FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

看護学会



ちょーチョー超ヒマだすねん(汗汗汗)。こんな時間の使い方なんかしたらあきまへんがな。例え信濃鶴を売るにしても、地元ロータリークラブのお仕事だとしても、お客さんが来なんだら働きようがおまへん。こんな場合に備えてブログの記事を書く用意はしておますけど、それほど集中できる状況でもあらしまへんしなぁ・・・。

県外営業から帰って来たと思ったら、こんどは売り子の仕事が待ってました(汗)。あまり話題にしたことはありませんが、駒ヶ根には県立の看護大学があるんですよ。こんな小さな田舎町に四年制の大学があるなんて、結構珍しいことだと思うんですけど、どうなんでしょうね。古くからあった看護短大が、もう15年以上も前に大学に格上げ(?)になったんですよ。

その看護大学で、日本赤十字の学会が開催されていて、なんと私はその会場内の企業展示ブースでお酒を売ることに(汗)。どうやら、駒ヶ根のロータリークラブが割り当てられたブースで何か売らなくっちゃならなくなったんだけど、これといったものもなくって、仕方がないからお酒でもって話になったらしいんですよね。

私は、「・・・ってことになってるから、お前行ってこい!」って程度の社長の説明で、訳も分からずに出て来たんですけど、これが何とも場違いっていう状況を絵に描いたような所での販売で、やりづらいったらありゃしねーんですよ(涙)。そもそも、看護関係の学術的なイベントで日本酒を売るなんていうこと自体、どー考えたっておかしいもんねぇ。

写真だと分からないでしょうけど、右に健康シューズ、左に介護用オムツの処理機械のブースがあるんですよ(汗)。赤十字の学会なんだから、誰が考えたって介護用品とか、病院で使う機器とか、健康食品とかのブースが並ぶわなぁ。私も、これまでいろんな場所でお酒を売ってきましたけど、この状況は金輪際あり得ないんじゃないですかね(笑)。

きっと、大学側っていうか主催者側は、地域の特色を持った地場産品もラインナップに加えたかったんでしょう。参加者は500人もいるらしいですし、日本全国からお見えになってますから、そういう気持ちもよく分かりますけどね。まぁ、数本は売れましたから、いい経験だったと思って、もう一日頑張りますか。明日は、こんな風にiPodでヒマ潰ししても、書くことたぁ無いけどねぇ(笑)。


■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

酒は百薬の長

看護関係の学術的なイベントで日本酒を売るなんていうこと自体、どー考えたっておかしいもんねぇ>
という岳志さんの言葉ですが・・・
1、シンポジュームの語源をごぞんじですか?
 古代ギリシャ人は、酒を飲みながら語り合う場、「シュンポシオン」という習慣を愛しました。
「シュン」は共に、「ポシス」は飲むという意味で、シンポジュームの語源は共に飲むということですから、シンポジュームの本来の姿は酒を飲みながらやることで、ジュースを飲みながらやるのはシュンポジュースに他ありません。
2、酒は百薬の長です
江戸時代の貝原益軒先生も、「酒は天の美禄という言葉がある。少し飲めば陽気を補助し、血気を和らげ、食気を巡らし、憂いを取り去り、興を起こして大変役に立つ。」と教えています。
3、最近は、老人でも少し酒を飲む方が健康によいという説もあります。
僕たち自身が酒と医療は反するような印象をもつのは間違いで、自信を持って、正しい酒の飲み方を啓蒙しなければいけないと思っています。

その他の商品

最近、大手酒蔵さんでは「酒粕を使った石鹸」とか造ってるみたいですから、そういうのがあれば良かったんでしょうね(笑)
しかし、酒ひろしさんのおっしゃるように、酒は百薬の長ですから、本来であれば売っててもいいはずなんですけどねぇ(笑)

そうそう、最近は介護施設の中で飲み屋っぽいイベントとかもやるらしいですよ。
確かに、お年を召したからといってお酒が飲めなくなるわけでなく、楽しみが無くなってしまうのは悲しいですからね。

次はいっそのこと越百と一緒に出店してみては?(笑)

  • 2012/06/19(火) 11:19:54 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

看護師さん

全国から集まるのだから地元のお土産も販売しては...なんて、
真面目な人たちが集まった会議で、いかにも考えそうなこと。
でも、ここでお土産を買おうなんて考える人はそんなにいないかも。(笑)
でもでも、日本酒の会に集まる中に意外と看護師さんが多いですよ。
その気になって試飲販売でもすれば、口コミで結構売れるかも!
ZENさんが試飲会用に作ってくれた販促グッズの垂れ布を使えば良かったのに。(^^)

  • 2012/06/19(火) 12:23:56 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

酒は百薬の長です!
元気の薬です~
って!
売ればよかったのに~

  • 2012/06/19(火) 16:40:14 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

Re: 酒は百薬の長

またまた酒ひろしさんに一言いただいちゃいましたね(汗)。
それにしても、酒以外のことにも博学で本当に敵わないですねぇ。
確かに、看護や医療の場でのお酒の役割っていうのは、実は肯定的な面の方も大きいのかもしれませんね。
それを自ら否定するようなモノの言い方は、造り手としては反省すべき点でした。
まぁ、学会の会場でお酒を売るっていうのが何となくしっくりこなかったっていう意味もありましたが、今度こういう機会があれば、もっと胸を張って売ることにしましょう(笑)。
酒を飲みながら語らうっていうのは、昔から重要なことだったとはいい勉強になりました。

  • 2012/06/19(火) 17:20:49 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: その他の商品

ちょっと目新しいものがあれば、もっと売れたと思うんですけどね。
今錦のお蔵さんでは酒粕を使った珍味が売れてましたよ。
介護施設の中の屋台っていうのは面白い発想ですね。
ちょっとした立ち飲み感覚で楽しめるかもしれません。
越百と出店すると、大学の構内が焼き鳥臭くなっちゃうんじゃないかなぁ(笑)。

  • 2012/06/19(火) 17:23:53 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 看護師さん

やっぱり、お土産需要はあまりありませんでしたね(涙)。
それでも、軽くて値の安いものはある程度売れたようです。
また、参加者はほとんどが女性でしたからその点でもお酒は敬遠されたかもしれません。
試飲してもらえばもっと出たかもしれませんが、学会の途中で飲むわけにもいかず・・・。
ZENさんの販促グッズは持って行ったんですけど、他のお蔵さんとの共通のプレートが用意されてたもんだから使えなかったんです(汗)。

  • 2012/06/19(火) 17:27:04 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

そういうことが言える雰囲気だったら良かったんですけど・・・。
ちょっと学会の場っていうのは硬い感じなもんだから(汗)。
いくら私でも、そういう声が立てにくかったです(笑)。
こっちが飲みながら売れば良かったですかねぇ・・・。

  • 2012/06/19(火) 17:29:32 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

医療関係者には

よくいわれますが 結構酒呑みがいる筈・・・途中では買えませんから 帰るまえに買っていくかもしれませんよ(笑)
≪ 『神様のカルテ・2』にも登場!≫なんてPOPをつけたら如何でしょう♪

あ 私は酒豪ではありませんけど・・・・なにか?

  • 2012/06/19(火) 20:05:55 |
  • URL |
  • ありの実 #-
  • [ 編集 ]

Re: 医療関係者には

そーかー!神様のカルテをダシに使うっていう手があったかー!!!
医療関係者なら認知度が高かったかもしれませんよね。
つかみはオッケーだったのに、スッゲー惜しいことした気がします(笑)。
お医者さんって、お酒にうるさい人が多いですよね。
その他の医療関係者の方たちにも酒豪がおられるはずです。
ありの実さんを見てれば分かります(笑)。

  • 2012/06/19(火) 21:58:44 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2173-0b5ba135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)