FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

ビン火入れ

2011032310250000.jpg

今回の地震発生以降、どういうわけかこのブログのアクセスが増えて、それと共にブログランキングのポイントもいつもより高い状態が続いていました。おかげ様で、ランキングでは久しぶりの2位になることもできました。ポイントだって、2000を超えることなんてこれまで数えるほどしかなかったのに、今回は何日か超えてましたね。

しかし、その効果も薄れて、段々と定位置の4位が視野に入ってきました(笑)。まぁ、このくらいの方が私としても落ち着きますから、それはそれでいいんですけど、振り返ってみると、あれ以来地震のことしか書いてないですね(汗)。別の話題で書き始めるんだけど、何とかこじつけて地震関連の方向へ持っていってる、みたいな・・・。

仕込みが終わって、自分の中に余裕ができるはずだったんだけど、その部分に全て地震のことが入りこんじゃって、いまだに何か落ち着かない日々を送ってます(汗)。地震が凄かったんだか、津波がひどかったんだか、原発が手に負えないんだか、いろんなことが頭の中をめぐっているもんだから、ブログもそんな風になっちゃったんでしょう。

ふと我に返ると、蔵の仕事の方はそれなりにひと落ち着きしてるんですよね。麹室の片付けは粗方終わってますし、しばらくの間ため込んで何が何だか分からなくなる直前だった帳面仕事も追い付きましたし、新酒の火入れ作業も順調に進んでいます。ここにきて、ようやく、「もうしばらく酒造りはいいや」と思えるようになりました(笑)。

そういった意味で、区切りのひと仕事になるのが、純米大吟醸のビン火入れの作業ですかね。ビン火入れっていうのは、普通の新酒は加熱殺菌をしたお酒をタンクに保存するんですが、品質保持のために商品の形となるビンに先に詰めてしまってから、そのビン自体を加熱殺菌するっていうやり方です。お酒の内容成分が外へ逃げることがないので、主に高級酒に対して採用される方法ですね。

これについては毎年書いていますけど、結構大変な作業なんですよね、これが(汗)。一升ビンと四合ビン合わせて2000本近くになりますから、もうこりゃ数との戦いになるわけです。写真手前の青い大きなコンテナに、合計32本の一升ビンが入ってるのが見えますが、これをひと単位としてやっていきますから、2000本をこなすとなるとかなりの回数を繰り返すことになるんですよね。

でも、この仕事も、この2日間でようやく終わって、気分的にも清々することができました。そうなるってぇと気合も入って、残った時間で麹室の最後の洗い物もやっちゃって、完全に自分を解放した・・・ようなつもりになってみました(笑)。本当は、他の仕事がゴマンと残ってんですから、そんな気分になってちゃイカンのですけどね(汗)。

地震の話題からだって、今後しばらくは逃げるわけにはいかないでしょう。いくら息を止めて我慢しても、頭の中にある水分が目からにじみ出てくるようなニュースがまだまだ多すぎます(涙)。でも、最近、悲しい話の間に、心が震えるような感動に涙することも多くなってきたような気がします。今がドン底だとすれば、あとはいいことしか待ち受けていません。これからも、事あるごとに、東北エールブログを書いていきますね。


□□□ ずっと2位にはいられまへん(涙) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

火入れの違い

以前に、全く同じタンクのお酒で
・手で瓶に詰めたのと機械で詰めたの
・機械火入れとビン火入れ
という飲み比べをさせてもらったことがあります。

私には、本当にごくわずかな違いしか感じられなかったんですが
それでもビン火入れにこだわるのが大吟醸ですよね。

信濃鶴の普通純米でも、ビン火入れバージョンを作ったら
それはそれで、簡単にバリエーションが増やせそうですね(笑)
岳志さんが大変かもしれませんが…

  • 2011/03/25(金) 12:25:32 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

2位!

この記事が影響したのか、今日も高得点。
2位に返り咲いてますよ!(^^)v
やっぱり、気持ちいいですねぇ~、2位ってのは。
これが1位なら、もっと?(笑)

ビン火入れの大変さは、毎年、読まされてますね。
どちらかと言うと、今回は控えめな訴えなんじゃないですか。(笑)

仙台に家がある学生時代の友人に連絡を取ったら、
娘さんの車が流されて、娘さんも間一髪で津波被害を逃れたって。
家自体は大丈夫だったけど、中はめちゃくちゃで、
単身赴任中の彼自身は家にも戻らずに、震災翌日から被災した工場に張り付いてるって。
家が内陸側だから、「大丈夫だったんでしょ?」的に聞いたら、予想外の大変さで驚きました。
現地の状況の深刻さはテレビで見る以上と聞いています。

  • 2011/03/25(金) 12:37:29 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

お久しぶり

すごく久しぶりにコメント入れる気がするけど・・・・。同じく震災でいろいろ考える事や節電って事で早く寝るようにしたからブログ周りはしてもコメをなかなか入れれないんだな~。

娘さんと奥さんがインフルエンザは気の毒です。去年かからなかった人は今年かかりやすいみたいだね。
大吟醸の火入れ・・・・飲んでみたいな~。
先日ニュースでは気仙沼の造り酒屋さんが麹を絞っているとこが写っていたよ。電気がこないから人力でやっていたらしい・・・・。
大変な作業だと思うけど、それでもめげずに造り続けたその酒屋さんに感動しました!

  • 2011/03/25(金) 14:00:39 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

Re: 火入れの違い

ほー、そりゃ貴重な飲み比べでしたね!
そんなこと私だってやったことありませんよ(笑)。
私にも違いはあんまり分からないでしょうね(汗)。
ビン火入れは専用の槽があると楽なんですけどね。
長生社はあるものを使ってやるので苦労が絶えません(涙)。
これも、全てはお酒のためですね。

  • 2011/03/26(土) 18:27:20 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 2位!

2位っていうのは、実に気持ちがいいです(笑)。
でも、下のお二人も着実に追ってきてますから、落ちるのも時間の問題でしょう(汗)。
2000点を超えてる日が続いたのはうれしかったですね。
震災の影響なんて、当事者でなければ分からないでしょうね。
津波が来なかったっていっても、すごい勢いで揺れたんだから、被害は大きいはずです。
私たちに何ができるのか、考えなくっちゃなりませんね。

  • 2011/03/26(土) 18:32:33 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: お久しぶり

ホントにバンダナさん久しぶりですねぇ(笑)。
まぁ、ブログが更新されてるから元気だとは思ってましたけどね。
女房と娘の両方がインフルだと、私は家の中に居場所がありません(汗)。
気仙沼の造り酒屋ってどこかなぁ・・・。
とにかくもろみがあるのなら、しぼっちゃわないとすべてダメにしちゃいますからね。
めげずに頑張ってほしいです。

  • 2011/03/26(土) 18:35:09 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/1710-082b4bc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)