専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

同級会



割と定期的に飲み会をしている、中学校時代の同級生連中がいます。定期的なんていうとそれなりに聞こえますけど、それはメンバーの中のひとり、N君がいつも幹事役になってみんなと連絡を取り合ってくれるからっていう絶対的な条件が満たされているからであって、彼無しではとうていこのミニマムサイズの同級会は成立しないでしょう(汗)。

今回は、たまにはっていうことで、いつもは声をかけられない同級生たちを集めて、当時の担任の先生も呼んでちょっと大きめにやってみようっていう発案の下、結局、幹事役はN君に押しつけて、いつもよりリキの入った同級会と相成りました(笑)。とは言え、10人ちょっとの参加者でしたから、同級会とも何ともないんですけどね。

担任の先生は諸事情で来られなかったんですけど、懐かしく思われる顔も集まって楽しい飲み会になりましたね。どんな同級会でもそうでしょうが、多少顔は老けて、頭も薄くなり、体型がゆるんだとしても、気持は全くあの時のままで話ができる仲間っていうのは、貴重ですよねぇ。何にも気がねが要らないだもんね。

当時の中学校のクラスが、私とすれば、小中高校を通じて一番っていうくらい思い出深い、楽しいクラスだったんです。だからこそこんな関係が続いているんでしょうね。私は、学校生活に嫌な思い出なんてほとんどなくて、いつでも楽しかったような記憶しかないんですけど(笑)、その中でもことに記憶に鮮明な仲間たちでしたね。

駒ケ根市なんて田舎ですから、今回顔を出せなかったかつての同級生たちの動向もかなりの確率でハッキリとしています。彼が彼女が、今、どこで、どんな仕事をしているのかっていうことは、ほとんど誰かが知っていますね。高校になると、通学範囲がかなり広くなりますから、そういうわけにもいかないかもしれませんね。そこが地元の良さってことでしょう。

そんな話にも花を咲かせながら、お店の他のお客さんにめーわくだろーよっていうくらいに大騒ぎをして時間は過ぎて、そのお店の飲み放題コースの時間は終了となりました。当然のように、二次会のカラオケへ突入してワイワイ過ごしましたが、みんな結局は中学校時代と芸風は変わってなくて(笑)、何とも気持のいいひと時でした。

「また今度ねー!」なんて話して別れましたが、また今度がいつのことになるのやら分かったもんじゃありません(汗)。それでも、全員この辺に住んでいる連中ですから、いつでも会えるでしょう。どこかで買い物をしている時にバッタリなんていうことだって、ないわけじゃありませんしね。

みんなの反応お構い無しに熱唱していた彼も、あの頃の懐かしい歌を披露してくれた彼女も、30年前にはこんな再開を想像してたわけじゃないんだけど、ここに一緒に暮らしているっていう空気感は、何物にも代えがたいものだと思いましたね。何年か後には、またN君もやる気になってくれるでしょうから、その時にはまた幹事を丸投げして楽しませてもらいましょう(笑)。


□□□ 1位になってました □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

自分も

同級生だよね?
次回は呼んでや。行けるかどうかは解らないけどね(>_<)

  • 2012/06/05(火) 01:28:58 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

同窓会

ずっと地元にいるんですが、あんまりやったことがないですねぇ。
前回は20歳になった時だから、もう20年も前です(笑)

中学の同級生…会ってみたいような会ってみたくないような。
特に女性に対しては悩むところですね(笑)

  • 2012/06/05(火) 08:20:22 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

幹事役

クラス会って、なんであんなに時代を遡れるんだろ?
風体は様変わりしてるのに、会って10分もしないうちに昔に戻って話してますよね!
延々と尽きずに話しちゃいます。

ボクの小・中学時代は北の果て利尻島なのですが、
島に残るのは極少数で、札幌で集まることがほとんどです。
で、ボクが幹事役なんですよ、これが!(笑)
5~6人で集まるなら話も早いし、何てこと無いんだけど、
大がかりにやろうとすると、場所探しに連絡と面倒で、
たまには誰かがやってくれれば良いのにと思っちゃいます。
実のところ、Nさんだってそう思ってるかもね。

  • 2012/06/05(火) 12:34:20 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

あわっくらい

遠州弁にあわっくらいって言葉があります。まああわてんぼうとかお先棒担ぎって意味ですけど正に私があわっくらいそのものなんです。どこでも顔突っ込んでああでもないこうでもない人から聞いた話や新聞雑誌ネタをさも我思いのように囀りまくるトンデモ無い奴ですよね。ただ母校の高校22回生のお世話係を卒業してから40年以上仰せつかっていて同級生はもちろん親御さんの御不幸はまず私に一報が入って生花東野手配や御通夜葬儀の連絡をする係りになっています。因みに昭和45年3月卒業ですが350人中既に20人が鬼籍に入りました。岳志さん生きてるうちに大勢の同級生に鶴飲ましてやって下さい。

Re: 自分も

一体いつ誰と同級だったかってなかなか覚えてないんですよねぇ(汗)。
みんなどこかで同じクラスになってたりしますからね(笑)。
いずれにしても、N君が全て人集めしてくれましたから、彼が連絡先を知らないとダメってことなんですよね。
今度彼に言っておきますね。

  • 2012/06/05(火) 18:42:08 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 同窓会

普通はそう滅多には会うことはありませんよね。
私たちも普段はいつも会う数人で飲んでいる程度です。
でも、20年も経てば会いたい気持ちも大きいんじゃないですか?
多少怖い気持ちも分かりますが・・・。
自分も相手も変わってるんだから大丈夫ですよ(笑)。

  • 2012/06/05(火) 18:45:02 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 幹事役

一瞬であの時に戻れますよね、クラス会って。
そのくらい若い時期の友人ってお互いを素直に理解し合えていたんでしょうね。
やっぱり古い友人は大切ってことでしょうか。
利尻島クラス会の幹事がまっちーさんだとは(笑)。
それもまっちーさんの人柄だからの役回りでしょう。
島っていうこともあって結束は固かったりして・・・。

  • 2012/06/05(火) 18:48:49 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: あわっくらい

鳥居さんはあわっくらいなんですね(笑)。
でも、そういう人柄だからこそ高校時代のお世話役が回ってくるんでしょう。
そういう要の人がしっかりしていないと、連絡もうまくつきません。
泡っ暗いっていう言葉にはもっといい意味だってあるはずです。
同級生たちがこの世にいなくなる前に、なるべく鶴を飲ませるように努力します!
私が先に逝くかもしれませんが・・・(汗)。

  • 2012/06/05(火) 18:53:04 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2159-70ca4b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad