専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ジョウビタキ

20121107_230939.jpg

ジョウビタキ(尉鶲)・・・スズメ目ツグミ科(ヒタキ科)に分類される、日本では冬によく見られる渡り鳥。翼に白い斑。雄は胸から腹が橙色。全長:15cm。根雪のない地域に飛来。林の周辺、河川敷、市街地の空き地など、やや開けた環境を好み、1羽でいる。時々ピョコンとおじぎをして尾を震わせる。澄んだ声でヒッヒッ、時にカッカッと低く鳴く。その声が火打石を打つ音に似ているためヒタキと呼ばれるようになった・・・

おかしな事件が起こりました。蔵の脇のいつもの場所に停めてある私の車のサイドミラーあたりが鳥の糞だらけになって汚れてたんです。気が付いてから一週間くらい放っておいたら、そりゃもうひどい状況で、今までこんなこと一度もなかったのに、「一体オレが何悪いことしたって言うんだ?」と鳥に聞いてみたいくらいでしたよ(汗)。

私の車が一番ひどかったと思いますが、その近くに停めてある社長の車も、女房の車も、蔵人の車も全て、多少なりとも被害を被ってました。私もいい加減あきらめて、車を洗ったんですけど、こびり付いた鳥の糞ってなかなか取れませんし、取れたと思っても何かシミみたいになって完全にきれいになりませんからとても厄介です(涙)。

犯人が鳥だっていうことは分かってましたけど、そいつがどんなヤツなのか最初は全く分からなかったんです。ところがある朝、私はしっかりと目撃しました。スズメよりもひと回りスマートな感じの小鳥が、車のサイドミラーの周りを飛び回って、その辺に体当たりしながら糞を撒き散らしているのをね。

その鳥を見て、私は「あっ、アイツだ!」と思ったんです。しばらく前から蔵のそばに出没していて、これまで見たことはなかったし、とてもきれいで、鳴き声も特徴があったもんだから気にはなってたんですよね。正にそいつが犯人だったとは、これまでにない訪問者を喜んでいたのに、実はこんな曲者だったとは思いもしませんでした。

ググってみると、越冬のためにシベリアあたりから飛んでくるこの鳥は、見た目によらずかなり攻撃的な習性があるらしくて、縄張り意識の強さゆえにそこに入って来る鳥を追い出そうとするんだそうです。たとえ、それが鏡に映った自分の姿であったとしても、懸命な威嚇行動に出るんでしょうね。でも、糞を撒き散らかさんでもいいだろー、糞をー(笑)。

そんな情報はなくても、とにかくその姿を見て、ミラーに映っている自分の姿に反応しているんだろうっていうことはすぐに分かりましたから、ミラーに布をかぶせたところ、途端に被害は無くなったんですよね。サイドミラーがスイッチひとつで倒せるんならいいんですけど、私の車はその機能が壊れてて使えないんです(涙)。

なぜ今年初めてそんな鳥が蔵にいついたのか、思うところが無いわけじゃありません。蔵のわきにある竹藪を今年の夏にかなり間引いてきれいにしたんですけど、その後に小さな竹がニョキニョキ生えて来て、これまで以上にブッシュブッシュした状態になっちゃったんです(汗)。どうやら、そんなところを住みかにするのが、この鳥は好きなんじゃないんですかね。そして、その縄張りのそばに停めてある車のミラーは全て被害を受けたと。

いろいろ観察してみると、野鳥も面白いは面白いですね。もう、ジョウビタキだけは、姿を見ても、鳴き声を聞くだけでもハッキリと認識できます。生まれてこのかた、こんなにも鳥について興味を持ったことはありませんし、日本野鳥の会の会員の皆さんの気持ちが、多少なりとも理解できたかもしれません(笑)。


□□□ 鶲(ヒタキ)なんていう漢字、ちゃんと表示されてる? □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

この字はこの時しか使わないでしょうね…
というか、漢字があった事自体ビックリです(笑)

ヒタキ科の仲間は小さくてムクムクしてて可愛いですよね。
コッチの方じゃお目にかからないので、いちどマジマジと見てみたいもんです。

こんなに小さいナリをして、攻撃的っていうのは意外でしたね。
それでいて人間への警戒心は弱いらしいですよ。
試しに餌付けしてみては?(笑)

  • 2012/11/09(金) 07:29:58 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

成程~~~
鏡に映った自分に威嚇行動ですか(驚)
水中でも多々威嚇行動を目にしますし
実際攻撃されます(爆)
活きる為の縄張り行動ですから
生死にかかわる位の勢いが有るんですよね~
生命力って感じ~

  • 2012/11/09(金) 09:43:09 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

鳥頭

小さいけど、気の強い鳥なんですね。
鏡に映る自分の姿に攻撃を仕掛けるって漫画みたいだけど、
鳥って学習能力が無いのかな?
そういえば、鳥頭って言うよね。すぐに忘れちゃうのかな...。
カラスのようにずる賢い鳥もいるけどね!

  • 2012/11/09(金) 12:27:48 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

こんな字があるんですね

翁に鳥と書くんですか。難読文字ですね。読めないな・・・
しかし良く窓ガラスにぶつかる鳥はいるけれどガラスに映った鳥を敵とみなすのは初めて聞きました。

  • 2012/11/09(金) 17:35:53 |
  • URL |
  • kida #-
  • [ 編集 ]

可愛いっすね~[i:63892]

うちも田舎なもんで小鳥はけっこういます、で 鳥の特徴とか見ようと凝視するんだけど動きが小刻みで素早いもんだから解んないまま飛んでいってオシマイです^^;





ところで、やっと信濃鶴を呑みました!

栓をきってぐい飲みにそそぐとフルーティな薫り

口に含むと おぉ~力強いではありませんか!

価格も安かったから正直どんな感じだろ…と思ってましたがね(笑)

呑むほどに思ったのは、この酒寝かしたらどんな風に化けるんだろ?

と、特別純米酒を買わずに来た後悔です(>_<)


あぁ…

  • 2012/11/09(金) 23:52:22 |
  • URL |
  • 大五郎SP #-
  • [ 編集 ]

Re: 鶲

こんな字はパソコンで表示するにはドット数的にいって無理があります(笑)。
ほとんど使いもしないような字が用意されてるっていうのもビックリです。
確かに見た目はとてもかわいいし、きれいなんですよ。
糞さえまき散らかさなきゃ餌付けしてみてもいいんですけどねぇ(汗)。

  • 2012/11/10(土) 01:40:41 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

それが自分だっていうことには気がつかないんでしょうねぇ(笑)。
隠れて見ていると、飽きもせずに攻撃を続けてますよ。
海の中の生物も楽しい生態を持ってるでしょうね。
あっちから見れば、人間の生態の方がよほどおかしいものでしょうけど・・・。

  • 2012/11/10(土) 01:42:45 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 鳥頭

気が強く、警戒心が強く、縄張り意識が強い鳥みたいです。
どの車のミラーにも突進していくんですから、学習能力は無いと言っていいんでしょう。
でも、あんなこと続けていれば自分が傷つくような気がするんですけどねぇ(汗)。
どのくらい続けたら飽きるのか、今度観察してみましょう(笑)。

  • 2012/11/10(土) 01:45:20 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: こんな字があるんですね

こんな字読める人いないでしょうね(汗)。
漢字検定の上級者とかになると読めるのかな?
いずれにしても人生でお目にかからない人もいる字でしょうね(笑)。
この鳥はピカピカしたガラスにも突進していくなんてネットに出てましたよ。

  • 2012/11/10(土) 01:47:05 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 可愛いっすね~

これまで鳥のことなんて全く気にも留めずに生活してたんですけどね(汗)。
被害が自分に及ぶとなったら、とたんに耳も鋭くなるもんです(笑)。
信濃鶴はいかがだったでしょうか?
価格は安くても手は抜いてませんから、コストパフォーマンスはいいと思います。
寝かしたらどうなるかっていうのは、私もあんまり実験してないんですけど・・・。
今度仙台に行った時には、特純や無濾過生原酒なんかもよろしくお願いします!

  • 2012/11/10(土) 01:49:56 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

こんばんは

自分も加えてもらって活動してる里山整備の親方は、知らない鳥は居ないんじゃ!って位、野鳥はもちろん動物から植物まで知識が豊富です。

自分はまったくちんぷんかんぷんですけど、親方の野鳥観察の双眼鏡“ライカ”がカッコよろしなんです

  • 2012/11/10(土) 05:52:12 |
  • URL |
  • タッキー #-
  • [ 編集 ]

Re: こんばんは

男の子は双眼鏡とかカメラとか時計には興味がそそられちゃいますねぇ。
動植物の知識より、そっちの方に関心が向いちゃってるんじゃないですか(笑)。
私の周りにはあまり野鳥に関する知識人はいませんね。
私もほとんど無関心でしたが、今回の一件でちょっと興味を持ちました。
その気になれば、伊那谷にはたくさん面白い鳥はいるんでしょうねぇ。

  • 2012/11/10(土) 18:48:10 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2320-edad0d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad