専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

搗精計画

20130822_134347.jpg

お盆が開けたと思ったら、まだまだ暑さも続いてるってぇのに、もうこんな申込書を書かなくっちゃならないんだもんねぇ・・・(涙)。これは、次期のお酒造りの計画書とも言える原料米の申込書です。『搗精委託申込書』って書いてありますが、つまりは県の原料米を一括して精米している酒造協同組合の工場へ委託数量を申し込むっていうことです。

『搗精(とうせい)』っていうのは聞き慣れない言葉かもしれませんが、『搗』っていうのはお米を『搗く(つく)』っていう時に使う漢字で、要するに精米するってことです。こんな字滅多に使わないと思うんですけど、精米工場の名前も『アルプス搗精工場』だし、長野県では伝統的に使われてるようですね。

昔はもうちょっと時期があってからこの申込書を書いたような覚えがあるんですけど、今じゃ8月の中旬くらいには提出しろって言われちゃいますから、メーカーサイドとすると寝ぼけ眼なのにケツを叩かれた様な気分であって、あまり実感のないままに慌てて計画を立てるっていうのが、多くのお蔵さんの共通認識なんじゃないですかね。

しかし、昨今の酒造用原料米確保の難しさは私達の想像を超えたものがあるらしくて、県の酒造協同組合でも苦慮しているようです。今回の申込書の添付書類にも『加工用米』、『山田錦』、『しらかば錦』に関しては前年同量は確保できない旨が書かれていました。これは、計画を立てる時には、大いに頭を悩ませるポイントになるでしょうね。

しらかば錦に関しては、扱いが準好適米っていうことですし、作付けも非常に少ないので大きな問題にならないかもしれませんが、山田錦なんかで量が減るっていうことになれば、大吟醸クラスでお使いのお蔵さんは多いですから、仕込本数を減らすか、1本のもろみで使う白米を少なくするしか手がなくなっちゃいますよね。

加工用米は、一般的には一番廉価なクラスのお酒に使われますが、それが足りないっていうことになればレギュラー酒と呼ばれるお酒のコストアップにもつながりますし、実際昨年は苦労なさったお蔵さんも多かったみたいです。今年も、既に作付けの段階から絶対量が不足することは分かっていたようで、価格がどこまで上昇するのか心配ですね。

そんな問題に対処するためにも、とにかく早めに酒造計画を立てなさいっていう御達しですから、お盆ボケの頭で私も一生懸命に大まかな計画を作りました。皆さんもよくご存知のように、信濃鶴は製品タイプが3つしかなくって、全部純米で、全部美山錦ですから、どのお蔵さんと比べても断トツに計画が立て易いはず(笑)。

とは言え、それでも色気を出しながらあれこれ悩むんですから、他のお蔵さんも言わずもがなでしょう。この申込書が出せるっていうことは、何をいつ仕込むのかも大体決まってるってことですから、少しは今年の造りの実像が見えてきて、私も本気モードのスイッチが入りかけてきました。でもでも、もうちょっとモラトリアムを楽しんでいたい気持ちの方が大きいですけどねぇ・・・。


□□□ お盆ポイントから徐々に復活してきました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

気候変化

何と読むのか?とネット検索して戻ったら、ちゃんと書いてありました。(^^ゞ
お米の収量や性質の変化は、地球規模で進む気候変化の影響を受けてますよね。
ボクは一昨日、昨日と連続でゲリラ的な豪雨と雷に襲われましたが、
こんな天気の急変や雨の降り方は北海道ではめったに無かったのに、
最近は頻繁です。
ま、両日とも諦めずに、しっかりと呑んでから帰宅しましたけどね。(^^)

  • 2013/08/26(月) 12:32:56 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

私の夏は

今朝、終わりました…
外の空気が明らかに涼しく、空が高くなっていて、明らかに夏とは違っていました。
夏が一番好きなので、寂しい限りです…

去年も、山田錦や加工米はどえらく不足したらしいですね。
これだけ減反をやったり農業人口が減ってしまってはしょうがないのかもしれませんが、お酒が作れないほどっていうのは、農業の危機なんじゃないかと思ったり…

それにしても、白樺錦ってそんなに作付面積が少なかったんですね。準酒米ってのは知りませんでした…

  • 2013/08/26(月) 14:26:25 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/08/26(月) 16:05:16 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

Re: 気候変化

こんな字はめったに使いませんからネット検索するのも無理からぬこと(笑)。
他の県でもこういう言い方をしている県はないんじゃないかなぁ(汗)。
長野県特有の伝統的な表現とか?
酷暑にしてもゲリラ豪雨にしても、これまでとはちょっと違った気候環境って感じです。
このまま変な方向に行っちゃわないことを望むばかりですが・・・。

  • 2013/08/27(火) 07:51:56 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 私の夏は

私の夏は今朝終わったって・・・エラク刹那的じゃないですか(笑)。
もう自分の中で終わった感じがしちゃったんですかね。
あと少しは残暑もあるでしょうから、その時にちょっと思い出すくらいかな。
酒造用の原料米に関しては今年も大変な取り合いになっちゃうかもしれませんね(汗)。
しらかば錦は伊那谷ではもう作付けが無くなっちゃったくらいのお米なんですよ。

  • 2013/08/27(火) 07:55:48 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2621-fe5d4886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad