専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

國酒

2012062419440000.jpg

皆さんは、日本に『国家戦略担当大臣』なる御仁がおられるのをご存知でしょうか。私も全然分かっちゃいないんですが、民主党のマニフェストの中に国家戦略局の設置がうたわれてたんだけど、それはまだ正式決定には至っていなくて、とりあえず内閣官房に国家戦略室っていう形で置かれている組織の担当大臣・・・っていうことでいいのかな(汗)。

今は、古川さんっていう方が任命されているんですけどね。別に、現在の民主党の小沢派離党のドタバタ劇を揶揄する記事を書こうってんじゃありませんよ(笑)。このブログじゃ、時事ネタは御法度になってますから、政権の内部抗争についてあれこれ論じるつもりはありませんが、政治も経済も何とも見通しの悪いご時世じゃぁありませんか・・・。

閑話休題。国家戦略なんて言うととてつもなく大袈裟ですが、新時代の国家ビジョンを政治主導で策定するっていう理念で、様々な分野への働き掛けがあるみたいです。そのうちのひとつとして、今年の5月に、古川大臣が『ENJOY JAPANESE KOKUSHU(國酒を楽しもう)』っていうプロジェクトを立ち上げたと発表があったんです。

これは、日本酒や焼酎などの國酒と呼ばれるお酒は、日本の気候風土の中で日本人の繊細さによって造られたもので、これらを地域再生の救世主として外国人観光客へアピールし、また異文化との架け橋として海外へ発信しようと、オールジャパンで官民が連携してその魅力の認知度を上げ、輸出促進に取り組もうとするプロジェクトってことのようです。

「そんなこと簡単にできゃしないよ」なんて笑い飛ばすことは簡単ですが、何事も始めてみなければ前進もありませんからね。今、輸出だけは好調な日本酒業界ですから、大きな後ろ盾となってもらって、この閉塞した状態からの突破口ができてくれればうれしいことだと思います。業界としても、他力本願にならない程度に、大いに期待したいものです。

考えてみれば、醤油なんかは江戸時代から海外に輸出されていて、現在ではアメリカのレストランにもキッコーマンが置いてあったりしますよね。日本の稲作農耕文化の結晶たる日本酒が一緒じゃなかったことが不思議ですらありますが、当時は国内生産量が少なくて、「外国へなんて売ってやるもんか」とケチケチしてたのかもしれませんね(笑)。

フランスなんかは、国を上げてワインの輸出に取り組む姿勢を明確に持っているって聞きます。産地や格付けの管理をしっかりして、ワインという文化を守ろうというスタンスは、実に素晴らしいと思います。フランスって、実は農業国なんだとか。自分たちにとって何が大切なのか良く分かっている国民性なんでしょう。フランス革命等に見る、ちょっとしたバンカラさも押しの強さの一因なんでしょうけどね(笑)。

大臣に対する助言組織として、有識者で構成する協議会も発足しているようです。日本酒・焼酎メーカーの社長さんや、有名酒販店さんなんかがメンバーになっておられて、それぞれの業界を代表する立場からの意見が出されていくんでしょうね。それらが、一体どういう形に結実していくのか、今後の展開を楽しみに待ちたいと思います。


□□□ ちょびっと1位になってました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

いいね!

醤油もお酒も日本の文化に間違いなし!
女性がまず男性を射止めるなら胃袋から・・・・っていうかどうか知らないけどこれは絶対に推進してほしい企画だね!

給料でたら信濃鶴会に行こう~っと(^^

  • 2012/07/04(水) 00:49:23 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

Re: いいね!

日本の文化だなんて言い出すのもこっぱずかしい気もしますが(汗)。
何となく当たり前のこと過ぎてね(笑)。
文化っていう中でも食文化っていうのは面白い範疇だと思います。
誰でも絶対に食べ物は口にするんですからね。
どの国の人とも分かりあえる部分があるんじゃないですかね。

  • 2012/07/04(水) 07:46:07 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

需要喚起

日本酒は日本の文化なんだから、国策として振興・支援するのは当然のことと思います。
輸出促進も良いけど、国内の需要喚起にもっと力を入れて欲しいですね。
国家戦略担当相の手腕に期待したいところです♪

  • 2012/07/04(水) 12:22:02 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 需要喚起

日本の文化を輸出するって聞くと何だか変な感じですね(笑)。
文化そのものなんて輸出はできないですもんね。
日本酒はそれを具現化した形あるものですからそんな表現になるんでしょう。
私も、本来ならもっと日本国内での需要があってもよさそうに思いますね。
それは私たち業界の怠慢もあったんでしょうけど、どこかでボタンがずれてるような・・・。

  • 2012/07/04(水) 17:49:28 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2190-e235d116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad