FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

南極土産

2012060210160000.jpg

ある日、会社に不審なお届け物が・・・。クールの宅配便で配達されましたが、クールと言っても『冷蔵』じゃなくって『冷凍』の指定でした。生ものだって、大抵は冷蔵で間に合いますし、そんなにカチンコチンで送らなくっちゃならないものって一体何だろうと、かなり疑惑のまなざしでその段ボール箱を眺めました。

送り主を見てみると、国立極地研究所のSさんからでした。過日も記事にしましたけど、信濃鶴のカップ酒を持って南極のサバイバル調査に向かった、あの研究者のSさんです。こちらに帰郷された際にはお会いすることができずに残念な思いをしましたが、前回いただいた写真以外に、何やら南極のお土産を送ってくれたみたいじゃないですか!

写真をご覧になれば、もうお分かりでしょう。これは、たぶん南極の氷です。駒ケ根から何万キロも離れた極地から運んできてくれたものなんだと思います。ちょっと見ただけじゃ、駒ケ岳から取ってきた氷だって言われても区別なんか付きませんけど、どー考えたって南極の氷以外には考えられません。

見た感じでは、全体に気泡が入っていて、まんべんなく白いっていう感じですね。何気なく見ちゃうとただの氷ですが、もしかしたらそれなりに特徴を持った様相を呈しているのかもしれません。中に入っていた手紙にもその辺のことは書いてありませんでしたが、これが南極の氷じゃなかったら、ギャグにしかならないでしょう(笑)。

------ ○ ------ ○ ------ ○ ------
・・・この度は第53次南極地域観測隊セール・ロンダーネ山地調査隊に貴重な、そして大変美味しいお酒をご提供いただき、誠に有り難うございました。多大なご協力を頂いたこともあり、予定していた調査を全て終え、無事に帰国することができました。南極での過酷なキャンプ生活の中で食事は唯一の楽しみであり、ご提供いただいたお酒のお陰で隊員のコミュニケーションも円滑になり、非常に有意義な調査生活を送ることができました・・・
------ ○ ------ ○ ------ ○ ------

と、鶴を造った私たちにとっても、とてもうれしい内容の手紙が添えられていました。当然、食事は十分に運び込んだとしても、アルコールの類をどれほど南極まで持って行かれたんでしょうかね。まさか、浴びるほどはなかったでしょうから、貴重なお酒を楽しんで飲んでいただけたようで、私達としても酒屋もん冥利に尽きますね。

これは、Sさんの話を聞いたブロ友タッキーさんからの又聞きの話なんですけど、日本の雨や雪の芯には塵の粒のようなものが核として存在するみたいですが、極地の雪にはそういうものがほとんど含まれていないんだそうです。塵なんかほとんどないクリーンな空気なもんだから、何十キロも先まできれいに見渡せるんだそうですよ。

食事に使う水も、その辺の雪を溶かして調達するんだとか。っていうことは、この氷だってそんなに汚いものは含まれてないんでしょうから、オンザロックにしても、ジュースに浮かべても、かき氷にしても(笑)、たぶん問題はないはずです。南極の氷でお酒を飲むなんて、なんともロマンがあるじゃないですか。

ただし、困ったのはその保存方法です。午前中に配達されたものの、社員のみんなに少しずつ分けてあげるには夕方まで何とか持たせなくっちゃなりません(汗)。仕方がないので、生酒を送る時に使う保冷剤が入れてある小さな冷凍庫を空にして、その中に入れておきました。保冷材より南極の氷の方が大切だなんて言ったら怒られそうですけどね(笑)。


□□□ いいウィスキーでロックにしなくっちゃ □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

おはようございます

何気なく南極の氷ですけど、ちょっとググッてみると、けっこうなお値段がするんですよね~~
何kmって深い氷層の奥のほうじゃないにしろ、元々雪だったものがここまでになるまでには、かなりの時間が掛かっているんだと思います。
なにせ、融けるって事が殆ど無い南極ですから・・・

って想像でしかアリマセンが・・・^^;

次回Sさんが帰省された際には岳志さんも是非ご一緒に!

  • 2012/06/03(日) 07:08:45 |
  • URL |
  • タッキー #-
  • [ 編集 ]

オンザロック

これで飲んだら、世界一豪華なオンザロックですね!
ぜひとも、お酒の選択はJ'sBARさんにお願いしてみては?(笑)

それにしても、国際間で冷凍発送ができる世の中なんですねぇ。
魚なんかを冷凍にして運ぶのは知ってましたが、こういう小口(?)発送もできるとは知りませんでした。

  • 2012/06/03(日) 07:43:22 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

南極の氷

それは貴重だな~。確か・・・・何万年も凍りっぱなしだからしっかりプレスされたような状態で・・・・気泡が入っているとか。

その気泡が何万年も前の気泡だから・・・その空気は何万年前の地球の空気なんだって聞いたことがある。

しまった~~~もう少しあとで信濃鶴を買いに行けば・・・・南極の氷を見れたかな~~(^^;

  • 2012/06/04(月) 00:27:13 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

Re: おはようございます

ホントだ!売っているものもあるんですねぇ!
もともとは雪だったのが氷になったんですね。
その辺のお話をSさんに聞いてみたかったんですけどねぇ(涙)。
きっと、氷ひとつとってもいろんな話があって面白いと思うんですけどね。
今度の帰郷の際にはぜひともお会いしたいなぁ、Sさん。
この記事は・・・早くアップしちゃったんですよ(笑)。

  • 2012/06/04(月) 08:10:29 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: オンザロック

これほど珍しいオンザロックなんてそうは飲めないでしょうね。
味はそんなに変わらないかもしれませんけど、雰囲気が違いますよね。
ぜひともいいウィスキーが欲しいんですけど、家にはないんですよねぇ(汗)。
ジェイズバーで飲めれば最高なんですけど、池袋まで送るわけにもいかないし・・・。
駒ケ根にはArikaがあるから、アキラに何とかしてもらおうかな(笑)。

  • 2012/06/04(月) 08:16:29 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 南極の氷

この氷がどんなふうに採取されたものなのか分からないんですけどね。
そんなに地中深くっていう感じの形状じゃありませんでした。
でも、一面に気泡が入っているのは確かです。
その中に何万年も前の空気が詰まっているんならロマンなんですけどねぇ。
そのロマンを何とか飲もうと計画中です(笑)。

  • 2012/06/04(月) 08:20:10 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

タイトルを見たら、この写真が何なのかは予想がつきます。(笑)
気泡のために全体に白く見えるのが南極の氷の特徴なのかも知れませんね。
この氷を使ってウイスキーをロックにして飲むなんて、ロマンがあって贅沢です♪
普段は手に入らない貴重な南極の氷っていうのもありますし、
この氷を日本まで運ぶ輸送費用だって相当な金額になるんじゃないですかね。

貰った方としては、どうやって保存するかが悩みどころで、
一般家庭ならお手上げになりそうです。
ともあれ、せっかくのお心遣いですから、美味しいオンザロックを楽しんでください。

  • 2012/06/04(月) 08:27:25 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

お預りしますよ

冷凍保存にお悩みの専務様…どうぞ私どもの冷凍庫をお使い下さい!保管料は南極氷1キロ分でいかがでしょう?笑

  • 2012/06/04(月) 08:53:10 |
  • URL |
  • KNR #-
  • [ 編集 ]

おぉ~~~
使うの勿体ない気もしますが
ずぅ~~っと保存も無理だから
思い切って美味しい酒で☆
ですよねぇ~~
思う存分堪能してください♪

  • 2012/06/04(月) 09:32:04 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

私がまだ下田に住んでた頃何次の越冬隊か覚えていませんがたしか村山さんて方が隊長か副隊長でその方と叔母が知り合いだったこともありお土産に南極の石をいただき見せて貰ったことがあります。多分昭和30年代だったと思います。南極宗谷昭和基地オングル島ペンギン懐かしい響です。それにしても21世紀の日本には宅配便で氷が届く時代なんですね(;゚Д゚)!

Re: タイトルなし

見え見えのタイトルでつまんなかったですね(笑)。
今度Sさんには南極の氷のうんちくを聞いてみたいと思ってます。
きれいかどうかの保証はないけど、みんな口にしているそうですよ(笑)。
輸送費用なんて考えたら、それなりの値段がしてもおかしくはないですよね。
ま、ここはお金で見るよりロマンを大切にしておこうと思ってます。

  • 2012/06/04(月) 17:29:09 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: お預りしますよ

KNRさんの会社の冷蔵庫を使わせていただくほどの量はありまへん(笑)。
長生社のみんなに分けたら、たいして残りませんでした(汗)。
あとは、私が楽しみに口にするくらいのもんでしょう。
どうやら、極地の氷の売り物もあるみたいですね。
そんなのどっから持ってくるんでしょうねぇ?

  • 2012/06/04(月) 17:31:53 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

そうですよね、とっておくっていうこともできませんよね(汗)。
ここは潔く何かに使うのがいいでしょう。
おなかに入れるっていうのが一番実感が伴うかな(笑)。
食べていいとは言わないまでも、誰もが口にしているみたい・・・。
余計なこと考えずにオンザロックにします(笑)。

  • 2012/06/04(月) 17:33:52 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 石

今回のこのお土産は、そういう特別な人だからのものですよね。
そういう人とのつながりが持てたことをうれしく思います。
鳥居さんの場合も知り合いだったからこそのお話ですよね。
宅配便で南極の氷が届くっていうと、何かすごいことのように思えます。
でも、南極に宅配便の支店があるわけじゃないんですけどね(笑)。

  • 2012/06/04(月) 17:37:01 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2158-4c1705c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)