専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

在庫調べ

20120928_103011.jpg

長生社は9月で決算を迎えるんです。ですから、9月末日から10月の始めにかけては、決算在庫を調べなくっちゃなりません。信濃鶴の商品としての在庫は毎日合わせてますから問題ないんですけど、その他の資材については、基本的には年に1度、この時期にだけ調べることになっていて、丸1日かけて細かい物の数を数え上げます。

とは言え、調べなくっちゃならないアイテム数とすれば250くらいのもので、それほど大したこたぁないんですよね。駒ケ根にある食品卸問屋さんでは万単位の数になるそうですから、社員総出で仕事を1日お休みするくらいの労力をかけて在庫調べをなさるようです。そのことを思えば、2人がかりで1日でできちゃうんだから簡単なものなんですけどね。

とは言えとは言え、年に1度のことですから不慣れな仕事ではあって、担当する社員の人達はそれなりに気合を入れてやってくれます。空ビン、レッテル、各種段ボールから細々とした包装資材まで、キッチリと数を数えるのはそれなりの作業です。ま、あまり片付いていなくて、整理されてないっていう問題もあるんですけどね(汗)。

私がこの仕事を任された頃は、いくつかある資材倉庫とか蔵の中が、今以上に全くもってゴチャゴチャとしていて、在庫調べをしてるんだか倉庫の片付けをしてるんだか分からないような状態だったんですよね、お恥ずかしい話(汗)。使わずにずーっと保存してあるような遺物も多くて、何を数えたらいいか分からないくらいの場所もありました。

そんな苦労もあって、当時はヒマさえあれば倉庫や蔵の片付けをしていた記憶があります。捨てていいものかどうか決めかねるものも多かったので、社長にその度にお伺いを立てて廃棄処分にしていきました。今から考えると、「ありゃ、捨てずにとっときゃ良かったかなぁ」と思うものもありましたが、どこかでバッサリやらないと片付いていかなかったんですよね。

ですから、昔は数日かかっていた在庫調べが、今は1日で終わるっていうことは私の努力の成果による部分も多いと自負しています(笑)。かつては私ひとりで調べていたもんだから時間がかかったっていう経緯もありますが、必要なものだけがあるべき場所にあるっていう当たり前の状況を維持するっていうことも、社内の重要な仕事でしょうね。

首尾よく在庫調べは終わって、数さえ分かっていればあとは表計算ソフトに打ち込むだけですから、あっと言う間にひと仕事は完了しました。まぁ、経営サイドとすれば、在庫調べより決算そのものの方が気になるわけで、今年も頭を悩ませながら決算を組むことになるんでしょうが、果たしてどんな結果になるのやら・・・。

写真は、紅葉の始まった中央アルプスです。ちょうど山頂部分が色付いてきたところですから、今週末あたりはロープウェイに乗ると、下から上へ向かって緑から赤へのグラデーションが見られるかもしれません。連休になりますから激混みも予想されますが、ぜひぜひ駒ケ根に遊びに来てくださいね!


□□□ 遊びに出ない方は毎日クリック(笑) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

いよいよ

北海道も旭岳の紅葉写真が新聞記事になってましたけど、
中央アルプスの山頂部分も色付いたなんて聞くと、その高さを感じますね。
気付けば、もう10月ですから、北海道の平地でも、これからどんどんと色付くのが観られるようになります♪
年中行事の棚卸しを終えて決算がまとまれば、いよいよ造りモードに突入ですかね!

  • 2012/10/05(金) 12:30:55 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

そういえば

酒蔵さんなら販促品なんかも在庫なんですよね。

とあるお蔵さんに行ったときは、我が家よりも大きい建物が「販促品入れ」になっていました。歴史があるってことは、その積み重ねも凄まじいものがあるようで(笑)

  • 2012/10/05(金) 22:53:24 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: いよいよ

中央アルプスの紅葉と旭岳の紅葉は時期が同じくらいなんですかね?
中央アルプスもあっという間に真っ赤になると思います。
それに引き続いて初冠雪なんていう話になるんですけどね・・・(汗)。
そういう山を愛でる暇もなく酒造りが始まるっていう感じになります。
決算は社長に任せて、造りの準備が忙しくなりそうです。

  • 2012/10/06(土) 07:46:20 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: そういえば

販促品も当然在庫管理しなくっちゃなりませんよね。
まぁ、我が社はほとんどそういうものがないので楽なんですけどね(笑)。
お蔵さんによっては過去の莫大な財宝が眠っているかもしれません。
昔の物で使えなくなった物なんか処分するしかないでしょうね。
そう考えると、古くなっても使える販促品にしとかなくっちゃ(笑)。

  • 2012/10/06(土) 07:51:12 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2284-1eedefa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad