専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

尺棒(その22)

2012042017080000.jpg

大体、なんとなくは尺棒の使い方がお分かりいただけたでしょうか?文章だけの説明ですから、分かりづらい点もあるでしょうし、言い尽くせない部分も多々あるんですけど、「まぁ、そんなもんだ」という程度のご理解をいただければ、私としては本望でごぜぇやす(笑)。さて、昨日の続きを説明していくと・・・。

どうやって、基準点に尺棒を合わせて、お酒の中に垂らしていくのかっていう話でしたが、それは上の写真をご覧になれば、たぶん一発でお分かりになるでしょう。これは、タンクの上に登って撮ったものです。真ん中の小さな穴のような所から顔を出しているのが、主人公の尺棒君ってことになります。

まずは、タンクの形から説明していくと、奥にタンクNo91の全景が少し写っていますが、基本的には円筒形をしていて、上部には天井が付いていて、その天井の真ん中に直径80センチほどのマンホールが開いているんです。この写真では、そのマンホールに銀色の蓋が被っています。その蓋の縁に置いてある小さな蓋は、尺棒の差さっている小さな穴のものです。

要するに、尺棒を入れるための専用の穴が、タンクの天井にちゃんと開けてあるってことです。この穴は、それ以外の用途には使いません。うちの蔵では『天星(てんぼし)』なんて呼んでいますが、他のお蔵さんではどうなんでしょうかね。タンクを洗うために中に入ると、確かに天井に穴があって、星っていうよりも太陽って感じですけどね(笑)。

いままで私の説明の中に頻繁に出てきた、『基準点』っていうのは、この天星の上の縁っていうことになるわけです。尺棒のT字の上の辺は、この天星の口に引っかかるためのものっていうことになりますね。こういう構造になっていれば、誰が測ってもほぼ正確な空寸の長さが測定できるっていうことになります。

こういうタイプのタンク以外に、天井が全く付いていない、円筒の上面が完全に開いているタンクもあるんですが、その場合には、タンクの直径よりも少し長くて、中央に尺棒をはめ込むための穴が開いた渡し木が用意されていて、それに尺棒をセットして測ります。長生社の蔵では、今では解放タイプのタンクはあまり使ってないんですけどね。

理系的な頭をお持ちの方ならばお気付きのように、そういう測定方法を常に正確に行うためには、タンク自体が水平でなくっちゃなりませんよね。ですから、どのお蔵さんのタンクも、通常状態に置いた場合には、全てのタンクの水平が保たれてるんです。底のお酒を出し切るために、ジャッキを使って少し傾けたりする時以外はね。

さぁ、これで尺棒を使った空寸の測り方の、大体の流れはお分かりいただけたでしょうか。具体的にはそんな風にして尺棒を使うんだって感じはつかめたかもしれませんが、最後の説明として、その尺からどうやってお酒のリッター数を導くのかっていうお話をしましょうかね。もう、飽きちゃったかもしれませんけど(笑)。


□□□ またまた一瞬の2位! □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

勘違い

完璧に間違えて、天板の無い開放タンクを思い浮かべていました。(>_<)
貯蔵タンクなんだから、天板があって塞がってますよね。
それに、この測定用の穴も、酒蔵見学で良く見てますよ。情けない!(笑)

見学している酒蔵は、この穴を利用して温度を測ったり、
サンプルを採取したりしてるんじゃなかったかな。

  • 2012/04/26(木) 12:28:31 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

Re: 勘違い

貯蔵タンクに開放タンクを使うこともありますよ。
そのお蔵の事情や、その時々の状況で何を使ってもいいんです。
開放タンクの方が蓋の上げ下げが大変ではありますけどね(汗)。
そうですね、この穴から温度を測ってもいいかもしれません。
酒屋万流ですから、どーやってもいいってことでもあるんですけどね(笑)。

  • 2012/04/26(木) 17:18:11 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

タンク

確かにコレなら誰が測っても同じですね!
ずっと開放型のタンクを考えていたので、専用の穴があるとは想像もしませんでした(笑)

そういえば、長生社さんに見学に行って、開放型のタンクが使われているところって見たことなかったかも…

  • 2012/04/26(木) 22:19:48 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

Re: タンク

こういうことは熟練がなくてもできるようになっていないとね。
誰が測っても同じになってくれないと、管理っていう点で困ることになります。
専用の穴って言われると、何だか笑っちゃいますが・・・(笑)。
長生社にも開放タンクはたくさん残ってるんですよ。
あまりお酒を入れるのには使ってませんけどね。

  • 2012/04/27(金) 08:12:01 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/2118-9d28275f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad