2013/08/29(木) 07:35:34 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 外国では

そんなふうに気軽にオペラが楽しめればいいでしょうね。
知らない人は少し肩に力が入っちゃいますからね。
私的にはお酒でも飲みながらゆったりと聴いてみたいもんです(笑)。
駒ケ根でやろうとすると野外ステージは家族旅行村かな?
そうねぇ、やったらできるかもしれませんねぇ・・・。

  • 2013/08/29(木) 07:37:49 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2623-c5bca0ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad