専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

仮設住宅(つづき)

20120911_134849.jpg20120911_134934.jpg
20120911_143925.jpg20120911_114336.jpg

Oさんのいる仮設住宅は、小学校の校庭に建てられていました。180戸以上がお住まいになっているそうです。仮設住宅を背にすると、すぐ目の前が校舎になっていて、いかに無理をして建物を詰め込んでいるかが実感できましたね。子供たちは、登校するのが楽チンだなんて言ってました。教室の窓から大声で叫ぶと、家まで伝言ができるとか(笑)。

この小学校も津波の被害に遭って、プールや校舎に被害を受けたそうです。周りに海なんか全く見えない場所なのに、こんな場所まで水が上ってきたなんてちょっと信じられませんでしたね。今でも工事は続いているようでしたが、今年は修復された新しいプールで水泳ができて、よその学校まで行かなくてよくなったと息子さんが教えてくれました。

本当だったら、津波の到達地点には仮設住宅は建てちゃいけないんだそうです。でも、Oさんの地域では他に適当な場所がないもんだから、特別にこの校庭に建ててもいいことになったんだとか。もしも、同じ規模の津波に襲われたら、もっと山の方に逃げなくっちゃいけないってことですけど、もうしばらくはそんなことにはならないでしょう。

一戸分の仮設住宅の広さは、昨日の写真にある四畳半の部屋が2つと、キッチン、バス、トイレっていうだけの構成です。押入れ的なものはあまり付いていなかったと思いますから、本当に狭いものです。ここに家族四人が暮らすっていうことは、そこに実際の生活があるって考えると、通常の感度であれば不可能じゃないかと思いますね。

プレハブ関連の建築業者が工事を請け負うそうですが、請負会社によって住宅の質も違うんだそうで、Oさんのお住まいはいい会社に当たったんだとか。室内の構成にもいろんな種類があって、玄関口から見て2つの部屋が縦に並んでいるよりは、横に並んでいるタイプの方が使い勝手がいいなんておっしゃってましたね。

テレビ、洗濯機、冷蔵庫、クーラーといった日常の家電製品は整えられていて、さすがに日本の仮設住宅っていう感じですけど、家全体の防寒だとか、隣接する部屋からの音漏れなんかは不十分な点が多くて、プライバシーの保護っていう点からも生活しやすい環境でないことは確かです。一日でも早く、元の生活に戻れるようにお祈りするしかありません。

【1枚目】整然と並ぶ仮設住宅。Oさんの部屋は棟の角にあるので、夏はチンチンに暑くなるそうです。冬の防寒対策も不十分だったために、増設の工事がされたとか。

【2枚目】別方向から見た図。家の窓が、隣の棟の玄関に直結するような形になるので、プライバシーの保護もなかなかに難しいところ。同じ形の部屋が続くので、中間にあるとお隣の玄関と間違えそうです。

【3枚目】すぐわきに小学校の校舎があります。新しくなったプールで、子供たちは大きな声をあげて楽しそうに授業をしてました。子供たちの明るさが、この苦境を乗り切る原動力になっているんじゃないですかね。

【4枚目】仮設住宅から離れて、少し海沿いに行くと、昔の住宅跡地の土台だけが残っています。この辺一帯に家が立ち並んでいたなんて考えられませんでした。


□□□ ちょっとポイント落ち気味です(汗) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

仮設住宅

設備的な問題もありますが、人的な問題もかなりあるようですね。
コミュニティを再構築しないとならないので、お年寄りとかはかなり大変だとか…
そういうところでこそお酒の力が必要になると思うので、酒蔵さんと酒屋さんの頑張りどころだと思います。

それにしても、見ると体験するとでは雲泥の差ですよね、本当に。。。

  • 2012/09/18(火) 06:56:13 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

いつまで続くのか...

地震と津波の被害で仮設住宅住まいを強いられたり、
原発の放射能によって遠く離れた場所に避難している被災者のみなさんは、
このような不自由な生活がいつまで続くかも、まだ見えて来ないんですよね。

仮設住宅での生活や避難生活がどれほど不自由なものか、
経験したことの無い私には想像するしかできません。
震災から1年半が過ぎ、ともすればこうした現実を忘れてしまいがちですけど、
今回の岳志さんのレポートで、その不便さを思うことができました。

  • 2012/09/18(火) 18:33:49 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 仮設住宅

確かに、少しヒマそうに仮設住宅の縁側に座ってらっしゃるお年寄りはいましたね。
Oさんの仮設は割に同じ部落の人が入っている感じでした。
それがいいばかりではないとも聞きましたけどね(汗)。
そういう場でお酒がコミュニケーションをとる役割を果たせたら素晴らしいと思います。
Oさんにもそういう自負があるんじゃないかと感じました。

  • 2012/09/19(水) 17:53:38 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: いつまで続くのか...

先が見えないっていうのは不安ですよね。
何に向かって頑張っていいのか分かりませんもんね。
日々の生活は不自由だし、精神的にはかなり苦しいと思います。
今でもそういう方たちがたくさんいるっていうことを忘れちゃいけませんよね。
私も今回東北に行っていなければ、頭の中から抜け落ちるところでしたよ(汗)。

  • 2012/09/19(水) 17:55:44 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2267-dc6feb31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad