専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

囲む会(つづき)

20130608_121832.jpg

夏川草介さんを囲む会の会場となった『厨十兵衛』さんは、世の中にありそうで滅多にない日本酒しか飲めない居酒屋です。生ビールもあるにはあるようですが、お店の入り口には「日本酒しかないから、他のお酒が飲みたきゃ他所へ行きな」・・・っていう表現ではないものの、日本酒のお店だってことがハッキリと書かれています(笑)。

時として、その貼り紙を見落として入店されるお客さんもおられるようで、席に着いてから日本酒以外のお酒を注文しようとされる場合もあるようですが、ボディビルダーのようなマッチョなマスターに「ウチにゃ日本酒しかありません」とボソッと言われると、それ以上に反論してくるお客さんはいないんだとか(笑)。

あえて顔付写真をアップしておきますが、一升ビンの陰で分かりづらいものの、マスターの腕にいかに筋肉が付いているかがお分かりでしょうか。自らもおっしゃってましたが、入ってきたお客さんにもそれほど愛想よく接するわけでもなくって、初めてのお客さんはちょっとばっかしビビるかもしれません(笑)。でも、本当はすごく気さくで面白いマスターなんですよね。

この日取り揃えられていたお酒のテーマは、『神様のカルテに登場した日本酒』っていう、この小説を読んだことのある読者なら、いやが上にも興味を持たざるを得ないラインナップでした。今日のお酒はこれって感じでカウンターにドーンと並べて、あとは自分で飲みたいのを勝手にどんどんと飲みまくるっていうスタイルでした。マスターのお眼鏡にかなうお酒ばかりで、どれも美味しかったですねぇ。

夏川さんはとても信濃鶴のことを気に入ってくれているみたいで、私としてもとてもうれしかったです。私は十兵衛のマスターから、夏川さんの奥さんが鶴のことをお好きみたいだって聞いてたんですけど、「家で買う信濃鶴の95%は自分で飲みます」なんておっしゃってましたし、この日私が持ち込んだ鶴の純米大吟醸も非常に喜んで飲んでいただきました。

いつ救急患者が搬送されるか分からない、いつ入院患者が急変するか分からないっていう状況の病院に勤務するお医者さんは、私達の想像がつかないようなハードワークのようで、電話1本で大阪から夜通し車で飛んで帰って来たなんてこともあったそうです。この日だって、連絡が入ったらいつでも病院に行かなくっちゃならないっておっしゃってましたしね。

そういう苦しい日々を乗り越えるためにも、夏川さんにとってお酒はいい気付け薬になっているんだそうで、小説の中の主人公もそうですが、飲むことも居酒屋の雰囲気も大好きなご様子でした。「これまで何度も日本酒に苦しいところを救ってもらいました」なんて、医者として口にしていいのかどうか微妙な話も・・・(笑)。

夏川さんのご要望ってことで信濃鶴の杜氏としてお呼ばれしたわけですが、私ばっかり夏川さんとお話ししているわけにもいきませんから、あとは他の参加者の皆さんと楽しく飲ませていただきました。十兵衛さんの美味しい料理と、小説に登場したお酒をたらふく飲んで、結局昼の12時から夜の8時までお店に居座ってたんですけどね(汗)・・・で、まだまだ続きます。


□□□ 定位置は居心地がいい(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

大変な仕事

このラインナップを好きに呑めるなんて素敵です♪
話も弾んだでしょうけど、お昼から8時間も呑み続けたなんて...(笑)
で、ホテルにチェックインした後に、また呑みに出たんでしょ。
ボクならチェックインの段階でダウンです。(^^ゞ

お医者さんって、こんな時でも(お酒を呑んでても)、連絡があれば病院に行くんですか!
気持ちの休まる時が無いっていうか、想像の及ばない世界です。

  • 2013/06/16(日) 12:16:17 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 大変な仕事

別に神様のカルテを知らない人にとっても飲んでみたいラインナップでしょうね。
どれを飲んでもおいしかったですし、小説の話にも花が咲きました。
よくも飲んだりの8時間でしたけど、ゆっくりとやっていたので大丈夫でした(笑)。
お医者さんはいつでも病院に飛んでいくっていうのが宿命みたいですね。
担当の患者さんが急変すると大変みたいです(汗)。

  • 2013/06/16(日) 17:52:15 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

随分と前から

「『信濃鶴』の蔵にも寄ってみたい」とか「蔵元さんとお会いしてみたい」と仰っておられたので、今回は正に待望のイベントだったと思いますよ。

以前と較べると夏川さんのお住まいや職場が十兵衛さんから遠くなってしまったので、昔よりは訪問頻度が減っておられるようですが、彼にとって松本で「素で呑みを楽しめる」お店であることに変わりはないのだと思います。

それにしても、あのハードワークぶりは凄いですよね。軟弱なウチなど、医者の勤務なんて絶対に無理っす。
(いや、それ以前にそんなアタマも才能もないで、そんな想定自体が有り得ませんが(>_<))

  • 2013/06/20(木) 03:43:04 |
  • URL |
  • kuni@92の扉 #MAcqijD.
  • [ 編集 ]

Re: 随分と前から

夏川さんからのリクエストだって事は実に光栄でした。
本当はもっとたくさんの蔵元さんがおみえになるんだと思ってました(汗)。
蔵元として夏川さんを独占できてうれしかったですけどね(笑)。
十兵衛さんだからこそ、夏川さんも素でいられるんでしょう。
私もその素顔に触れられてとてもうれしかったです。

  • 2013/06/20(木) 07:53:13 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2548-393b4f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad