専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

お盆だキャンプ(その3)



さてさて、ようやく『お盆だキャンプ』の本番記事になりました(笑)。とにかくキャンプを始めるには、キャンプサイトに居住空間をおっ建てなくっちゃなりません。ここ駒ヶ根高原家族旅行村は基本的にオートキャンプ場、つまり自家用車を停めて、その脇にテントを張るっていう状態になります。その形式の為なのかどうかとっても人気で、お盆はなかなか予約が取れないみたいですよ。

参加者の多い私たちは、つながった2サイトを押さえて、そこに巨大なテントを設営しました。岳志家ではキャンプ的なことは自分の家の庭でやりますから、テントっていうものは持ってないんですよね。その代わり、炭火を使うコンロや、ホワイトガソリンっていう精製度の高いガソリンを使うバーナーや、明かりをともす為のランタンなんかはいろいろ持ってるんですけどね。

ですから、義弟の持っているカッコいいテントは、なかなかひとりじゃ張れません(汗)。その家の子供達の方がよっぽど良く知っていたりするもんだから、その子達に教わりながら、設営のお手伝い程度をします。我が家にはあんまり必要がないと分かっちゃいても、そんなの見てると自分でも欲しくなっちゃうんだけど、女房が許してくれるわきゃありません(涙)。

誰の行いが悪かったんだか、この日はえっれー天気が悪くて、テント設営には最悪だったと言っていいでしょう(涙)。雷もゴロゴロする中で、義弟達と3人でビショビショになりながら、なんとか作り上げました。なにせ、このキャンプ場の中で最大と思われるサイズのテントですから、ただでさえ苦労するところを、雨に阻まれ、雷が鳴れば避難しながらの建築作業でしたよ。

私もよくは分からないんですけど、今のテントってかなりシステマティックにできていて、メインのテントにいろんなオプションがブロックのようにくっ付くようになってんですよね。だもんだから、場所さえあればどんどんと大きくできるわけです。私達のは、つまりはテント4個分の広さに相当する、キャンプ場としても想定外の大きさの要塞だったんです(笑)。

ところがところがところが、この日は子供達もキャンプするだろうと頑張ったお父さん3人の努力を完全に無視して、お母さん達の神の意向によって、子供は家で寝ることに(涙)。まぁ、それだけ荒れ模様だったってことですけど、天気が悪くて止めるんなら、キャンプなんて言わんがなー!!!怒ったお父さんは3人だけでキャンプ場に残り、どんざか雨降りの中で一晩中大宴会しましたとさ(笑)。

■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

頑固

キャンプ本番初日は雨にたたられましたか!
雨の被害も聞こえてきますから、そこまでの雨でなくて何よりです。

子供たちは素直ですけど、大人の男性は頑固だねぇ~(笑)
酔っ払って話が弾めば、雨の音なんて気にならないでしょうね。
ボクはこの後、故郷の利尻島に向かいます!

  • 2012/08/15(水) 07:19:31 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 頑固

土砂降りの中でテントを張りました(涙)。
被害が出るほどじゃなかったことを幸運に思うことにします(笑)。
せっかく大変な思いをして張ったテントですから、存分に楽しまなくっちゃ!
雨の中のテント生活もまた楽しいもんです。
まっちーさんも、利尻島を楽しんでくださいね!

  • 2012/08/15(水) 17:01:59 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2233-2ad5e8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad