FC2ブログ

専務取締役杜氏の純米酒ブログ

期せずして杜氏になっちまった造り酒屋後継ぎの純米蔵奮闘記

圧力計

2010121114420000.jpg

ちょっと寒々しい写真になっちゃいましたけど、廃品物置き場に捨てに行った時に、それでもと思って撮影したもんだから、背景とか構図とか全く考えずにシャッターを切ってしまいました(汗)。やっぱり、どんな写真でも、どこかで一回立ち止まって考えてから写した方がいいものになりますね。まぁ、普段はそんなこと考えてもいませんけどね(笑)。

蔵の片隅には、いつの間にか不要なゴミが溜まっていきます。ちょっと整理してきれいにしようと思ったんですが、同じような壊れた圧力計がいくつも出てきて、なんでこんなもの後生大事にとっておいたんだろうと首をかしげながら捨てに行ったっていうわけです。一回壊れちゃえば、直して使えるっていう類の代物じゃないんですよね。

お酒造りの現場で、『○○計』と名の付くもので一番数が多いのは『温度計』でしょう。その次くらいが『圧力計』になるんじゃないかな。その他には、『湿度計』、『電流計』、『電圧計』、『重量計』、『流量計』、『比重計』、『濃度計』なんてのがあるかな。重量計、つまり何かの重さを量るハカリも多いんですが、圧力計の比じゃないでしょう。

それほどたくさんある様に思える圧力計ですが、主として蒸気の圧力を測る部分に多用されてます。お米を蒸す機械なんかには3つも4つも組み込まれてますし、蒸気の配管部分にもそこら中に付いてますね。その他には水やお酒の圧力を測る場面も多いです。ポンプとか濾過機なんかでは必須のパーツだと言えます。

大きな圧力から微圧まで、測る用途によってそれ用に適したものが付いてはいるんですが、毎日の作業の中では、その単位なんかにはかまってられないんです(汗)。よく見る圧力計なんて決まっていますから、針が目盛りのどの辺を指していれば正常だっていう見方だけで使っているっていうのが実情です(笑)。

中には、とても神経質になって調整しなくっちゃならないものもあります。そういうヤツは、かなり重要な役割を持っていますから、私たちの見方も違うんです。それでも、蒸気圧なんてそれほど微妙にコントロールできるもんじゃありませんから、ひとつの指標として目盛りを読むっていう程度ではあるんですけどね。

この圧力計で困るのが、その壊れ方ですかね。完全に壊れて動かなくなってくれればいいんですが、少しずつおかしくなってくれると、毎日見ている分にはそれ程違いはないもんだから、私たちとすると正しいと思い込んで見ていることになるんですよね(汗)。知らない間に、圧力を強くしていたり、弱くしていたりっていう経験が、私にもあります。

それでもよくしたもんで、バルブの開け方や、蒸気の出方や、その他の状況証拠から、「コイツおかしいんじゃないのか?」って気が付くんですよね、すぐに。改めて調べてみると、どうやら壊れてるっぽくて、新しいのと取り換えっていうことになるわけです。毎日同じことを繰り返すっていうことが、感性を鈍らせる方向じゃなくって、それを研ぎ澄ます方向に向かうような仕事ぶりでありたいもんだと、その度に思うんですよね。


□□□ いきなり2位に飛び込んできた人がいますね(汗) □□□
■■■日本酒の未来のためにクリックお願いします!人気ブログランキングへ■■■

コメント

化学

ノーベル賞の授賞式と、その後の晩餐会は豪華でしたねぇ~。
あの晩餐会の規模は、日本では体験できないでしょうね。

今回は化学賞での受賞でしたが、酒造りも化学そのものですよね。
原理を書き出せば、たくさんの化学式が並ぶ気がします。
酒造りの過程での発見でノーベル化学賞・・・なんて可能性は無いんでしょうかね。(笑)

確かに圧力って、しょっちゅう変動するものでも無いでしょうから、
計器も、いつも同じような値を指していて、
故障しても針が同じところで止まってたら、気付かないかも知れませんね。
そこを気が付くのが、やっぱりプロなんだね。

  • 2010/12/12(日) 12:59:39 |
  • URL |
  • まっちー #-
  • [ 編集 ]

計測器

温度計は多いだろうと思っていましたが、圧力計ってのは
言われれば納得ですね(笑)

それにしても、ジワッと壊れるってのは厄介だなぁ…
ガッツり壊れるにしても、メモリが固着する故障だと
それはそれでわからなさそうだし…(笑)

  • 2010/12/12(日) 16:07:01 |
  • URL |
  • ZEN #USldnCAg
  • [ 編集 ]

計測器すべてを

使用しないで勘だけで日本酒を造ったらどうなるんでしょう。でも昔の人はすべて体を使って勘で作っていたわけですからできないこともないんでしょうが、同じ純米酒でもばらつきが出そうですね。

  • 2010/12/12(日) 17:47:32 |
  • URL |
  • kida #-
  • [ 編集 ]

圧力計

自分もよく使うよ。
この間種類が違うのを繋いだら、いきなり壊れて焦ったけど(-_-;


自分の仕事だとガス圧力の管理に使うね!


けっこう精密なものだからね(>_<)

でも修理効かなかったっけ?

消防団のポンプの圧力計はよく凍って壊れます(ToT)

  • 2010/12/13(月) 00:02:20 |
  • URL |
  • バンダナ #-
  • [ 編集 ]

Re: 化学

テレビは見られなかったんですけど、ノーベルウィークっていうのはスゴイらしいですね。
一体どこからそんなお金が出てくるのか分りませんが、ノーベルっていう人は偉人だったっていうことなんでしょう(笑)。
酒造りは生物や化学っていう分野になるんでしょうが、確かに発酵の理屈なんて単純な化学式だったりしますね。
私たちのやっている作業の中に、もしかしたら大発見が潜んでいるのかもしれませんが、もし発見しても、杜氏さんの経験ってな話になっちゃって闇の中でしょう(笑)。
もしかしたら私の経験の中にもノーベル賞クラスの理論が潜んでいるかも・・・。

  • 2010/12/13(月) 00:16:29 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 計測器

蔵の中って、ビックリするほど圧力計の類は多いんですよね。
利用状況から言えば、電気的な部分の方が多いんですけど、電流計なんてあんまり付いてませんからね。
徐々に壊れるものっていうのは困りもんです(汗)。
壊れたら爆音がするとか警告表示が出るとかしてくれると助かるんですが(笑)。
よくしたもんで、毎日やっていれば、すぐに気がつくんですけどね。

  • 2010/12/13(月) 00:20:39 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 計測器すべてを

そういう遠大な実験も、いつかやってみたいもんですねぇ。
杜氏としての経験を積んで、脂の乗り切ったような時にやるといいかも(笑)。
特に純米酒となると、味のばらつきは出てくるでしょうね。
最後にアルコールで整えるっていうことができませんからね。
本当にやったら、疲れるだろうなぁ(汗)。

  • 2010/12/13(月) 00:23:32 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

Re: 圧力計

圧力計関係をたくさん使う職場は多いはずです。
ガス圧を管理するような工程がバンダナさんの仕事の中にあるんですね。
蒸気圧と違って精密な感じ・・・。
仕事に直接大きな影響があったりするのかな。
適合しないタイプを付けたりすると、いきなり壊れるんでしょうけど(笑)。

  • 2010/12/13(月) 00:26:40 |
  • URL |
  • 岳志 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sinanoturu.blog77.fc2.com/tb.php/1606-5e7ca864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)