専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

自慢話(おまけ)

20121019_105718.jpg

昨日のブログでは、信濃鶴がきっかけで日本酒のことが好きになってくれたっていう自慢話を書きましたが、それとはチト逆のお話を期せずして昨日聞いたので、おまけとして記事にしておきましょう。世の中、そんないい話ばっかりであるわきゃないじゃんという、あまりこんな所には書きたくない内容ではあるんです(汗)。でも、鶴のせいで日本酒嫌いになっちゃったとかいうことじゃないんですけどね(笑)。

地元に新装開店した蕎麦屋さん。私はまだお邪魔したことはないんですけど、いい評判が聞こえてきます。そこへ私の先輩に当たる御仁達が訪れた時のこと、お酒のリストの中に信濃鶴がないっていうんで、律儀にも「鶴が飲みてー!」と騒いでくれたらしいんです。って、別に暴れたわけじゃありませんよ(笑)。

するとそこのご主人は、「オレはあのお酒はよー好かん」とおっしゃるんだそうです。そういうご意見はいろんなところで頂きますから、別段これと言ってショックを受けるわけじゃないんですけど、鶴は蕎麦屋さんではうける確率が高いですし、蕎麦は私の大好物なわけですから、いつもより残念度は大きかったですね。

万人受けするお酒なんて造れるはずはありませんが、信濃鶴の酒質が最大公約数から少し外れていることも事実です。それでも、お飲みいただくお酒の味と、それを支えている蔵元としてのお酒に対する姿勢をハッキリと打ち出すのは、とても大切なことだと思います。分かり易い方が、消費者の皆さんの認知も進むはずですしね。

ですから、飲んでくれる方が明確なご意見を持ってくれているっていうことは、とてもいいことだと思ってるんですよね。たとえ、それが「あの味は好かん」というご批判であったとしてもね。それは、ある意味で鶴の味が分かってくれているっていう証拠でもあって、他とは違うんだっていう区別をつけてもらえているからです。

そりゃ当然好ましいっていう評価になった方がいいに決まっていますが、中途半端にどのお酒も同じっていうとらえ方をされるよりは、各蔵の味に特徴があって、それが個人の好き嫌いに反映されて、シチュエーションによって飲み分けてもらえるくらいに色分けできれば、日本酒の世界ももっともっと面白くなるんじゃないですかね。

つい先日、中央アルプスにも初雪が降りました。この写真じゃ分かり難いんですけど、宝剣岳の山頂部分にちょっとだけ白い部分がありますよね。初雪なんてあっと言う間に融けちゃいますけど、ついに有無を言わさず酒造りの季節が始まります。今年の造りの構想をいろいろ練っているところですが、今の段階では『出たとこ勝負』くらいにしか煮詰まっておりません(笑)。


□□□ ランキングは知り合いばっかし □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

いよいよ

冠雪ですか…寒いわけですよね。
こちらも、つい二週間ぐらい前までは半袖TシャツでOKだったんですが、急に寒くなってきました。

東京のマーケットでは「香りが高くて味が濃いお酒」が、まだまだ幅を利かせていて、蔵元さんが営業まわりをしても「そういうお酒がないと取り扱いは難しいんだよね」と言われているようです。
でも、どこのお酒を飲んでもそんな味になっちゃったら、それはそれでツマラナイと思うんですけどね。

もちろん、そういうベクトルから外れて「その蔵らしさ」というのを出せば好き嫌いがハッキリするわけで、ブログのお話みたいなことになるんでしょうけど…

それでも、それを良しとしてお付き合いいただける酒販店さんなり飲食店さんというのは、本当に好きで置いてくださっているわけでしょうから、心強い味方ですよね。

  • 2012/10/22(月) 06:54:47 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: いよいよ

当然そちらよりは寒くなるのは早いわけですが、ようやく平年並みってところです。
みんなが同じ味の酒を造っても面白くないですよね。
どういう酒を造りたいっていう部分も大きいでしょう。
でも、うちの蔵の環境でやったらこういう酒になりましたっていう部分も興味深いです。
それが相まってその蔵らしいお酒になって、それが受け入れてもらえるといいんですけどね。

  • 2012/10/22(月) 08:28:36 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

十人十色
十人いてその全員に好きって言われるのは難しい事
十人中の一人が好きって言ってくれたら
幸せな事ですよ~
十人全員に嫌いって言われたら・・・
心折れるけどね(爆)

  • 2012/10/22(月) 10:11:05 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

理由

自分のお店で出すお酒は、もちろん自分が気に入ったお酒になるでしょうね。
でも、「よー好かん」理由を聞いてみたい気がします。
信濃鶴の味わいが気に入らないんじゃなくて、
失恋とか、喧嘩とかに絡んだ、何か嫌な思い出があるだけだったりして...(笑)
その辺を確かめるためにも、蕎麦を食べがてら、売り込みに押しかけてはどうですか?

  • 2012/10/22(月) 12:26:29 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

全員に嫌いって言われたら、もう酒は造れませんね(汗)。
でも、まぁそんなこたぁないでしょう。
知り合いの一人や二人、義理で好きって言ってくれるはずです(笑)。
お酒の味はその時の状況や肴によっても左右されます。
同じお酒がいつでも美味しいかっていうとそうでもないんですよね。

  • 2012/10/22(月) 16:58:22 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 理由

蕎麦屋さんなんて特にこだわりがあるかもしれませんよね。
店で出すお酒だって、どうでもいいものなんか出すわけないと思います。
実は、みんなが騒いでくれたおかげで鶴は今では置いてくれてるそうな・・・。
周りから攻めるっていう手も有効かもしれませんね(笑)。
そのうちに折を見てうかがってみるつもりです。

  • 2012/10/22(月) 17:01:10 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2302-1aaa2d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad