専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

曾爺さんの教え(その4)

20130209_151247.jpg

「『鶏口牛後』繰り返してみろ」・・・「ケイコウギュウゴ?」・・・曾爺さんに教わったことを今だに思い出す熟語ですね。いつ頃のことだったか忘れましたが、そんな言葉を理解できる年齢じゃなかったことは確かです。私がまだ子供かどうかなんて、曾爺さんの頭の中ではあまり障害になるポイントじゃなかったみたいですね(笑)。

「鶏口というのは鶏のくちばしのこと。牛後というのは、牛の後ろと書いて尻尾の方のことだ。『鶏口牛後』とは、『鶏口となるも牛後となるなかれ』という意味。どういうことを言いたいのか分かるか?鶏のくちばしにはなっても、牛のしっぽにはなっちゃならんということはどういうことだ?」

そんなこと、ご幼少のみぎりの私に分かるわけはないんですけど、あえて禅問答みたいなことを言い出すことがありましたね。年齢で言えば70歳くらい離れているわけで、可愛くてしょうがない曾孫をいたぶって遊んでいたのか、それともしっかり説教すべく予めシナリオみたいなものを作ってあったのかもしれません。

「これはな、大きな組織の中でみんなに引っ張られて後ろの方にいるよりも、小さな集まりでも先頭に立って仕事をした方がやりがいがあるっていうことだ。当然、一番前にいれば大変なことも降りかかってくるかもしれないが、自分で行き先を決めて思い通りに進むこともできるんだぞ」

「長生社は小さな会社だが、大きな会社の中で歯車のようになって働くよりも、自分の意思で、人のためになるような仕事を考えながら、経営していくということは素晴らしいことだ。長生社に限らず、地元の小さな会社の社長達も頑張っているのは、その素晴らしさを知っているからだ。みんなそうやって会社を守ってきたし、ワシもそうしてきた」・・・と。

素直な私は、「あぁ、ボクもそのうちにチョウセイシャっていう会社をケイエイすることになるんだなぁ」と思い込んだに違いありません(笑)。今だったら、ナンセンスな押し付けっていうとらえ方にもなるかもしれませんが、曾爺さんの教えは天の声に近い物がありましたから、それがいいか悪いかは別として、大いなる刷り込みになったのは確かでしょうね。

この『鶏口牛後』っていう言葉にはいろんな亜種があるようで、『鶏頭牛尾』とか、『鶏口鳳尾』なんていうのを見たことがあります。でも、『鶏口牛後』が正しいみたいですね。雰囲気から言って、中国の故事から来ているんでしょうけど、昔の人はそういうことに詳しかったですよねぇ(笑)。

今の私が、曾爺さんの思惑通りになっているのかどうかは分かりませんが、親の代からじゃない、隔世世代からの次世代への伝承っていうことも大いに意味のあることだと思います。私の場合、この曾爺さんがいたからそう思うんですけど、核家族化でそういう流れが途切れてしまっている現代は、親や学校からだけでは伝えられない何かが喪失しつつあるのかもしれません。


□□□ 写真は今度壊す蔵の扉 □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

難しい

言葉を使っていますね。
その言葉をわかりやすく説明していますな(^^;
自分には理解できんけど。

なんにしても自分の進みたい道を進むのが良いですね!

で・・・・USTREAMは見た?

  • 2013/02/23(土) 00:57:19 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

秋葉神社の御札

日本一の火伏せの神秋葉神社の御札いいですね。神主は天竜JCのOBですが浜松市との合併の影響で解散してしまいました。昨年から一部の天竜JCOBが磐田シニアクラブに入会しましたが時代の流れとはいうものの淋しい限りです。でっ秋葉神社は大火災に見舞われたと言う悲しい過去もあります。

以心伝心

経営哲学を学ぶ立場に無かったってことで、全く知らない言葉です。(^^ゞ
意識するかどうかは別として、岳志さんの中に曾お爺さんの教えが
息づいているんだと思いますよ。
石頭の血と一緒にね!(笑)

我が家は親から子に何を伝えただろうか...
言って聞かせるようなことは何もしなかった気がします。
ま、以心伝心ってヤツで...(^^ゞ

  • 2013/02/23(土) 09:22:59 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

曾おじいさん

いいお話ですね。
ほんの30年ほど前の日本には、曾お爺さんのような知識人がおられて、それをしかるべき人間に伝えておられたという、類似の話を聞いたことがあります。
正座の足をもじもじさせながらそのお話を聞いておられた岳志さんの、幼いころの姿が目に浮かぶようです。
曾お爺さんの教えをきっちりと守られて、今は鶴頭というところでしょうか(笑い)

Re: 難しい

そんなに難しい言葉でもありませんよ(笑)。
年寄りが子供に諭す様子を書いてみました。
その時には分からなくても、後でいつか理解できるんだと思います。
USTREAMはバンダナさんのブログから飛んでみました・・・。
しかし、時間が長過ぎちゃって全部見られないんですよ(涙)。

  • 2013/02/24(日) 01:14:11 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 秋葉神社の御札

確かによく見ると秋葉神社のお札がありますよね。
天竜JCなんていう名前のJCがあったんですねぇ・・・。
私の感覚で言うと、天竜JCイコール磐田JCなんですけど(笑)。
位置的にお隣くらいの感じだったんでしょうかね。
JCも徐々に縮小気味ですよねぇ(汗)。

  • 2013/02/24(日) 01:17:01 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 以心伝心

教科書に出てくるような熟語じゃありませんよね、これ(汗)。
ちょっと古い人間じゃないと知らないし、使わないような言葉でしょう。
それも今となってはほとんど誰も知らなかったりしてね(笑)。
でも、気を付けて見ているといろんな場所に書いてあったりしますよ。
私も自分の娘にはこういうことは何も伝えてないんですよねぇ・・・。

  • 2013/02/24(日) 01:19:25 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 曾おじいさん

そうそう、30~40年くらい前の話っていうことになりますよね。
その時代にはまだ隔世の伝承っていうことが生きていたんだと思います。
年寄りもそのつもりで孫たちに何かを伝えようと努力してたんじゃないですかね。
孫を正座させて言い聞かせるんだから、年寄りだって適当なことは言えないでしょう。
その伝承が上手くいくと、鶴頭になると・・・(笑)。

  • 2013/02/24(日) 01:22:30 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2431-5584857a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad