専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

吟仕込(おまけ2)

20130127_071305.jpg

吟醸ウィーク中にいつもと違った人と顔を合わせれば、即座に忘れ去るか、とても記憶に残るかのいずれかでしょうね。本当は、昨日一日分の記事で、記憶に残った人の全員分を書こうと思ったんですけど、何となくダラダラと書いてしまったので、今日はその二人目の方のことを書きましょう。「俺のことはブログに書くな」といつも言われてますが、書いちゃいます(笑)。

その人はN先生。まぁ、酒造業界では知る人ぞ知る先生ですな。歯に衣着せぬ物言いで、日本中の蔵の人間をこき下ろすので有名です(笑)。このブログにも何回か登場していただいてますが、今回は吟醸仕込期間中の巡回指導っていうことで、長生社の蔵にも来ていただいたような次第です。

伊那の酒造協会っていう組織があって、伊那谷の8蔵が加盟しているんですけど、その協会で酒造りの勉強会を実施しています。勉強会の先生を例年どなたかにお願いしているんですけど、2年ほど前からそれをN先生にご依頼申し上げていて、例のごとくの厳しい口調でご指導をいただいているんです。

ですから、「なんで吟醸仕込の忙しい時に?」なんていう話じゃなくって、吟醸仕込の時だからこそ来ていただいて、各蔵の現場の様子を見ていただくという、この時じゃなきゃ意味がない訪問っていうことになります。先生は、元々この業界を指導する立場の方でしたから、私達としても、自分の蔵の中で講義を受けられるっていうことは、実に有り難いことと言えるでしょうね。

具体的なやり取りについては専門的になりますから省きますが、この日のためにいくつか質問したい点を用意してありましたから、それについて答えていただくっていうパターンが多かったですかね。吟醸仕込の直後でしたから、頭がかなりそっちの方面にシフトしていて、ちょっと突っ込んでいろいろとお聞きしました。

「お前は、俺の言うこと、どうせ聞かねーだろ」とか言いながらも、これまでの経験の中からあれこれ教えていただいて、今後の酒造りにどう生かそうかワクワクしているところです。ちょっとしたことで麹やもろみに面白い変化が出てきたりすることだってありますから、いい酒造りに一歩近づけるかもしれません。

来社いただいた日の夜に、先生をお招きして情報交換会と言う名の飲み会(?)を開いたんです。私は蔵の仕事があって欠席でしたが、たまたま、蔵の中で仕事をしていた女房を見かけた先生は、「岳志はブログで奥さんのことを鬼嫁のように書いてるけど、本当は優しそうな人だったって協会のみんなに伝えとくわ」と、訳の分からんことをおっしゃって、長生社を後にされました(笑)。


□□□ 写真のつららが分かるかな? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

奥様

このN先生も、岳志さんのブログを良くお読みのようですね。
ま、先生に言われるまでもなく、岳志さんの奥様が優しい方だってのは、
このブログを読んでるだけで分かりますけどね!(^^ゞ

クリックして写真を大きくしてみたら、つららだって分かりました。(笑)
こんなのつららのうちに入りませんよ!と言いたいところだけど、
北海道も無落雪屋根の住宅が増えてきて、大きなつららを目にするのが少なくなりました。

  • 2013/01/28(月) 12:25:00 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 奥様

私の女房が優しいかどうか・・・うーむ(汗)。
多くの方がそうおっしゃいますから、間違いでもないんでしょうけど・・・うーむ(汗汗汗)。
ま、どこの夫婦も同じようなもんだってことでしょう(笑)。
この写真のつららはひとつひとつは大したことないんですけど、並んだ様が凄いと(笑)。
あんまりこんなふうになったのを見たことがないんですよねぇ。

  • 2013/01/29(火) 01:12:15 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

今年もN先生の巡回指導時期になりましたね。我が社には30日の予定です。
我が社でも、お決まりの「どうせ、俺の言うこと聞かないだろ」と毒舌を吐きながら杜氏の良きアドバイザーになって頂いております。
うちも大吟仕込みの最中ですが、皆造を迎え一段落したら 久々に駒ヶ根に御邪魔して、ソースカツ丼と蕎麦を食べにいきます。

  • 2013/01/29(火) 08:44:13 |
  • URL |
  • 髭おやじ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

N先生はそこらじゅうで引っ張りだこですね(笑)。
髭おやじさんのお蔵でも協会単位か何かで依頼してるのかな?
ああいうタイプの先生は少ないですから、とても貴重な存在ですよね。
駒ヶ根に遊びにいらっしゃるなら大歓迎しまっせ!
ソースカツ丼と蕎麦とを一緒に食べるのはチト無理がありますが・・・

  • 2013/01/30(水) 00:20:06 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2404-ba197f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad