専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

仙台日本酒フェスト



毎日が慌ただし過ぎて、いったい何を記事にしたらいいのかよく分かってませんが、とりあえずその日のメインイベントについてはアップしていって、その他のオマケ的な、でもとっても重要な出来事については、駒ヶ根に帰ってアタマを整理してから書くことにしましょう。これだけブログ用の時間が取れない営業回りもめずらしくて、ちょっとテンパってます(汗)。

さて、9日の日曜日は待ちに待ったサンセールさんのお店、『酒のかわしま』主催の『仙台日本酒フェスト』が開催されました。一昨年に続いて二回目ってことになりますが、この間に大震災が起こり、サンセールさん自身も以前に勤めていたお店から独立して、本当に多忙な2年間だったはずです。このイベントの持っている意義は、実に大きなものがあると思うんですけどね。

人生の大きな節目として、自分の意志で自分のやりたい商いをする道を選んだサンセールさんですが、それは言葉で言うほどに簡単なことではないでしょう。おまけに、走り始めから従業員を3人も抱えるという、無謀だとも思えるやり方でしたもんね(汗)。まぁ、彼のことだから、その辺は飄々としたもんでしょうけど(笑)。

ただし、この従業員という肩書きの面々も、意志を持ってサンセールさんについて来た男達ですから、半分は共同経営者と言っていいかもしれません。大きな会社の一部門としての酒販店よりも、自分達の責任で、自分達の努力が、しっかりと自分達に帰って来る今の方が、はるかにやりがいを感じると、みんな口を揃えて力説してましたね。

その、記念すべき『酒のかわしま』第1回目の大イベントですが、前回の経験があるもんだから失敗するわきゃないわけです(笑)。総勢30蔵がブースを持って、500名のお客様を迎えます。実際には、250名ずつを3時間で区切った2クールに分けて行いました。両方合わせて6時間っていうのは、結構な長丁場ってことになりますね。

前売り券は完売で、400名の予定を500名に増やしたっていうんだからすごいもんです。時間を少し早めるくらいにして始まった会場内は、それなりに混雑していましたが、激混みっていうほどでもなく、適度な間隔でお客さんに対応できましたね。本当は2人くらいいると余裕があるんですけど、私はひとりでずっとしゃべり続けてました(涙)。

参加蔵の中には『酒屋八兵衛』のトーコ姉貴もいて、久しぶりの再会を仙台で果たしました。長野県からも他に2蔵参加していて、かなり長野県比率は高かったですね。それも、『仙醸』さんと『木曽路』さんですから、全くもって御近所ってことで、宮城県にいるんだか長野県にいるんだか、アウェイっていう感じがしませんでしたよ(笑)。

『酒のかわしま』のお客さんだから当然ですが、信濃鶴のことを知ってくれている方が多くて、私もとてもやり易かったですね。鶴チュー的なお客さんにはしっかりとご説明できましたし、飲食店の皆さんにも売り込みができて良かったです。わざわざ東京方面から来られた方もいてビックリしましたが、あの皆さんもお得意様なのかな(汗)。

無事に第2部も終了して、後は懇親会に突入です。ま、夜の仙台については、稿を改めましょう(笑)。酒のかわしまのスタッフの皆さん、参加蔵元の皆さん、本当にご苦労様でした!!!

■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

なんせ

長野にもお得意様があるわけですから、東京にあってもおかしくないですよね(笑)

それにしても、この規模のイベントは、一度経験があるからってそうそうできるもんじゃないですよね。
しかも、かわしまさんを入れて4人でこなすって、ちょっと想像がつかないですよ(汗)

  • 2012/09/12(水) 07:35:21 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

in 仙台

このイベントには日頃から会いたいと願ってる方々が顔を揃えるから、
慌しいけど、楽しい嬉しい仙台での数日を過ごしたんじゃないですか!
暑さと寝不足疲れから回復した、とーこさんの暴れっぷりはどうだったのでしょ?(笑)

大阪と言い、仙台と言い、ひとつの酒店がここまで大きな規模のイベントを開催するって、
これはもう、日本酒への愛情と熱意の賜物なのでしょうね!

  • 2012/09/12(水) 12:25:56 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

大盛況で
御贔屓さんが又増えますね~~♪
嬉しい忙しさですやん(笑)

  • 2012/09/12(水) 16:07:49 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

Re: なんせ

遠くからお見えになっているお客さんが多いのには驚かされましたね。
どうやって周知したのかが分かんないんですけどね。
例の日本酒カレンダーみたいなサイトで知った方も多いかもしれません。
仙台のジャズフェスティバルに絡めている人もいたかも。
このイベントのスタッフは酒のかわしま関係者だけですから、大変だったんじゃないかなぁ。

  • 2012/09/13(木) 08:04:51 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: in 仙台

確かに、会いたいと思っていた人とは再会が果たせましたね。
もうちょっと時間的に余裕があれば、もっと楽しめたと思うんですけどね。
会社の休みを一日もらって、ゆっくりしてくれば良かったかな(笑)。
トーコ姉貴を始め、みんなで大暴れしてましたよ(汗)。
たまーに会うから歯止めがかからなくなっちゃうんでしょうねぇ・・・。

  • 2012/09/13(木) 08:08:06 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こういうイベントで味を知ってもらうことは大切ですよね。
蔵元と話せれば興味も持ってもらえますしね。
鶴の売り込みはそれなりに成果を上げたと思います。
一部は東京の方だったりしましたが(汗)。
東京でも売れるようになるかも(笑)。

  • 2012/09/13(木) 08:10:11 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2261-fb80c964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad