専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

披露宴



昨年、長野県の酒造業界で大きな注目を浴びて、私たちの話題をかっさらった、おめでたい話が2つありました。これがまた、実によく似た状況で、両方とも蔵元の跡継ぎ娘の所に、他のお蔵さんで働いていた蔵人が婿入りするっていうパターンで、この婚儀の当事者4人全てを私たちもよく知っているわけですから、ヤイノヤイノ大騒ぎになったものです(笑)。

そのおめでた話の一方のカップルが、昨日晴れて結婚式を執り行って、私もその披露宴にお呼ばれしてきました。新郎は信濃鶴の同胞とも言える『仙醸』の杜氏だったM君。新婦は伊那谷の隣を走る木曽谷で『木曽路』を醸す湯川酒造のYさん。私とすれば、二人とも非常によく知っている間柄なので、この披露宴に出ないっていう選択肢はありませんでしたね。

Yさんは昨年お父様がお亡くなりになって、今では社長の立場で会社を引っ張っていて、これからも公私共に忙しくなるんでしょうが、最良の伴侶を迎えて心強い門出になったんじゃないですかね。一緒に飲むこともよくあるんですけど、議論が白熱すると得意の泣き上戸が爆発して、周りの私たちも取り扱いに手こずるという強者です(笑)。

M君は伊那の酒造協会でも一緒に研鑽を積んだ杜氏仲間で、まだ杜氏としての経験は浅いものの、鑑評会でもいい成績を残した腕を持っています。前任の杜氏さんが退職した後、セールスだった彼が後任に入って、一体どうなることかと思わなかったわけでもありませんでしたが、すぐに結果を残し、新しい銘柄も生み出してきた実績は、彼のセンスの良さを証明しているってことでしょう。

私とM君とは年齢がほとんど違わないんですけど、私たちと比べればYさんは全然若いんです・・・ってことは、彼らの年齢差はひとまわりを越えるくらいあって、半分犯罪的な香りさえする結婚だったりします(笑)。でも、奥さんが若いってことはうらやましいよなぁ。うちの女房なんて、最近顔がシワだらけに・・・イヤイヤイヤイヤ、隣の芝生は青いと申しますな・・・(涙)。

ある意味、この業界でのビッグカップルっていうことで、披露宴会場には関係者があふれていました。なにせ仙台からサンセールさんまで呼ばれてたんだから、その広範囲ぶりが分かるってもんです(汗)。サンセールさんのお店では、仙醸も木曽路も取り扱っていますから招待されるのも当然ですが、その他に信濃鶴を扱っていただいている酒販店さんもいらして、私も若干のセールス活動をさせていただきました(笑)。

披露宴の終盤には、感動のクライマックスになる『ハズ』の新郎新婦の挨拶があったんですけど、M君はその時点で完全に出来上がっちゃってろれつが回らないという、実に彼らしい様相を呈していたんです。でも、そこを何とかYさんがサポートするっていう、今後のご両人を占うかのような光景を披露してくれてました。彼が挨拶の途中で言葉が続かなくなった時に、皆さんは泣くんじゃないかと思ったらしいですが、私は吐くんじゃないかと心配しました(笑)。

いずれにしても、これで湯川酒造さんとしては、妻が社長で夫が杜氏みたいな盤石の体制が出来上がったと言えるでしょう。今後の木曽路の充実ぶりに期待したいですね。でも、人の幸せな姿を見るっていうのは、気持ちのいいもんですねぇ。その幸せのお裾分けをもらって、古女房にもシワのない時があったんだと思い出しながら、会場を後にしました(笑)。


■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

昔を思い出しますね

先日 松本市を訪れた際 カウンターの隣りでご一緒した方がYさんとMさんの披露宴に参加する旨 話されていました。Y酒造は杜氏さんが三人いるような状態だったので これですっきりした体制になるのですね。これを機会に 木曽路 で木祖村を有名にして頂きたいものです。高輪でMさんとお会いしましたが造り担当 という感じでした。
遅れましたが(週末はITから遠ざかりますので) 金とか銀とか 貰えれば 無いよりいいのでしょうが、「それがどうしたの?」という気もします。なんやら賞が多い昨今 組合からも離れて頑張っているお蔵さんもありますから トライしながら「くれるのなら貰ってやる」くらいの気持ちでいいのではないでしょうか。外野の飲兵衛(いい加減かも)と経営者で考え方の違いは歴然としてありますが。でも酒ひろしさんが語ると説得力がありますね。どっかでお会いしたいものです。

  • 2012/05/21(月) 11:28:20 |
  • URL |
  • 泉山 #-
  • [ 編集 ]

先日の

長野の酒メッセでも、同じブースにいらっしゃいましたね。
去年は違う所にいたから、ちょっと新鮮でした(笑)

昨日のブログやツイッターは、この話題で持ちきりでしたよ!
なんか、不思議とご縁があるようで、知り合いの知り合いぐらいには、かならずお二人が居らっしゃるんですよね(笑)

それにしても、Mさんは新婦のお色直しぐらいから記憶が無いそうで…
まぁ、確かに蔵元さんらしい結婚式なのかもしれませんが(笑)

なにはともあれ、来年の十五大九郎右衛門が楽しみでしかたがありません。

  • 2012/05/21(月) 12:27:31 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

祝宴

杜氏さんが酒造に婿入りする結婚披露宴ともなれば、
お酒はたっぷり用意されることでしょうし、
新郎はお祝いのお酒を断わるわけにもいかないから、
当然、酔っ払っちゃうでしょうね。
そうなるまで呑まないと許してもらえない気もします。

ところで、このコメントを書きながら気付いたんですけど、
お嬢さんが一人の岳志さんのところも、
やがて、このパターンがありうるんじゃないかと。(笑)

   ・・・・・ 笑い事じゃないかも。(^^ゞ

  • 2012/05/21(月) 12:42:39 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 昔を思い出しますね

ビックカップルですから、いろんな方面の参加者がおられましたね。
あんなに広い会場での結婚式は、私は初めてでしたね。
知り合いも多すぎて、誰に挨拶していいんだか分からないくらいでした(笑)。
新酒鑑評会については、泉山さんくらいのおおらかな気持ちで臨みたいと思ってます。
酒ひろしさんとお会いになったら、きっと得るものは大きいと思いますよ!

  • 2012/05/21(月) 22:44:53 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 先日の

まぁ、あの会場で一番注目されていた2人だったでしょうね。
ブログやツイッターにそれだけ話題が出るってことからも、その人気度が分かります。
お酒関係の業界には、相当出席者がいらっしゃると思いますね。
M君らしい披露宴だったって言っていいでしょう(笑)。
それを支えるYさんの人柄もうかがえた、いい式だったんじゃないですかね。

  • 2012/05/21(月) 22:48:41 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 祝宴

ビールはウェルカムドリンクで出されただけでした。
でも、それは南信州ビールの商品で、飲んだ人はかなり得したんじゃないですかね。
あとは木曽路のお酒がメインでしたが、みなさん相当お飲みになっていた様子でした。
ですから、新郎だって飲まずにおれないでしょうね。
つぶれるまではいかなかったっていうのが、不幸中の幸いかな(笑)。
我が家の娘に関しては、何も言わないでください(汗)。


  • 2012/05/21(月) 22:52:58 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2144-582b3503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad