専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

広島襲来(つづき)



さて、本番の技術研究会、つまり利き酒会の方ですが、こいつも例年通りって言っちゃえばそれまでなんですけど、東広島運動公園の体育館で開催されて、やっぱり例年通りに日本中から酒造関係者が集まって盛大でしたね(笑)。なかなか業界全体の景気は上向かないものの、その中にあって唯一と言っていいほど、華のある注目イベントですからね。

朝はできる限り早く会場の入口に並んで、開場を待ちます。写真じゃ分かりづらいかもしれませんが、場内には全出品酒が、地域別にテーブルの上に置かれています。やっぱり、人気のある県には人が集中しますから、ヘタに出遅れると長蛇の列の後ろにつくことになって、最初の一列を利き酒するだけにかなりの時間を費やすことになっちゃいます。効率的な時間配分を目指すわけです。

その、人気のある県はどこかっていうと、今は福島、山形あたりの東北勢なんですよね。何で人気があるかって言えば、入賞率が高いからに他なりません。最近の傾向として、そういった県の成績がいいもんだから、私たちとしてもそこのお酒の味を利いて参考にしたいわけですし、全体の中における高評価なものの傾向をつかむにも好都合です。

それに対して長野県はどうだったかっていうと、あんまり成績は芳しくはなかったんだな、これが(汗)。数の多少でその県の醸造技術のレベルが決まるわけじゃありませんが、金賞の数は10蔵っていうことで、県内の蔵数から見れば少ない割合ではありますね。金賞ばかりを目標にしちゃいけませんけど、取らないよりは取った方がいいわけですから、今後一層の努力が必要だってことでしょうね。

そして、肝心の信濃鶴はどうだったかっていうと、そんなに悪くなかったっていうのが率直な印象かな。こりゃ、大いなる負け惜しみだと思って聞いていただければいいんですけど(笑)、私が考えていたよりもずっといいラインでまとまっていたように感じましたね。出品したお酒がどの程度変化するのかを読むのは至難の業ですが、その辺の勘は冴えてたと言ってもいいでしょう。

今回ちょっと心強く感じたのは、今年の純米大吟醸は、この鑑評会を意識した部分は少なくて、自分の持って行きたい方向性を重視して造ったつもりだったんですが、それがこの手のコンテストでの評価としても良い方向に作用しているように思えたってことです。鑑評会による画一的な酒質への誘導には功罪もありますが、そこで新たな領域を創り出せれば、鶴にも活躍の機会が得られる気がするんですけどね。

毎年思うことですが、会場の体育館いっぱいに並べられた出品酒は、さながら大きな日本地図といったところ。その上を、地域ごとにその土地のお酒を飲みながら歩くわけで、これほどの体験は他ではできないでしょう。その県毎の酒質には、その県の指導内容も反映されてはいるでしょうけど、それ以上にその土地の気候、風土、人の気質が大きく影響しているってことが実感されましたね。


■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

未来は明るい!

入賞は逃したものの、岳志さんが目指した酒質になってたのは嬉しいですね♪
後は鑑評会の評価の方向が変われば良いんですけど。
元々、地元の美山錦を使った純米酒での無謀な(笑)挑戦だから、
自分の信じるお酒造りを続けて行くのが良いと思います。
世間の評価は確実に高くなってますからね。

ところで、この広島での鑑評会出品酒利き酒会には一般人も入場できるんですか?

  • 2012/05/25(金) 12:33:34 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

広島近いですよ♪
余裕で日帰り旅出来る距離よ☆
美味しい物も多いし観光地も多いし
尾道辺りも行ってみたいわね~♪

  • 2012/05/25(金) 13:15:21 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

利き酒

生きているうちに一回でいいからこのようなのような所で名だたる日本酒を愛でてみたい!ぐい呑は滋賀県大津市の浅茅生(あさぢお)さんのMY蛇の目でグチュグチュぺっでなくごっくんといきたいですね!まっ夢の世界ですかね(#^.^#)

金賞よりも

自分の造りたいお酒が造れたのですから、それが何よりですよ。
金賞は確かに勲章でしょうが、それよりも大事だと思います。本当に。

いつも思うんですが、どうせこういうコンテストをやるなら、参加する蔵へ酒米や酵母を支給して、それで競わせたらいいと思うんですよね。条件が揃っていない中で優劣を決めても、あんまり意味がないんじゃないかと…

  • 2012/05/25(金) 16:32:42 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: 未来は明るい!

目指した酒質っていうほどの出来でもなかったんですけどね(笑)。
思ったよりもいい方向だったっていう感じかな。
これが無謀な挑戦っていう部分もほとんど忘れている気がします(笑)。
きっと、このままの状態がまだまだ続くんでしょう。
そのうちにマグレで金賞が取れるかもしれません(笑)。
今回の利き酒会は業界関係者しか入場できないんですよ。

  • 2012/05/26(土) 07:39:58 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

きっと広島は近いんでしょう。
ちょっと土地勘が無くって大体の感じしか分かんないんですけどね(汗)。
広島には見るもの食べるものがたくさんあります。
近隣にも面白そうな場所が多いように思います。
尾道なんていい感じの街でした。

  • 2012/05/26(土) 07:42:48 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 利き酒

ここに並んだお酒は、あまりたくさんは飲めませんけどね(汗)。
金額的に言ったらべらぼーに高価なお酒ばかりですが。
香りが強いものが多いですから、疲れるっていうか飽きるっていうか。
900点くらいのお酒をほんの少しずつでも飲んだら大変なことになります。
飲まなくても何となく酔っ払いますからね(笑)。

  • 2012/05/26(土) 07:45:59 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 金賞よりも

自分の理想に近づくのはまだまだ遠い道のりです(汗)。
それは、確かに鑑評会での成績とはあまりリンクしてないかもしません。
でも、ひとつの試金石にはなってるんですよね。
公の機関の評価ですから公平性は確保されてますからね。
ま、そうやって金賞を取れなかった理由を並べるわけです(笑)。

  • 2012/05/26(土) 07:49:22 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2147-9798ff0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad