専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

農業試験場

20130805_133154.jpg

お盆前の話になっちゃうんですけど、とても貴重な経験をさせていただいたのでレポートしておきますね。8月の初旬に『長野県酒米研究会』っていう勉強会が開かれたんですけど、今回の会場が長野県須坂市にある『長野県農業試験場』でした。県の農業試験場に入れてもらえる機会なんてそうはありませんし、興味津々で参加してきたんです。

なんで酒米研究会で農業試験場かっていうと、当然この試験場で新たな酒米の交配・育種が行われているからなんですけど、研究会として訪問させていただいた経緯については後述しますね。とにかく、長野県としてどのようにして従来のお米の品種を守っているのか、どのようにして新しい品種を作り出しているのかを勉強することができました。

この農業試験場で育てているお米は、極端なことを言えば、長野県で作付けされるお米の全ての元になるものなわけです。例えば食用のコシヒカリにしても、農家さんが自分で翌年のための玄米を確保しておくっていうことじゃなくて、あるルートに従って生産された種子を毎年受け取っている形になっていて、そのルートの頂点にあるのがここで作られたお米っていうことです。

つまり、ここから出される種子が求められている品種と遺伝子的に異なるものだとか、別の品種が混ざっているとか、どこかに欠陥があるようなものだと長野県全体が失敗をするって羽目になって、その責任は重大だっていうことになります。当たり前ですが、稲の生育はしっかりと管理されていて、圃場全体が網で覆われていましたね。

まずは、この試験場で厳密な管理の下で育てられたお米が『原々種』として出荷されます。それが『長野県原種センター』というところで、もう少し大きな面積で育種されて『原種』と呼ばれる元の種子になります。更にそれが『種子農家』という農家さんの手によって大きく作付けされて、ようやく『種子』ができます。その種子を使って翌年一般栽培にこぎつけるっていう流れだそうです。

要するに、この試験場を1年目と数えれば、ようやく4年目になって一般的に私達が目にする田んぼへの作付けになるっていうことで、原酒の形質をそのままに長年作り続けるってことがいかに大変なことか分かりますよね。世代を繰り返していくと、元の品種が持っていた特徴がなくなっていくことが多いので、育てたお米の一部を翌年の種子にするっていう栽培はしないんだそうです。

圃場の見学もさせていただきましたが、この日は天気が良くて暑いの暑くないのって、私達酒蔵の面々も汗だくで見学してました。そんな中でも試験場の職員の皆さんは、農家の方と同じように作業をなさっていて、こういう県職の仕事も大変だと思いましたね。・・・話はまだまだ明日に続きます。


□□□ 3位のソムリエ試験対策さんが迫ってきました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/08/22(木) 09:11:30 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

やりがい

農業試験場での新米開発なんて、
真面目に根気強く続けなきゃいけない仕事ですよね。
ボクには到底、無理そうです。(^^ゞ
でも、やりがいは大きな仕事ですよね!

  • 2013/08/22(木) 12:31:55 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

酵母も

酒造協会が原種を増やして配布してるんですよね。
酵母は変異が起きるから、厳密に言うと元々の株とは違うという話も聞きますが…

噂では菊○宗さんが7号酵母の元株を保管していて、それを使ったお酒ってすごくいいデキだとか。
一度そのお酒を飲んでみたいもんです(笑)

  • 2013/08/22(木) 12:38:18 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: やりがい

農業試験場の仕事は多岐に渡ります。
作物だって稲だけじゃありませんしね。
大勢の職員の方が働いていてビックリしましたよ。
と言っても県職なんですから優秀な方ばかりなんだと思います。
そういう人がやってくれているから安定した食糧調達ができてるんでしょうね。

  • 2013/08/22(木) 17:31:09 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 酵母も

そうですね、ちょっと酵母菌と似たところがあるかもしれません(笑)。
酵母菌も稲もきっと一番最初の株とはちょっとくらいは違うんじゃないですかね。
生き物ですからどこでどんな変異が起こっているか分かりません。
7号酵母の元株なんて面白いですよね。
本当だったら真澄さんが持ってなくっちゃいけないような気もしますが・・・。

  • 2013/08/22(木) 17:33:20 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2617-7646dc78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/22 09:13)

須坂市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • 2013/08/22(木) 09:13:09 |
  • ケノーベル エージェント

FC2Ad