専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

長野の酒メッセ2012

20121018_104401.jpg

このタイトルでのブログも何回書いたか分からないくらいですが、本年のお酒業界イベントとしては最終となる『長野の酒メッセ2012』が開催されて、前日の準備から含めて1泊2日のお仕事がようやく終了しました。ようやくなんて言ってちゃいけないんですけど、今回のイベントはやらなくっちゃいけないことが盛りだくさんで、かつ来場者もかつてないくらいに多くて、私としてはかなりハードでしたね(汗)。

暫定数で言えば、どうやら2600名くらいのお客さんがお見えになったようで、会場は一時これまでにない激混み状態になってましたよ。2000名っていうのがひとつのラインになっていて、それ以上あまり増えちゃうといろんな問題も起きてくるんじゃないかっていうような話はしていたんですが、ちょっと想定外の数字だったようです(汗)。

お客さんにひとりひとつずつお渡しするマイ猪口も足りなくなって、臨時の代用品を用意しなくっちゃならないくらいでしたし、会場内も人をかき分けながら進むくらいの人口密度になりました。今回は、各ブースのレイアウトをシンプルにしてあったおかげで、あれだけのお客さんにも対応できたんだと思いますが、たぶんもう限界なんじゃないかなって感じでしたね。

それにしても、そうなった時の会場の熱気は凄いものがありましたよ。もう、あまり私達が広報活動に力を入れないでも十分に人が集まってくれるイベントになってきたと言えるかもしれませんが、日本酒人気がこれほどに目に見える形になることは珍しいですから、何とかこれが最終消費の形につながるように、この会場を見回して毎年のように思うんですけどね。

信濃鶴のブースは長生社からは私しか出ていきませんでしたから、私が会場内で別の仕事をしている時には全くもぬけのから状態で、お客さんにもご迷惑をおかけしたかもしれません。しかし、他にもブースは70くらいあるんですから、ひとつくらいなくてもそんなに問題はありません(笑)。隣のブースの『夜明け前』さんや『井の頭』さんにも助けてもらいましたしね。

ご自由に飲んでいただけるように一升ビンでドーンと置いておきましたが、やっぱり中に人がいないと勝手に飲むわけにもいかずに、私がいなかった2時から5時くらいまでの間には、ほとんどお酒が減ってなくて、実は助かったりして(笑)。その後の8時までの間に、特別純米なんかは持って行った分が無くなっちゃいましたから、ちょうど良かったのかもしれません。

鶴のブースはご覧のように、全くやる気の感じられない構成です(笑)。種類は普通純米と特別純米の2種類だけ。純米大吟醸があると、お客さんがそれだけに集中してあっと言う間になくなっちゃうので、今回は持って行きませんでした。それに、お客さんに一度に押し寄せていただくと、とてもひとりじゃいくつものお酒を注いでられなくなっちゃうんですよね。注ぐことに専念するより、少しでも多くお話ができればいいんですけどね。

このイベントに関しては私の知り合いも多く来場してくれて、そういうみんなが集まってくれると、かなり鶴ブースの周りがやかましくなることもありましたが、私としてはうれしいので問題ありません(笑)。常連のお客さんも多くて、私たち蔵元としてもかなりリラックスして臨めるようになってきてるんじゃないですかね。

この写真は準備の時のものですが、この会場の向こう側なんか全く見えない程お客さんがビッシリといた様子をご想像ください。来年は入場制限も考えなくっちゃならないかもしれませんが、いずれにしてもこのでの熱気をどう販売に結びつけるかが、これからの私達の大きな課題になることは間違いなさそうです。


□□□ 垂れ幕はZENさんが作ってくれたやつです □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

計画変更?(笑)

いくらお得な会とは言っても、そこまでたくさんの人が集まるってのは、
やはり日本酒人気が本物になってきてる表れじゃないのかな。
札幌にもいろんな銘柄の日本酒を置く店が増えて来てるし、
若者や女性が目に付くんですよね。
ひとりで日本酒を楽しんでる女性も結構いますしね!
今期の製造計画は既に出来上がってて、酒米の発注も済ませてるんでしょうけど、
ここは少し増やしておいた方が良いんじゃないかな。(^^)

  • 2012/10/20(土) 12:53:53 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

あああああああああ

忘れてたああああ

言ってよ、もう!

  • 2012/10/20(土) 12:56:40 |
  • URL |
  • えっちゃん #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: 計画変更?(笑)

製造量を増やすくらいに日本酒人気が高まればうれしいんですけどねぇ。
それほど劇的じゃなくていいですから、少しずつ復権できればいいと思います。
日本酒に関心を持ってもらえているような気はしますね。
そうでなければ、これほどまでに日本酒イベントが盛況にはならないでしょう。
特に若い女性が目立つようになってきたことは、個人的には実にうれしいところ(笑)。

  • 2012/10/20(土) 18:07:55 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

忘れてましたか、スイマセンスイマセン(笑)。
まぁ、来年もまたありますからそれまでのおあずけですね。
余分なポスターを越百に持って行けば良かったかなぁ。
どこかに貼っとけばえっちゃんも忘れないでしょ!

  • 2012/10/20(土) 18:10:16 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

大盛況

本当に、日本酒のイベントはどこに行っても盛況ですよね。
これがマーケットの拡大につながるのも間近では?

それはそうと、そんな大勢のお客様に、もっと注目してもらえるように、ブースの飾りをもっと考えなきゃいけませんね…次は何を作ろうかな(笑)

  • 2012/10/20(土) 22:17:31 |
  • URL |
  • ZEN #yjwl.vYI
  • [ 編集 ]

Re: 大盛況

いろんな日本酒イベントはありますが、どこも盛況みたいですね。
こういうことが起爆剤になってくれるといいと思うんですけどね。
なんと言うか、イベント用のお酒になっている感じもして、ちょっと危機感ですが(汗)。
いつも机の上が広過ぎるので、何かその辺を埋める小道具が欲しいですね。
ただ、混んできたらそんなの関係なくなっちゃうんですけどね(笑)。

  • 2012/10/21(日) 08:24:30 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2300-9edf105f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad