FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

蕎麦物語(その1)

昔々あるところに、蕎麦の大そう好きな男がおったそうな。その男は、蕎麦の本場信州に住んでおってな、どこぞの蕎麦屋が美味しいと聞けば遠くまで食べに出かけ、新蕎麦の時期になれば行きつけの蕎麦屋に所望し、蕎麦を通じた仲間が日本中にいたそうな。まぁ、自他共に認める蕎麦キチと言ったところじゃ。

その男は何もできん男じゃったが、唯一できるのが酒を醸すことでな、冬になると蔵に閉じこもってせっせと酒を造っておったそうな。蕎麦好きの男が造る酒は、どういうわけか蕎麦と相性がよくてな、蕎麦前として皆に飲まれたそうじゃ。その男も、自分の造った酒で蕎麦を楽しむことがこの上ない喜びだったじゃろうて。

さて、その男がな、ある時何を思ったか、自分で蕎麦を打ってみたいもんだと思い立ったんじゃ。こんなに蕎麦が好きなのに、自分で打てないのはつまらないとな。一度思い込んだら何が何でもやらないと気が済まない性格じゃったから、家の中から蕎麦打ちに使えそうなガラクタを引っ張り出してきて、何とか道具だけは揃えたそうな。

蕎麦打ちの技を著した書物なんぞも手に入れてな、何度も何度も繰り返し読んで、手順をすべて頭の中に入れたのじゃ。名人と呼ばれる打ち手の真似をすれば簡単に打てるはずだと高をくくってな。書いてあることだけならすぐに分かって、蕎麦打ちの流れは自分のものになったような気がして、意気揚々だったそうじゃ。

肝心の蕎麦粉は、男の住んでおったところにいい物を商っている店があってな、そこに出向いて手に入れたそうじゃ。その店の主は、その男が初心者だと見抜くと、懇切丁寧に打ち方の指南をしてくれたが、蕎麦名人の技が頭の中にあった男は、ろくすっぽ聞きもせずに粉だけを買い求めて帰ってきてしまったのじゃ。

道具は揃った、手順も分かった、蕎麦粉も買った。その男は決して悪い男ではなかったが、どうしてもやりたかった蕎麦打ちが今すぐにでもできるとあって、喜び勇んで、猪突猛進に、全て分かったようなつもりになって、誰の忠告にも耳を傾けることなく、失敗するなどと思いもせずに、身の程もかえりみずにひとりで蕎麦を打ったのじゃった・・・

・・・お分かりのように、この物語の主人公は岳志です(笑)。その他の配役は、被害者が女房、脇役が娘です。蕎麦好きなら誰もが一度は夢見る、自らの手による蕎麦打ち。ご他聞にもれず、私も大いなる妄想を持ってこの魅力的なミッションに臨んだわけですが・・・さて、その顛末は・・・


□□□ こういう文体だと、スラスラ書けません(汗)。 □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

人の言葉には~耳を傾けましょう!

・・・私もだぁ~~
耳が痛い・・・(爆)

  • 2010/12/15(水) 10:54:51 |
  • URL |
  • hisami #-
  • [ 編集 ]

被害者と…

書かれているだけで、結末がわかるような…(笑)

そういえば、先日「蕎麦と日本酒の会」をやったお店が
雑誌にも紹介されるような、ちょっとしたお店でしたので
もしこちらにいらっしゃる機会がありましたらお試しを!

「江戸蕎麦手打処あさだ」
http://www.asada-soba.co.jp/

  • 2010/12/15(水) 12:24:21 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

何事も経験

ボクも蕎麦打ちを体験したことがあるんですよ。
ほんのおさわり程度ですけどね。(^^ゞ

2年ほど前に、何名かの仲間と蕎麦打ちを習ってみようと、
ちゃんと先生を呼んで、ボクも前掛け姿で参加しました。
各行程を入れ替わりで少しずつなので、
今やってみろと言われても、できっこないです。(>_<)
のしてから包丁で切るのなんて、絶対に無理~と思ったんですけど、
やってみると、なんとかなるものですね。

最後は、先生が作ってきたツユで、できあがった蕎麦をいただきましたが、
先生の作品を集中的に食べました。(笑)
お酒も美味しかった~(^^)v

  • 2010/12/15(水) 12:36:19 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

駒ヶ根には・・

私USAで蕎麦屋を営んでいます。
駒ヶ根のお蕎麦屋さんといえば・・・
  トント有名な〇〇がありあますよね。
まさか、そば粉をそこで仕入れたのでは????

私の蕎麦屋も純米酒だらけです。
信濃鶴・・九州では??どこで買えるのかな??

  • 2010/12/15(水) 18:20:17 |
  • URL |
  • じゅうご #-
  • [ 編集 ]

近所に

蕎麦打ち体験で蕎麦を打って…すっかり蕎麦にはまってしまい(^^)

蕎麦屋を始めた人がいますが(^^;


まさか冬は造り酒屋。夏は蕎麦屋をやる気じゃないよね(>_<)

  • 2010/12/15(水) 22:02:29 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

それしか見えなくなっちゃうと、人の意見が聞けなくなるんでしょうね。
当然、人のご意見を生かすことは必要ですが、そればかりでもつまりませんよね(笑)。
普段は人の言葉に耳を傾け、たまには自分を通すっていうのはダメですかね。
まぁ、そんなことのバランスが取れる人はそうはいないと思いますけど(汗)。

  • 2010/12/16(木) 01:53:31 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 被害者と…

被害者の結末は、そのうちに記事でお分かりになるでしょう・・・。
あさださんは美味しそうな蕎麦屋さんですね。
チャキチャキの江戸前のお蕎麦なんでしょう。
お酒も美味しそうなのがそろってるようですから、今度行ってみたいですね。
それを楽しみに、今年の造りを乗り越えましょうかね(笑)。

  • 2010/12/16(木) 01:55:51 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 何事も経験

蕎麦打ち体験っていろんなところですることができますよね。
ただ、仲間内で先生を呼んでってなると、よっぽどの好きものっていうことかと・・・(笑)。
その時には何とかなっても、後で一人でやれって言われてもできないんですよね(汗)。
それでも、一度自分の手で蕎麦を作ったっていう経験は大切です。
先生の蕎麦も美味しいでしょうが、不味くても自分で打ったそばを食べる気概も必要です(笑)。

  • 2010/12/16(木) 02:12:09 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 駒ヶ根には・・

じゅうごさん、はじめまして。
USAで蕎麦屋さんなんてあまり聞いたことはありませんよね。
どういったお客さんが来店されるんでしょうか。
そば粉を仕入れたのは丸富さんじゃありません(笑)。
まちの中に美味しいそば粉を売ってくれるお店があったんですよ。
今は、ご主人が亡くなってしまってお店もないんですけどね。
信濃鶴は九州では売ってないですねぇ・・・残念ですが・・・。

  • 2010/12/16(木) 02:15:11 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 近所に

そういう人っていますよね(笑)。
脱サラ組や、定年退職組の蕎麦屋さんって多い気がします。
ある程度歳をとると美味しい蕎麦が打てるようになるのかな?
それとも、蕎麦屋として落ち着いた人生が送りたくなるとか?

  • 2010/12/16(木) 02:17:48 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/1609-82a06f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)