専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

商品陳列

20130520_124413.jpg

駒ケ根市にあるY酒店さんから電話がかかってきました。以前このブログに書いた、ある酒販店さんについての問い合わせでした。その時にアップした店内の写真が、具体的にどうなっているのかお聞きになりたいようでしたね。火入れのお酒と生系のお酒をどう分けているかとか、店内への日当たりはどうなっているのかとか。

田舎の酒販店さんにあっては、商品の陳列の仕方はそうそう変わりませんね。店の大きさも、取り扱っている商品も、お客様の顔ぶれも大して違いませんし、徹底的に日本酒にこだわっているっていうようなお店もそうはありません。Y酒店さんは何か改革をしたいのかもしれないと(笑)、分かる範囲でなるべく丁寧にお話はしておいたんですけどね。

確かに、ここ数年、県外でいろんな酒販店さんの店舗を見せていただく機会が増えて、私もとても勉強させてもらってるわけですが、日本酒の陳列及び販売に関しては各お店で工夫されている点が多々あって、やり方も百店百様で面白いです。基本は、いかにいい状態でお酒を消費者にお届けするかっていう一点だと思うんですけどね。

一般的に言うレギュラーに近いお酒は火入れされてますから、冷蔵管理までは要求されずに、大抵が店内の常温状態に置かれています。夏場になれば冷房もかかるでしょうからそれ程悪い環境じゃありませんが、夜になって冷房が切られるとなると、1日の間で温度の変化がそれなりにあったりするかもしれませんね。

今は生酒系の商品が増えてきてますから、リーチイン、つまりガラス張りで中が見えて、店内側から開け閉めできる冷蔵庫は必須の時代です。店内のお酒はほとんどそのリーチインに入れて保管してあって、値段や酒質に関係なく低温で管理されている場合もありますが、それはかなりこだわりのお店ってことになりますかね。

もう一点気をつけなくっちゃならないのは光に関してです。日本酒は直射日光に当たると品質が劣化していきますから、それを遮るような工夫は必要でしょうし、気を使いだせば蛍光灯の紫外線も劣化の原因になりますから、それ用の蛍光管を使ったり、紫外線カットのフィルムを使っているお店も多いですね。

温度管理も徹底したいし、店頭での光にも気をつけたいとなると、店内にはダミーのビンだけ並べておいて、お客さんが商品を選んだら裏の冷蔵庫から一本ずつ出してくるようなお店や、写真のように、日本酒専用の冷蔵倉庫に直接お客さんが入るようになっているお店もあります。そういう酒販店さんはちょっといいお酒ばかりが並んでたりするんですけど、そこまですればお客さんの信頼感も高くなるでしょうね。

どうやらY酒店さんは東京から帰って来た娘さんに突き上げを食らって、これまでは考えもしなかったお店の改革にしぶしぶ手をつけておられるようです(笑)。お金だってかけられるわけじゃありませんし、これまでのやり方もありますから簡単には変えられない部分があるとしても、将来的に「駒ケ根にもこんなお店があるぞ!」なんてことになると面白いんですけどねぇ。


□□□ ほとんど変化のないランキングだす □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

電気代

ダミーの瓶を並べて、売り物は裏の冷蔵庫からなんて、
最近は行ったことが無いですけど、ビデオのレンタルショップみたいですね。(笑)
日本酒を本格的に扱う酒屋さんは冷蔵設備が必須ですし、
冷蔵室を備えるお店もありますね。
地下室が冷蔵の保管庫になっていて、
大量の日本酒を貯蔵しているのをテレビで見ましたが、
あの中でお酒を眺めるだけで幸せな気分に浸れそう♪
どれほど電気代がかかるのか心配になりますけどね。

  • 2013/07/13(土) 10:47:44 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 電気代

ビデオのレンタル屋さんって、そんなシステムになってるんですね(笑)。
大きな冷蔵室を持っている酒販店さんは、かなり力が入ってるっていう感じです。
電気代だって相当かかると思いますよ。
加えて、在庫量だって多くなりますから経営は大変だと思います。
そういういろんな意味で力が入った酒屋さんってことですかね(笑)。

  • 2013/07/13(土) 16:44:54 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

この写真は・・・

すごく見覚えのある店ですが・・・当県の酒屋かな・・・

  • 2013/07/15(月) 18:06:08 |
  • URL |
  • kida #-
  • [ 編集 ]

Re: この写真は・・・

ピンポン!正解です(笑)。
でも、よくこの写真だけから分かりますねぇ。
まぁ、あれだけの倉庫を持っているお店もそうはありませんけどね。
kidaさんもよく行かれるんでしょうか?
岐阜で鶴が舞い降りているのは2店のみです。

  • 2013/07/16(火) 07:44:05 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2576-4c0a67fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad