専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

製造年月

DSC_0043.jpg

お酒ばかりじゃなくって食品関係の商品を製造する会社にとって、常に頭に入れておかなくっちゃならない事項として、製造年月の管理があります。一般的な食品では『賞味期限』っていう表示の方が普通でしょうけど、お酒の場合には『製造年月』ってことになってます。我々業者には、必ずそれを記載しておかなくっちゃならない義務があるわけです。

私も詳しく分かってないんで申し訳ないんですが(汗)、その手の表示には食品衛生法やその他いろいろの法律が絡んでいると思うんですけど、お酒の場合には酒税法によって表示の義務が課されているんです。ちょっと奇異な感じがするかもしれませんが、賞味期限と製造年月の違いもそんなところから来ているのかもしれませんね。

そう言えば、数年前に清酒も賞味期限表示にするなんていう議論があったんですが、あの話はどーなったのかな?アルコール類に関しては、ビン詰め後も長期間に渡って保存しておく場合が多々ありますし、保存期間が長くなることで人体に有害になるっていう食品でもありませんから、賞味期限っていう表示は適切じゃないかもしれません。

ウイスキーなんて長く置けば置くほど価値が上がるような部分もありますし、ワインだってビンテージ云々なんていう話になれば素人には分かんなくなっちゃいます。日本酒だって『古酒』っていう分野が市民権を得ていますから、古くなると品質が落ちるっていうような性質の食品じゃないんですよね。

さて、その製造年月に最も敏感なのがスーパー系の店舗さんでしょう。メインの商材が生鮮食料品なわけで、その他の商品に関しても同じ感度での取り扱いになりますから、一般的な酒販店さんに比べれば断トツに意識が高いと言えます。でも、町の酒屋さんが意識が低いってわけじゃありませんから、誤解の無きようお願いしますね(笑)。

先日、長生社でもそういうお店からの指摘を受けて、製造年月の記載について多少の検討をしたんです。出荷時に既に製造後数ヶ月が経っているような状況にならないように、会社としてもこまめなビン詰めを心がけていて、普通の流れでいけばそれほど問題にはならないような状況ではあるんですけどね。

消費者の不利益にならないように法律が守ってくれているわけですし、そこは会社としてもしっかりと順守しているわけですから大丈夫だとは言え、商品の日付管理に関してより厳しい内規を定めている大手のスーパーさんもありますから、そこまで対応するためにはこちらとしても更に細かな配慮が必要になるんだなぁと勉強したような次第です。

まぁ、長生社の場合、製造年月の管理がしっかりとされているかどうかよりも、印字が読みにくいとか擦れちゃってるとかいう別の要因での問題の方が多いような気もしますが(笑)、消費者の皆さんに安心してお買い求めいただけるように、これからもしっかりとした対応を心がけようと思ってます。


□□□ レッテルの右下に製造年月が入ります □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

熟成

日本酒の製造年月日は、搾った日ではなく、瓶詰めした日になるんですかね。
スーパーやコンビニが製造年月日に神経質になるのは良く分かります。
酒屋さんなら対面での商売だから、熟成期間がどうのとか、
古酒の味わいとか、燗にしたら旨いなんて説明が聞けるから良いけど、
陳列されているものを買うだけなら、その価値が分かりませんからね。
最近は居酒屋の日本酒の品揃えが充実してきて、
店主や店員さんからも色々と教えてもらえるようになりましたね。

  • 2013/04/19(金) 12:37:32 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

たしか

それぞれのお蔵さんによって…というか、地域によってお酒の日付の入れ方が違うって話を聞いたことがあります。
確か、瓶詰め時の日付を入れるのと、蔵出しの日付を入れる2通りがあるんでしたよね?
長野とどこかは「瓶詰め時」が多くて、他は「蔵出し時」って聞いたような…

まずは業界として、どっちかに統一したほうがイイと思うのは私だけでしょうか?(笑)

  • 2013/04/19(金) 12:39:34 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 熟成

日本酒の製造年月はビン詰めした日付ですね。
タンクに貯蔵している期間はまだ商品っていう扱いじゃないわけです。
確かに製造年月はスーパーのお客さんには一種の商品説明になってるのかもしれませんね。
店員さんの説明がない限り、お客さんは自分で読むしかないですもんね。
そういった売り方の違いが町の小売店との決定的な違いなんでしょう。

  • 2013/04/19(金) 17:46:13 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: たしか

製造年月についてはいろいろ微妙な問題もありまして・・・(汗)。
それぞれに解釈の違いっていうことなんですけどね。
酒税法上での取り決めもあって、案外ややこしいんです(汗)。
その辺の統一見解を私も望むところなんですけど・・・。
消費者の皆さんに誤解を与えることが一番まずいですからね。

  • 2013/04/19(金) 17:49:19 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

突然のコメント失礼します。
ラベルって酒を買う上では重要なファクターの一つで
どんなに美味しい酒でもラベルがイマイチだと2割位購入意欲が薄れます。
日本酒って言えばやっぱり和酒な訳で、和柄とか雲母とか
和紙とか使ってバシッっとしたのが良いですねー
でもそんな部分ってコスト掛かりますから
最近はプリンターで印刷したみたいなのも多いですね。

おっと、製造年月の話ですね。
消費者側からみて商品管理がきっちり出来ている店で買うなら
多少製造年月が古くても気にはならないんですけど・・・
蔵内で熟成させて出荷する場合もあるし、
詰めた日を製造年月と呼ぶかとか色々ありますしね。

  • 2013/04/20(土) 10:08:21 |
  • URL |
  • rit@wakiaka #q1cvaNjE
  • [ 編集 ]

※注
長生社の場合、製造年月日は重要です。
なぜなら古いほうが旨い時があるからですw

  • 2013/04/20(土) 13:41:12 |
  • URL |
  • えっちゃん #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ritさん、はじめまして・・・かな?
ラベルが購買意欲の重要なファクターだっていうのは確かな話でしょうね。
私だって、他の商品を買う時には見た目も重視しますもんね。
ま、鶴のラベルもそんなにお金はかかってませんから、あまり大きなことは言えません(汗)。
デザイン的にはそれなりに気に入ってるんですけどね(笑)。
製造年月の話は、蔵内で熟成とかいう状況になると面倒なんですよ、これが(汗)。

  • 2013/04/20(土) 17:47:44 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

信濃鶴は製造年月にかかわりなく美味しいです(笑)。
古いものには古いものの良さがあるってことでしょう。
日本酒の場合には古酒的な香りがお好みでないと苦しいですが・・・。
鶴だってどっちになるか分かりません(汗)。
熟成がどっちへ転ぶか分かんないんですよね。

  • 2013/04/20(土) 17:55:21 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2489-d18655dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad